今年最後の麻生取材。

 昨日は麻生へ。
天皇杯のエルゴラ原稿のボリュームがわりとあったので、少々寝不足でしたわ。
 今季の公式戦を全て終えたので、クラブハウスでの解散式。
クラブハウスでのミーティングを終え、外で集合写真を撮影して解散となりました。天気がよかったですねー。
 吉田勇樹選手、久木野聡選手、松本拓也選手、相澤貴志選手、そしてイッカGKコーチ。
今季限りで退団する選手は、帰り際にサポーターからプレゼントや手紙がもたくさん渡されていましたね。僕も「また」と握手してお別れしました。きっとまたどこで会えるでしょう。
 相澤選手とは少し長めに話を聞かせてもらいました。
高校卒業後、練習生を経て2000年に川崎フロンターレに加入した相澤選手。08年はセレッソ大阪に期限付き移籍していますが、足掛け11年間フロンターレで過ごしている功労者です。
その思いを聞くと、「自分は練習生として入ったので、いつの間にかここにいた感じなんですよ。そして、いなくなるときも、いつの間にっていうことで・・・」とクールなザワジョークを言ってくれました。すでにいくつかのチームから話が来ているようなので、早く朗報が発表できるといいですね。
 さて今季の僕のフロンターレ取材活動も、これで終了となりました。
おかしいなぁ・・・元日までするために準備していたんだけどなぁ・笑。
一年間お疲れ様でした。
応援クリックお願いします。
人気ブログランキングへ... 記事を読む

等々力取材~イッカさん。

 昨日の等々力取材のことを少し。
 フィールドプレイヤーよりも先にアップに出てくるゴールキーパー陣。
そのときサポーターからは「OBRIGADO ICA」の弾幕の掲げられてました。そして沸き起こるイッカコールに、あの大きな身体を折りたたんで感謝を伝えるイッカさん。
 自分はGKの練習を見るのがけっこう好きなんですが、今まで見てきた経験の中でも、たぶんイッカのトレーニングが一番ハードですね。イッカの場合、なんといってもシュートが抜群に上手い。「シュートが重くて、コースがエグイ」と言っていたのは、夏に湘南から移籍してきたマツこと松本選手。それにあの巨体からは想像がつきにくいかもしれませんが、どのコースにも正確に蹴り分けることができるあのキック精度は、まさに職人芸でした。
 例えば優れたGKは、シュートが打たれた瞬間、それが枠内かどうか瞬時に判断しますよね。イッカは、全く同じモーションで枠内と枠外のコースにも蹴り分けますから。あれを受けて毎日鍛えられるのですから、選球眼も相当養われると思います。
 この試合でのイッカとのウォーミングアップ中、杉山選手は「自分がデビューしたナビスコカップ(09年のマリノス戦)の光景がフラッシュバックしました。等々力でしたし」と感慨深げに話してくれました。「だから、無失点で勝ちたかったのですが・・・」とも。
 試合は残念ながら、湘南に負けてしまいました。
これで今シーズンのフロンターレは終了。本当に残念です。
試合後のミックスゾーンでイッカに話を聞かせてもらいました。「ここ(フロンターレ)は本当にすばらしいクラブだった。自分がやってきたこと、彼ら(Gk)が成長してくれたことに感謝したい」。
 相澤選手、杉山選手、安藤選手、そして松本選手。
松本選手は所属期間が短く出番がありませんでしたが、それ以外の3人は甲乙つけがたいレベルで成長していることを公式戦で披露しました。第3GKである安藤選手も遜色ない堂々としたプレーぶりを見せていましたからね。
 そしていまや日本代表で押しも押されぬ守護神となった川島永嗣選手。
「エイジは、来日したときは日本で3番手のGKだった。今では日本でトップクラスのGKだ」と目を細めていました。
リールセ移籍後も、代表で帰国した際、川島選手はイッカのシュートを受けたくて、麻生の練習に顔を出しているぐらいですから。イッカの手腕(足腕?)をいかに信頼しているかがうかがえますね。
 今後については、一部報道にあったように、岡田監督が指揮する中国のクラブに誘われているようで、明日(今日)会って話をするとのこと。「自分への意欲を高めたい。挑戦することが好きなんだ。中国はまだまだ成長していく国なので、楽しみ」と話していたので、前向きに考えているみたいでしたね。
 最後は、握手をしてくれました。すっごく大きい手だったなー。
イッカさん、またどこかで。
$いしかわごうの「サッカーのしわざなのだ。」... 記事を読む

柴崎晃誠選手が選ぶ今季のベストプレー。

 昨日のTBS[スーパーサッカー」。
やべっち同様、こちらもアウォーズ企画でした。題して「俺アウォーズ」。
選手自身に自分の今季のベストプレーを挙げて語ってもらうというもので、だいたいはゴールやアシスト絡みなんですけど、それ以外のプレーを紹介する選手もいて、面白かったですね。
 例えばヤット選手なんかは、今年のセットプレーの守備時には、ヘディングクリアでつなぐことに密かなこだわりを見せていて、地味にツボでした。誰も気づかないよ、そこは・笑。
 ちなみに出演者がみなタキシード姿だったので、Jリーグアウォーズ終わりの収録だった模様。ということで、フロンターレから登場したのは、中村憲剛選手、小林悠選手、そして相馬監督の3人でした。
 ケンゴ選手はガンバ大阪戦でのサヨナラFKを、小林選手はホーム最終節で見せたジュニーニョへのアシストを、それぞれ「俺アウォーズ」に選出。相馬監督は、連敗を止めたアウェイ山形戦を挙げ、試合終了の笛が鳴った瞬間のベンチでホッとした瞬間が紹介されていました。
 めでたし、めでたし・・・・って、いやいやいや、ちょっとちょっと、スパサカさん!
アウォーズに出席していた柴崎晃誠選手も番組に出演させてやってくださいよーー!彼だけスルーされていたので、テレビの前でずっこけそうになってしまったじゃないですか。5月には日本代表にも選出された選手よ?
 とはいえ出演がなかったものは仕方がない。
でも、なんか悔しいので、今日の練習後、コーセイ選手に直接今シーズンのベストプレーを聞いてみました・笑。
柴崎晃誠が選ぶ今季のベストプレー・・・みなさんは何だと思います?
あの試合の絶妙なパスかな?
それとも、あの場面での散らしかな?
いやいや、あそこで見せた味方のための献身的なフリーランニングでしょ?
もしかして、あのゴール??(・・って、1点しか取ってないけど)

「はいはい、あの試合のあれねー」とすぐに相づちが打てるように、今シーズンの柴崎晃誠の全プレーを頭の中で反芻しながら、返答を待っていたんですよ。
んで返って来た言葉は、「うーん・・・ないっす!!」
・・・・ないんかい??該当者ゼロ!?
その場に、ズコーーーーーー!でしたね(※リアクションが80年代ですみません)。
ただ裏を返せば、彼は今年のパフォーマンスに満足していないということでもあります。
その理由もいろいろ聞かせてもらいましたが、ここでは書きません。「じゃあ、天皇杯でべストプレーをよろしく」(←超意訳)と伝えていきました。
天皇杯では、柴崎晃誠選手にとりわけ注目かもしれません。
ではでは。
今季のベストクリックをよろしく。
人気ブログランキングへ
過去3年の振り返りにどうぞ。
JリーグオフィシャルDVD 川崎フロンターレ 2010 SEASON GOALS/川崎フロンターレ

¥2,625
Amazon.co.jp
JリーグオフィシャルDVD 川崎フロンターレ2009/川崎フロンターレ

¥4,200
Amazon.co.jp
川崎フロンターレ 2008 [DVD]/川崎フロンターレ

¥4,200
Amazon.co.jp... 記事を読む

雨のガンバ大阪戦をプレイバック!~安藤選手の名言

 やべっちFCアウォーズでのフリーキック賞に中村憲剛選手(5.29ガンバ大阪戦)が選ばれてました。いわゆる、サヨナラFK弾・ケンゴッソですね。
他の受賞者はJリーグアウォーズの取材で表彰されていたのに、ケンゴ選手だけは出席していたにもかからわず麻生グラウンドで表彰されていたのは謎でしたが。
このゴールは、5月のスカパー!のJリーグ月間ベストゴール賞にも選出されました。
そのときにインタビューさせてもらったわけですが、得点後、何度も右腕でガッツポーズを決めて喜びを表現し過ぎて、次の日、ケンゴ選手は右腕だけ筋肉痛になってたっていうね・・・・まさかのガッツポーズによる筋肉痛・笑。あれから半年以上経っているんですね。
 もう語り尽くされたFKなのでそれは置いておいて、あの試合のそれ以外のことをちょっと思い出してみました。
 あのガンバ戦、実は小林悠選手は今季初スタメンだったんですよ。
いまやすっかりスタメンの一角を担っている彼ですが、この試合がリーグ戦初スタメンでした。普段は緊張をしないタイプらしいのですが、さすがに緊張しまくっていたらしいです。それも朝から・笑。
 どういうことかと聞いてみたら、「なんか、試合前から足がつっていたような気がしたんですよ。試合当日、チームの集合場所に向かって車を運転しているときから、『これはすでに足の筋肉を使ってるじゃないか?もったいない』とか思いながらアクセルを踏んでましたから(笑)」って言ってましたからね。その緊張がモロに出ていたのか、この試合の小林選手は決定機をはずしまくってました。
 最後はケンゴ選手の劇的過ぎるFKで勝つことができたので、ホッと一安心。「本当にケンゴさんに感謝ですよ。もう『ア・リ・ガ・ト・ウ』って口で言っちゃいましたから(笑)」とのことでした。
 ちなみにもう1人。
GKの安藤駿介選手はこれがデビュー戦だったんですね。経験がものを言うポジションだけに、ゴールキーパーのデビュー戦というのは決して簡単なものではないです。少なからず周りも不安があったと思いますが、終わってみれば失点はPKによる1点のみ。若手らしからぬ堂々としたプレーぶりに驚かされたものです。
 ただ終了直前に、キャッチミスからあわやの失点になりかけたプレーもあったんですよね、実は。
普通の若手なら、そこで「あーー」って落ち込むと思うのですが、まるで動揺せずに、そのこぼれ球に詰められたシュートを防ぎ切りました。しかもその後、会心のガッツポーズを取ってましたからね。完全なるミスしても、何食わぬ顔でプレーを続けるその図太さに感心したものです。
しかも試合後に本人は、「ミスをミスと見せないのも実力です」と言い切ってましたからね・・・名言ですな・笑。
なお安藤選手が出場した公式戦5試合は3勝2分の負けなし。五輪代表予選でチームを離脱したことでポジションを譲ってしまいましたが、あのまま出場が続いていたらどうなっていたのかなーとも思いますね。
うーん、懐かしい。
あのガンバ戦の想い出をちと蔵出ししてみました。
応援クリックお願いします。
人気ブログランキングへ... 記事を読む

ジュニーニョの送別会。

昨日の夜は、等々力でジュニーニョの送別会がありました。
いしかわごうの「サッカーのしわざなのだ。」
 取材してきたので、ざっと振り返りでも。
 天気はあいにくの雨でした。しかもすごく寒かったー。
それでも3286人もの方が、わざわざ等々力に足を運んでくれました。平日ナイター。行きたくても行けなかった方も多かったと思います。試合でもないのに、1人の選手のためだけに、これだけの人数が足を運ぶなんてすごいです。
 実際、開始20分ぐらい前の等々力グラウンド行きの路線バスはすごく混んでいました。帰宅途中と思われる方たちからは、「サッカーがあるわけでもないのに、なんでこんなにバスが混んでるのかねぇ?」と不思議がる声が漏れていましたよ。「サッカーなんだよ」と心の中でほくそ笑んでしまいましたけどね。
最初はオーロラビジョンに、ジュニーニョの歴史を振り返る映像が流れました。BGMとして流れてきたのは、平原綾香の「おひさま~大切なあなたへ」。川崎の太陽にふさわしい選曲ですね。
 ジュニーニョ登場後はこもりさんによるプロフィール読み。
「麻生に行けば、いつも笑顔で迎えてくれました。そしていつも合流が遅れて、ヒヤヒヤさせてくれましたね」にサポーターもほっこり。最後は、言葉に詰まりながらも自分の言葉で挨拶していました。
 そうそう、歴代監督やチームメートからのビデオメッセージも流れたんですよ。
ただ「たくさんのゴールを決めてくれた。でもかなりの数のチャンスもはずしていた。決めていたら、僕のときに(J1へ)上がれたはず」(石崎監督)、「ピッチ外のところでは、コントロールに苦労したけど」(関塚監督)、「たまに規律乱して困らせたけど」(伊藤選手)と、彼のやんちゃぶりに対してチクリの一言もあってウケました。
 その後は、ジュニーニョとのふれあいの時間。
当然ながら、ものすごい行列になっていましたが、1時間半ぐらいかけてサポーター全員としっかり握手をしてお別れしました。
$いしかわごうの「サッカーのしわざなのだ。」
そして最後に、等々力ラストシュート。
ゴンさん(中山通訳)がGKとなり、ドリブルからしっかりとゴールを決めました。いつものように天を指差すパフォーマンスをすると、このときはピッチにサポーターがジュニーニョを祝福しにきました。ジュニーニョがGゾーンのサポーターに駆け寄るのではなくて、サポーターがジュニーニョのもとに駆け寄ってく・・・なんか不思議な光景でしたね。
$いしかわごうの「サッカーのしわざなのだ。」
その後、サポーターからは優勝カップを掲げているジュニーニョのゲートフラッグがプレゼントされました。
$いしかわごうの「サッカーのしわざなのだ。」
ここからは先は・・・あのとき等々力に居合わせた人たちだけの想い出にしましょうか。ここでは書きません。
 送別会終了後は、最後の囲み取材。
ゴンさん相手に決めた等々力ラストゴールを振り返って「とても難しいゴールでした。等々力のサポーターが後押ししてくれた。本当に素晴らしいキーパーでしたから」と、公式戦後さながらの真顔でコメントしてくれてウケました。
 フロンターレとはお別れとなりましたが、現役は続ける気満々です。すでにオファーもいくつかあるようですから、ユニフォームを脱ぐという心配は要らないでしょう。
「ボールは前に転がっていくものなんだ」
自分の人生が続いていくことを、そんな独特な表現で言っていたのが印象的でした。
 なお先週の最終節(磐田戦)と、この送別会を含めたジュニーニョの原稿は、エルゴラ金曜号に書かせてもらう予定ですので、読んでもらえるとうれしいです。
ではでは。
送別会で流れていた平原綾香さんの曲はこちら。
おひさま~大切なあなたへ/平原綾香

¥1,050
Amazon.co.jp
ジュニーニョのゴールも収録されている直近3年のシーズンDVD。
JリーグオフィシャルDVD 川崎フロンターレ 2010 SEASON GOALS/川崎フロンターレ

¥2,625
Amazon.co.jp
JリーグオフィシャルDVD 川崎フロンターレ2009/川崎フロンターレ

¥4,200
Amazon.co.jp
川崎フロンターレ 2008 [DVD]/川崎フロンターレ

¥4,200
Amazon.co.jp... 記事を読む

ジュニーニョ・ラストダンス。

 ジュニーニョのラストダンスについても。
前半は一方的に押し込まれていたので、持ち味を出す機会はありませんでしたが、後半にすべてを出し切っていました。
 まずはCKのこぼれ球をしっかりとプッシュしてゴール。
その瞬間、ジュニーニョはユニフォームを脱いで、そのままフロンターレサポーターのいるゴール裏に投げ入れました。記者席でも「おおっ!ユニフォーム投げた!!」と盛り上がりましたよ。
さすがと思ったのは、そのときのゴンさん(中山通訳)との連係プレー。ゴンさんが待ってましたとばかりに替えのユニフォームを手に持って、ベンチに走ってくるジュニーニョに渡していました・笑。あっ、もちろんユニフォームを脱いだので、イエローカードを受けてます。審判にも謝ったみたいです。
 その後、強烈な地を這う弾道のミドルシュートもありました。
記者席からの視点だと、ちょうど一直線にゴールに吸い込まれるような軌跡で「入った!」と思ったのですが、惜しくもポストに弾かれました。あれが決まっていれば・・・なお試合後、「2点目を取っていたら、また投げていたの?」という問いかけには、「退場はしたくなかったですし(笑)、1枚しかシャツがないので、1回しか投げるつもりはありませんでした」とコメントしてましたね。
 試合終了後は、ケンゴ選手と肩を組んでベンチに下がっていく姿が印象的でした。
「今年、彼はチームのキャプテンではなかったが、『お前がチームの中心だ』ということを伝えた」とのことでした。
天皇杯も続くので、頑張って欲しいとチームにエールも送ってました。国内、国外からいくつかオファーがあるようなので、現役を続けてくれると
思います。
 ジュニーニョのお別れ会は、6日火曜日に等々力競技場で行われます。
JリーグオフィシャルDVD 川崎フロンターレ 2010 SEASON GOALS/川崎フロンターレ

¥2,625
Amazon.co.jp
JリーグオフィシャルDVD 川崎フロンターレ2009/川崎フロンターレ

¥4,200
Amazon.co.jp
川崎フロンターレ 2008 [DVD]/川崎フロンターレ

¥4,200
Amazon.co.jp
人気ブログランキングへ... 記事を読む

ヒロキさんの答え。

 今日も麻生取材に。
昨日とはうって変わって、泣きそうなぐらい寒かったですね。まぁ、もう12月なんだから、この寒さにも納得しなければならないんですが。
 練習後、今日は伊藤宏樹選手に、ジュニーニョのことを聞いてみました。
「ジュニーニョとプレーをするのもこれが最後ですからね」と、さすがにちょっと感慨深げでしたね。
 大学卒業後、2001年にフロンターレに入ったヒロキさんは、03年に移籍してきたジュニーニョよりも古株の選手。それでいて伊藤選手もまだ第一線で戦っているわけから、試合中、相手ゴールに迫っていくジュニーニョの背中を、フロンターレの最終ラインから一番多く見ていたディフェンダーなわけです。
「これだけチームが成長できたのは、ジュニーニョのおかげだと思っている。サッカーの可能性を見させてもらった」と川崎の太陽が加入してからのクラブの成長を、その実感を込めて話してくれました。
 あとおまけとして、個人的に聞いてみたいことがひとつありました。
それは「もしジュニーニョというフォワードと公式戦のガチンコでマッチアップしていたら、どう押さえようとするのか」ということ。ジュニーニョとはずっとチームメートなので、公式戦での対戦がありませんからね。
 長年ジュニーニョのゴールハンターぶりを見てきた伊藤宏樹というひとりのディフェンダーが、相手だったらどう押さえようとするのか。その答えが聞いてみたかったのです。
 意外と、ヒロキさんは即答でした。
 「走り出したら、ついていけないですからね・・・削るしかないと思う(笑)」
・・・あはは。削るしかないって、あなた。でも本音すぎる回答、どうもありがとうございました・笑。(※ちなみに伊藤宏樹選手は、クリーンな守備に定評があるディフェンダーです)
それでは。... 記事を読む

川崎の太陽が託したもの。

今日は朝から麻生グラウンドへ。
平日にもかかわらず、たくさんのサポーターが練習見学に訪れていました。実はサポーターの働きかけで、ジュニーニョに気持ちを伝えるためにみんなが集まったのです。練習場には、彼に向けたメッセージの書かれた弾幕も張られていました。
 ただ残念ながら、今日のジュニーニョは室内調整のみ。グラウンドに姿を現すことはありませんでした。なので、みなさんクラブハウスの前でジュニーニョを出待ち。かなりの行列になってましたが、帰るときはサインや写真撮影に丁寧に応じていました。
いしかわごうの「サッカーのしわざなのだ。」
そしてサポーターのお願いを受けて、メッセージの書かれた弾幕にもちゃんとサイン。
$いしかわごうの「サッカーのしわざなのだ。」
ジュニーニョはサインに「スマイルマーク」も書いているんですよね。かわいいです。
 以前、エルゴラの小林悠選手インタビューで、こんなエピソードを紹介したことがあります。
 それは、今年から(背番号が11と10なので)ロッカールームが隣同士になったジュニーニョから、小林選手が『俺のことを良く見ろ。練習中も、自分の近い場所にいてプレーを見ておけ』と言われたという話です。
 師弟関係とまではいかないと思いますが、この言葉をきっかけに小林選手がジュニーニョのプレーを観察し始めたそうです。そしてその結果、今季の彼がどんな活躍をしたのかは、いまさら説明するまでもありませんよね。
 だったら、退団が決まったジュニーニョが小林選手だけに託したものもあったんじゃないだろうか。
 今日の練習後、そんな疑問を小林選手に聞いてみました。
 すると彼はうなづいて、こう明かしてくれたんです。
「チームが苦しいときにゴールを決めるストライカーになれ、と言われました」
・・・・ひさびさに、しびれましたね。
だって、ジュニーニョしか言えないですよ、この言葉は。
はぁー。かっこよすぎるでしょ、川崎の太陽。
ホントまぶしすぎるでしょ(太陽だけに)。
週末のリーグ最終節磐田戦。
アウェイですが応援に行き、川崎の太陽の勇姿をしっかり目に焼き付けましょう。
ジュニーニョのゴールも収録されている、フロンターレのシーズンDVDはこちら。
JリーグオフィシャルDVD 川崎フロンターレ 2010 SEASON GOALS/川崎フロンターレ

¥2,625
Amazon.co.jp
JリーグオフィシャルDVD 川崎フロンターレ2009/川崎フロンターレ

¥4,200
Amazon.co.jp
川崎フロンターレ 2008 [DVD]/川崎フロンターレ

¥4,200
Amazon.co.jp... 記事を読む