ここ、勝負どころ!


どうも、いしかわごうです。

本日はJ1開催。2位のセレッソ大阪との直接対決です。

鬼木監督の言葉を借りれば「決勝戦のように臨む試合」ですし、勝たなくてはいけない試合です。

完全アウェイでの大一番。鬼木体制で、長居では3年とも負けてます。鬼木フロンターレにとっては、鬼門といえる場所です。

ただ、小林悠は自信をのぞかせます。

「オニさん(鬼木監督)になってから、勝負所の試合はモノにしてきた自信はある。選手も勝ってきた経験があるので、自信を持って臨みたいと思う。楽しみたいし、緊張感ある試合をしたい」

もちろん、勝たなくてはいけませんが、より冷静になる必要もあると思ってます。

というのも、絶対に勝たなくてはいけないのは、勝ち点11差でリードしているフロンターレよりも、むしろ向こう側。追いかける立場であるセレッソの方だからです。

 極論を言ってしまえば、川崎フロンターレは、引き分けで終わっても大きな問題はありません。引き分けのままで時計の針が進むと、焦れてくるのは相手の方です。

 だから、まずは失点しないこと。自分たちが精神的に優位に立っているということを、試合運びでも生かす必要があると思っています。プレビューではそういう駆け引きにも触れております。もちろん、ピッチでのポイントもまとめております。

ラインナップはこちらです。

■「そういうゲームだからこそ、熱いゲーム、自分たちらしいサッカーを前面に押し出したい」(鬼木監督)。大島僚太、復帰なるか。90分で勝ちに行くための指揮官の選択は?

■「勝負のところでのスイッチの入れ方。少しの意思疎通で変わると思う」(小林悠)。強固なセレッソ守備組織は、チームの目を揃えて崩す。

■「アンカーを消して、外に出させたい対戦相手が多くなる。その時にうまく中が開くように、ボールを回しながらできればと思います」(守田英正)。攻撃に彩りを添えるアンカー・守田英正の配給と組み立てに注目すべき理由。

■「プレスをかけた時のコンパクトさ。後ろがついてくるという絶対的な信頼があるし、だからこそ、前も生きる」(小林悠)、「今は誰が試合に出ても、前から一生懸命ハードワークしてくれる」(チョン・ソンリョン)。リーグ最少失点を支える前線と最後尾の信頼感。そして、負けられない中盤の主導権争い。

■引き分けのままで時計の針が進むと、焦れてくるのは向こう側。大事なのは「間違えないこと」である。

以上、5つのポイントで全部で約9000文字です。

試合をディープに観戦するためのワンポイントプレビュー(リーグ第20節・セレッソ大阪戦)

これを読んで、大一番に向けて、イメージトレーニングをしてもらえると幸いです。

ではでは。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>