サイドプレイヤーの本質。

 ここに一冊の本があります。
$いしかわごうの「サッカーのしわざなのだ。」
買ったのは4年ぐらい前だろうか。責任編集は、現在川崎フロンターレの監督である相馬さん。タイトルは「サイドプレイヤーの本質」。雑誌「サッカークリニック」で連載していたものをまとめたもので、サイドプレイヤーに必要なスキルと戦術を徹底解説したもので、その内容はかなり硬派かつ正統派の内容。
システム論やチーム戦術を解説したものではなく、個人戦術にフォーカスを当てた内容で、チャレンジ&カバー、マークの受け渡し、守備のバランスの取り方、ラインコントロール、ビルドアップなどなど・・・図を使いながら懇切丁寧に説明されている。僕はこれを何度繰り返して読んだかわからないぐらい読み込んでいた。ひさびさに開いてみたら、蛍光ペンやボールペンで書き込みがたくさんしてあった。それぐらい教科書として学ばせてもらった本ですわ。
 相馬さんのサッカーに対する考え方も随所ににじみ出ていたので、今度はそこを意識してこの中断期間に読んでみようかなと、本棚から取りだしてみたんですよ。そんでちょっと色あせてしまった表紙を眺めていたら、内田篤人が鹿島のユニフォーム姿で、長友佑都FC東京のユニフォーム姿で登場しわけですよ。
 今日の深夜、ヨーロッパ・チャンピオンズリーグという舞台で内田選手と長友選手は同じピッチに立つかもしれないんですよね。なぜだかわからんけど、なんだかジーンとしてきてしまった。相馬さんにとって、内田選手は鹿島アントラーズのの後輩にあたるし、長友選手は日本代表の左サイドバックの系譜を継ぐ存在でもある。CLで実現するかもしれないこの対決を、相馬さんはどんな見るのかな、なんて思ったり。
 今週からフロンターレは大阪でキャンプをしているので、こっちに帰ってきてから機会があれば、ぜひ聞いてみようと。... 記事を読む

疑問解決!

 今日は朝からフロンターレの練習取材に行ってきました。
天気はすっごいよかったんだけど、風がつよーい!あまりの強風ぶりに、もうビックリしたわ。
日本代表とのチャリティーマッチに臨む「Jリーグ TEAM AS ONE」に選ばれた中村憲剛選手と小宮山選手は、明日大阪に向けて出発とのこと。ということで、練習後にいろいろお話を聞かせてもらいました。記者も少なかったですし、チャリティーマッチということもあって、通常の公式戦の取材よりくだけた話が多かったですけどね。
「Jリーグ TEAM AS ONE」の顔ぶれについての話をうかがっているときにふと思ったのが、「中村選手って小野伸二選手と日本代表で一緒にプレーしたことってあったのかな?」という疑問です。
 中村選手は、06年ドイツ大会後のオシム監督時代から代表入りしていますが、小野選手にオシム&岡田時代に日本代表の中盤でプレーしていたイメージがまるでなかったんですよ。これは完全にすれ違いだったりするのかなと思い、中村選手本人に聞いてみると、「代表でやってますよ。ウルグアイ戦で!」と、即答でした・・・はやっ。
 調べたら、08年のキリンカップですか。そうだったのかー。疑問解決。ちなみにカズさんとはオールスターでプレーしているんですよね。一緒にプレーしたことないのは、FWの若手達(宇佐美選手とか原口選手とかハーフナーとかですかね?)だけだそうです。
ちなみに小宮山選手はというと、カズさんと一緒にプレーするのは初めてなのだとか。気合いがはいっていましたからね。いやー、試合当日が楽しみです。
観戦チケットが即ソールドアウトなのはみなさんも御存じだと思いますが、聞くところによると、報道陣の取材申請もすごい大変みたいです。こういう試合なので、サッカー以外の一般メディアからの申請も殺到しているらしく、プレス申請が通らなかったフリーの記者もチラホラ・・・それだけ注目されているということですよね。
・・・・僕はテレビ観戦で堪能します(泣)。
ZAGGmateキーボード(カバーにもなるiPad用キーボード)/cosmoweb

¥価格不明
Amazon.co.jp... 記事を読む

ルービックキューブにくいつく男たち。

 今日は朝から麻生に。
ときおり小雨もぱらつきましたが、さほど影響なく見学できました。
 練習後、記者控室の机をふとみると、懐かしの「ルービックキューブ」が・・・そうです、あの色をそろえる立方体パズルのおもちゃです。オフィシャルライターのAさんに聞くと、高卒ルーキー・大島選手がかなり得意なので、その腕前をマッチディプログラムで紹介する企画とのこと。
 ふぇー。
しかしなかなかロッカーから出てこない大島選手。そうこうしていると、自販機に立ち寄った寺田周平コーチが「おーっ!」とルービックキューブを手にとって、そのまま席に座ってカチャカチャと挑戦し始めました(笑)。「ここまではできるんだけどなー」とつぶやきながら、色をそろえること5分ぐらい格闘・・・・その間、相馬監督と今野コーチも通りがかったのですが、2人ともめっちゃルービックキューブにくついて、ちょっとしたルービックトークしてましたね(笑)。あははは。人ってこういうときに、育った世代が出ますよね。なごんだ一コマでした。
 なお寺田コーチと大島選手がルービックキューブに挑戦しているこの姿は、しっかりとモバフロに動画でUPされてます。さすがフロンターレです。
 そういえば、キン肉マンで「ルービックキューブマン」って出てきたなー。超人オリンピックで見せた知恵の輪マンとの戦いは、キン肉マン史上に残る死闘です(笑)。懐かしい。... 記事を読む

川崎フロンターレ初練習取材、あれこれ。

 今日は朝から麻生グラウンドに行ってきました。
川崎フロンターレの練習取材です。練習の詳細については、明日金曜号のエルゴラにたっぷり書きましたんで、興味ある方は150円出して読んでください。相馬監督の囲み取材でのインタビュー、中村選手と山瀬選手のコメント、予想フォーメーションとその解説、そしてトレーニングレポートと、かなり盛りだくさんですので。なお締め切りの関係で、これらは全部練習取材後に一気に書きあげたので、かなりハードでしたね。いやー、仕事したわ。もうくたくたっす。
 これだけのボリュームの原稿を抱えていたので、練習後はメディアルームにこもってフガフガとひたすらキーボードを叩くしかないのですが、そんなとき、たまたまその横を通りかかった人物から「・・・あっ、おひさしぶりです!」と声をかけられました。
 声の主は、東京ヴェルディから移籍してきた柴崎晃誠選手でした。ひさびさに会ったので、しばしたわいのない雑談をさせてもらいました。クラブの青いトレーニングウェアを身にまとっていたわけですけど、やはりグリーンのイメージが強いので、「まだ違和感あるよー」と伝えておきました(笑)。強化スタッフからの評価は非常に高いですからね。フロンターレで彼がどう成長していくのか、すごく楽しみにしたいと思います。
 あと練習後のこぼれ話をひとつ。
今日の練習では、最後に2チームに分かれてハーフコートのミニゲームを実施したのですが、負けたチームには超短距離ダッシュが課せられていました。さらにそのダッシュでビリになった選手は、チームメイトの前で今年の抱負を発表するという罰ゲーム(?)のおまけつきだったんです。結局、小宮山選手が最下位となり、今年の抱負を発表することになったのですが、その最後の一言を発するときになると、突然サポーター席のほうを向き、すっげぇ大きな声で、「みなさん、ツイッターには気をつけてくださいね!」と言って、その場を締めたんですよ。
・・・あまりにタイムリー過ぎるネタに、選手、サポーター、みな大爆笑でした。ちゃんちゃん。... 記事を読む

今日のエルゴラ。

 今日のエルゴラ。
$いしかわごうの「サッカーのしわざなのだ。」
川崎F対浦和戦のマッチレポートは見開きカラー掲載です。マッチレポートでは両サイドの見ごたえある攻防を中心にして組み立ててみました。前半はよかったんですけど、後半がね・・・・川崎F側のコラムでは、ここ最近勝ち切れなくなっているそんな要因を、攻守両面について指摘しておきました。
 フロンターレのオフィシャルマガジン「FROZO」に「番記者酔いどれ座談会」というコーナーがあって、スポーツライターの江藤さん、神奈川新聞の塩野記者、やべっちFCのディレクター・進藤さんとともに、僕もエルゴラ番記者として登場させてもらいました。
$いしかわごうの「サッカーのしわざなのだ。」
 内容は、今年のフロンターレの振り返りです。
 ちなみに今回の「FROZO」は中村ケンゴ特集なのですが、伊藤宏樹×田坂祐介×楠神順平の3人による「中村憲剛を語る会」のトークがめっちゃ面白いですね。
 楠神くんは、遠征先で雑誌の買い物をよくケンゴくんから頼まれるらしいのですが、「週刊プロレス」を買ったら全然読んでくれなくて、「パパごはん」を買ったらまぁまぁ喜んでくれて、AKB48の本を買っていったら「これ、ナイス!」って一番喜んでくれたエピソードとか。あとはワールドカップで日本を離れている間にAKBがブレイクしてて、昼飯のときに「ポニーテールとシュシュ」を田坂くんのipodでずっと流していて、まわりから「正直、もういいよ」と思われてたエピソードとか。ケンゴくんのアイドルグループ好きの一面が暴露されてて笑えます。
 
今週で2010年のJリーグもラストです。頑張っていきましょう。... 記事を読む