ガンバ大阪戦。撃ち合いで勝ったからこそ、最後尾の話を。







どうも、いしかわごうです。

昨日のガンバ大阪戦は5-3で勝利。なんとか崖っぷちで踏みとどまりました。にしても、等々力では点が入り過ぎです。名古屋戦では6ゴール入って、この試合では5ゴール。

IMG_1927
<ヨシメーターは154ゴールに>

 もうね、こんだけ点が入ると取材するのも大変なんすよ。
ミックスゾーンで選手を待っているときには「○選手にはアレを聞いて、●選手にはこのゴールを聞くでしょ・・・ああっ、あのシーンも▲選手に聞かなきゃ!」ってなりますからね。しかも得点に絡んだ選手にそのシーンを振り返ってもらうときも、「あれ、あの点は何点目だったっけか?」と一瞬、考えてしまうからね。

 そんな中、ミックスゾーンで反省しきりだったのがGK新井章太です。試合には勝ったものの3失点してますから、当然と言えば当然です。

「裏に良いボールが来ていて、判断の難しい場面が多かった。もっと自分が思い切って出て行ければ、簡単に処理できたはず。1失点目も、もっとディフェンスにハッキリさせたかった」

 その1失点目の場面を巻き戻してみましょう。セットプレーくずれから、ボールを持った遠藤保仁がナナメのクロスがゴール前に。新井章太はキャッチングできずにファンブルし、そのこぼれ球をパトリックに押し込まれました。

 僕はてっきり、飛び込んで来ていた岩下敬輔が視界に入っていたためキャッチングしそこねたと思ったのですが(少しでも触れられると、シュートの軌道が変わる)、よく聞いてみると、新井章太が悔やんでいたのは、岩下敬輔をマークしていた谷口彰悟とのコミュニケーションのほうでした。

「ショウゴに自分は『クリア!』と言ったんですよ。でも、ショウゴとしてはクリアできたけど、そのまま流すことで自分がキャッチできると思って任せてくれたと思うんです。あそこはもっとハッキリさせなければいけなかった」

 この失点に関しては谷口彰悟の認識も聞いてみました。
「自分がクリアしないといけなかったですけど、キーパーが大丈夫かなと思って任せてしまいました」と、彼も反省していました。つまり、クリアとコーチングした新井章太と、それが耳に入っておきながら、あえてGKに任せる判断をした谷口彰悟。両者の齟齬で起きてしまった失点というわけです。

 ただあそこに入れる遠藤保仁のボールの質もさすがだったと思います。岩下敬輔の頭を狙いつつも、いわゆるGKが飛び出せないスピードで、DFとGKの間の際どいコースに蹴っています。ああいう駆け引きを当たり前のようにする判断と技術、実際、危険なボールで新井と谷口による事故を起こすことに成功しているわけですし、やはり百戦錬磨ですね。

 2失点目も同様で、丹羽大輝のロングフィードが、DFラインの背後に。そこを新井章太が前に出て処理できず、走り込んでいたパトリックに先に触れられてしまいました。こぼれ球を狙った宇佐美貴史のシュートは身体に当ててセーブしたものの、そのコーナーキックを豪快に決められました。

「あれも自分のせいでコーナーキックになってしまった。あれがなければコーナーにもならなかったし、失点も起きなかった」と、再び反省の弁を述べる新井章太。

 あえて新井章太について触れたのは、この苦い経験を次の広島戦に生かして欲しいからです。

 というのも、新井章太のプロデビュー戦は、今年のホームでのサンフレッチェ広島戦でした(ファーストステージ第10節)。0-1での敗戦となったわけですが、その決勝点となった失点は、開始早々にDFラインの背後を狙われたボールに対して、谷口彰悟と新井章太のコミュニケーション不足で起きた形でした。

 前回の失点はプロデビュー戦という自身の経験不足、周囲との連係不足もあったかもしれません。しかし、あの広島戦からキャリアを積み重ね、現在リーグ戦21試合連続出場中。今季に限れば、これまで正GKだった西部洋平のリーグ戦9試合出場を大きく上回っています。

2週間後に対戦する広島は、このガンバ戦の分析して、フロンターレのDFラインとGKの間を当然狙ってくることでしょう。次までにしっかり改善して、パワーアップした新井章太で広島戦に臨んで欲しいと思ってます。

 なお広島戦の前には、天皇杯3回戦京都サンガ戦があります。2回戦松江シティ戦では西部洋平がゴールマウスを守って完封しましたし、もしかしたら、この3回戦でも西部洋平にチャンスが与えられる可能性もあります。そういう意味でも、ここからの2週間、ゴールキーパー争いは注目かもしれません。

 ちなみに言っておくと、京都サンガの監督は石丸監督です。そう、去年フロンターレが 天皇杯で負けた愛媛FCを率いていた監督です。たぶん綿密にフロンターレ対策を練って、かつ自信を持って勝ちにくると思います。なんとも不気味です。

・・・ガンバ戦の総括もしてないのに、気づいたら先の話になってました。得点場面とかは、明日以降のブログで書きます。

ではでは、最後までよんでいただき、ありがとうございました。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>