天皇杯3回戦・京都サンガ戦〜思いのほか攻めあぐねた前半を考えてみる。







どうも、いしかわごうです。

天皇杯3回戦・京都サンガ戦は3-0で勝利。試合後のワニナレ・イルカを、リーグ戦とは違ってBGMなしでやる光景は、なんかシュールでしたね。

IMG_0699

 試合のことも少しだけ。

 それは、攻めあぐねた前半についてです。

 この試合の京都は、引いて構えるのではなく、最終ラインを高めに設定し、前から激しくプレッシャーをかけてきました。チーム全体でコンパクトな陣形にすることでプレッシングの強度を高め、フロンターレのパスワークを制限しながら、うまくショートカウンターを狙っていく作戦だったのでしょう。

 最終ラインが浅いということは、裏にある広大なスペースをうまく突くことができれば、一気にビッグチャンスになります。フロンターレの3トップが最終ラインを見極めながら揺さぶっていきますが、ただそこは、ベテラン・山口智が最終ラインを強気にコントロール。西野政権時代のガンバ大阪を支えた、J屈指のキャリアを誇るセンターバックですね。簡単にはラインを下げてきません。要は、京都の陣形は間延びしませんでした。小林悠が何度かオフサイドにかかってましたが、それは当然のこと。このへんの繰り返しは駆け引きですから、良いトライだったと思います。

 ただ、3トップがいつもよりラインブレイクを狙う駆け引きを続けたことで問題点が出ていました。それは、彼らが相手の最終ライン4人と同一線上に並ぶ位置取りをしている時間帯が長くなることです。

 こうなると、どうなるか。今度は、前線の3人とダブルボランチの距離が遠くなってしまうんですよね。京都は真ん中を密集して守ってましたし、距離が遠くなった分、中盤から配給される縦パスが狙われてひっかかってしまい、フロンターレとしては、ややボールロストが目立つ展開になりました。

 それでも、フロンターレは前半のうちに先制点を取ることができました。相手の浅いラインのギャップを見逃さず、田坂祐介から大久保嘉人と崩した形です。これで一息つけました。

 ただ、このときの前半の駆け引きであったり、いつもより前線と中盤の距離が遠かった現象をどう感じていたのか。ちょっと気になったので、試合後、中村憲剛に聞いてみました。

「相手のラインが浅いので、どうしても一発を狙いたくなるからね。向こうもイチかバチかで高くラインをとってきていたし、そこは我慢比べだったと思う。そういう意味で、1点取ったのは大きかった。

(前線との距離に関しては)ユウ(小林悠)とタサ(田坂祐介)が、相手のワンボランチの横でもっとフラフラしてくれればよかったんだけどね。みんな、相手の最終ラインで並んでいたから。『もっと段差をつけろ』とは言っていたんだけど。もちろん、向こうがスライドを頑張っていたというのもあるんだけど」

 なるほど。
彼の言う「段差をつける」というのは、いわゆる相手のDFと中盤で「ギャップを作る」という意味だと解釈して良いと思います。ちなみに大島僚太にも同じ質問を聞くと「相手のラインが高い分、自分たちの位置も低かったですね。悠さんが、少し下がって受けようかという話はしてくれましたが。あと、相手の真ん中の密度が濃かったので、難しかった部分もあります」とのことでした。

 このへんの意識のバランスはなかなか難しいと思います。
例えばフロンターレでいうと、前線にいる小林悠が背後を狙う動き出しをすることで、相手の陣形を縦に間延びさせやすくなっています。

 もし裏を狙う人がいないと、相手はコンパクトな陣形で守り続けることができます。フロンターレが怖さのない攻撃に終始している時期は、だいたい相手のマークを外していない状態で、足元、足元だけのパスをつなぐことで窮屈なサッカーになっています。いわゆる、前線と中盤で渋滞が起きてしまうんです。サッカーというのは難しいもんで、距離が遠すぎてもダメですが、ボールを持っている選手同士が近すぎてもダメなんです。だから、自分たちの適切な距離でやることが大事なんです。

 現在の3トップは最終ラインの裏を狙いつつ、最終ラインとボランチの間で受けて前を向いて仕掛けられる工夫を、それぞれが臨機応変にできるのが強みだと思いますが、この試合に限れば、相手のラインがかなり浅いが故に、ややラインブレイクに固執した感もあった、と言えるのかもしれません。

 後半の途中に、風間監督は中村憲剛を一列あげたトップ下に配置してますが、これは前半に抱えていた前線とダブルボランチの距離感を解消する狙いもあったと思います。2点目は、谷口彰悟→中村憲剛→小宮山尊信で生まれてますが、その采配がズバリでしたしね。

「ショウゴがよく見ていた。いつもだったら少し落ちて受けるのだけど、ショウゴだったらボールがくるなと思ってバイタルのところでで我慢していたら、スパンと入れてくれた・・・ゴールが入った時の、あいつの『してやったり顔』ったら、なかったねー・笑」(中村憲剛)

イケメンのしてやったり顔・・・・見てみたかったのぉー。

ではでは。今日はこの辺で。週末の広島戦は決戦ですね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>