僕のプレミア・ライフ


 「FOOT×BRAIN」で紹介された映画「僕のプレミアライフ」。
もともとは書籍「ぼくのプレミア・ライフ」を映画化したもので、むしろサッカーファンにとっては原作のほうが馴染み深いんじゃないですかね。生活の中心はアーセナル、寝ても覚めてもアーセナル。いまでも文庫本として出ているので、まだの方にはぜひ読んで欲しい一冊ですね。
ぼくのプレミア・ライフ (新潮文庫)/ニック ホーンビィ

¥700
Amazon.co.jp

「僕はアーセナルに鎖でつながれてしまった。」
「ぼくらは日に何時間も、年に何ヶ月も、一生に何年もの時間を、自分たちではコントロールできないものに投資している。」
「これまでの23年間、僕はずっと、細かい活字で書かれた契約書を隅から隅まで眺め、ファンであることをやめられる方法はないか探してきた。だが、そんな方法など見つからなかった。」

 などなど、フットボールにとりつかれた作者ならではのコトバの数々に、きっとなにかを感じることと思います。文庫本化されており、お手軽な価格で買えるので、一読の価値ありです。
 「フットボール・チームというのは、サポーターを悲しい気持ちにさせる方法なら次から次へと無数に発明してくれる。」
・・・・・うーん、サポーターの胸にグサリと突き刺さる、タイムリーな文章を紹介してしまいすみません(苦笑)。
ファンでいることについて、ぼくにわかっている唯一のこと ーどんなにそう見えようと、それは代替的な喜びではない。だから、スポーツなんて見るものじゃなくてするものだよ、なんていう意見は的外れだ。フットボールにおいては、見ることがすることに一致する。
 特に最後の「フットボールにおいては、見ることがすることに一致する。」の部分。ここがサポーターの心情のすべてですな。本国イギリスで100万部を超す大ベストセラーになったそうです。
アーセナルといえば・・・元アーセナルのリュングベリが清水エスパルスに移籍だとか。ひさびさの超大物ですね。
ちなみに稲本選手はアーセナル時代にチームメイトですね。9月24日には等々力で川崎フロンターレ対清水エスパルス戦がありますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>