そこにモリヤ。そこからモリヤ〜浦和レッズ戦の森谷賢太郎の同点弾を振り返る。







 どうも、森谷賢太郎です。
間違えました、いしかわごうでした。

今日は、浦和戦での森谷賢太郎のゴールについて、振り返ってみようと思います。

(今節のベストゴールにもノミネートされたファインゴールです)

 まず試合前日の練習後、「いよいよ来ましたね」と話しかけると、「練習中から試合を意識して準備してきました」と、とても楽しみにしているようでした。

 前回の対戦でもゴールを決めてますし、途中交代で入って試合の流れを変えたゲームもあったりと、彼は浦和戦では活躍しているイメージがあります。そのことを伝えると、「浦和に苦手意識はないですね。なんなら、マリノスユースのときから良いイメージしかないです・笑」と、ずいぶんと遡って相性の良さを語ってくれました。どんだけですか。

 個人的に注目していたのは、中盤3人での関係性ですね。
大島僚太とのダブルボランチでしたが、森谷賢太郎は高い位置で前線とのつなぎ役になる仕事が得意なタイプです。おそらく中盤の底にずっと居続けるのではなく、トップ下の中村憲剛と縦のポジションチェンジしながら、攻撃全体を循環させていくイメージも思っているはずです。

 そのへんについては、「リョウタもいるし、ケンゴさんもいるので、3人でうまくボールを運びたいですね。それに二人とも気を使ってくれる選手だし、お互いを見ながら良い関係を作れたらと思ってます」と話してました。中村憲剛も話してましたが、やはりそこは状況次第ですね。

 いざ試合が始まると、彼らが流動的になるタイミングを見逃さないようにしていたのですが、前半に関しては、浦和に押し込まれる時間帯が多かったことで、中村憲剛がゼロトップのようになっていたため、なかなか縦のポジションチェンジが起きません。

 しかし、前半終了間際の時間帯。
ワントップ気味だった中村憲剛が、スルスルと中盤の底まで降りていって最終ラインからボールを引き出して、ゲームの組み立てをしていました。そして入れ替わるように、ボランチの森谷賢太郎はトップ下のポジションに。縦のポジションチェンジをしているんですね。

「何か、起こるんじゃないかな・・・」

 そう予感した瞬間、中村憲剛からのボールを大島僚太が相手の守備ブロックの間で受けて、素早く縦につけます。このパスをバイタルエリアで受けたのは森谷賢太郎でした。そして流れるようなスムーズな反転から、狙い澄まして一閃。これが飛びつく西川周作の手をすり抜けて、縦回転に落ちて、鮮やかにゴールネットを揺らしました。

 いやぁー、お見事としか言いようがありません。

 あの反転からシュートに持ち込むまでの一連の動きは、完全に彼の型ですね。ボールを受ける前から、前を向いてシュートを打つことだけを狙っていたと思います。

 それよりも、あの縦のポジションチェンジをしたタイミングが絶妙でした。おそらく対応にいった槙野智章も、縦のポジションチェンジから突然トップ下に顔を出した相手に、一瞬、虚をつかれたのだと思います。そうなると、どうしても後手を踏まざるをえない。おそらく「えっ、そこにモリヤ?そこからモリヤ?」って感じだったと思います。いや、知らないですけど。

 ちなみに、チームを救った一撃だったとともに、谷口彰悟をも救った一撃でもあったと思います。
 
 浦和戦の失点は、彼の判断ミスから招いてしまったものだったからです。試合後、「あれは、やってはいけないミスです。一瞬の判断の迷いが失点につながってしまうことを、あらためて痛感しました」と、失点場面を沈痛な表情で反省していたんです。「ただ、森谷先輩が救ってくれましたね」と聞くと、「そうですねー。あれは素晴らしいゴールでした。救ってくれましたね」と明るい表情を見せてましたから。前半終了間際の先輩の同点弾に、とても救われたようです。まぁ、森谷先輩からすれば、後輩・谷口彰悟を「しぶしぶ」救ったのかもしれませんが・笑。

 森谷賢太郎が先発したのは8試合ぶりだそうです。最近は、途中交代での出場も少なくなっており、かなり苦しい時期を過ごしてたと思います。それでも、彼は常に前を向いて準備していました。日頃の姿勢といい、シュート場面といい、「前を向くことの大切さ」を教えてくれる・・・そんな一撃だったのかもしれません。

 よし、うまくまとまったので、今日はこのへんで。
明日水曜日はメルマガ!の配信日です。夜9時までに登録すれば、最新号を受け取れるので、「どうしても読んでみたい!」という方は登録してみてください。
登録はこちらのページから。無料です(冷やかしでの登録はやめてくださいね)。

※森谷賢太郎と谷口彰悟の「先輩後輩の関係性」がよくわかる座談会が収録されてます。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>