ゴールとは、チーム全員でやった結果で生まれるもの。


どうも、いしかわごうです

本日はJ1リーグ開催日。
川崎フロンターレは等々力でサンフレッチェ広島と対戦します。

ACL日程による神戸戦の前倒しがあった都合上、フロンターレはリーグ戦を1試合多く消化しています。

そのため、この第16節で17試合目となり、つまり全34試合のちょうど半分を終えることになります。

普段ならば9月といえば、ぼちぼちシーズン終盤に差し掛かる時期ですし、感覚としてもだいぶ試合をこなしてきたような気がするんですが、ようやく半分です。いやー、不思議な感じです。

この試合に向けてはストライカーのレアンドロ・ダミアンがこんな自身のゴール観を口にしていました。

「ゴールは一人で取るものではなく、チーム全員でやった結果で生まれるものだと思っています。またフロンターレは協力して、団結してプレーすることができています」

みんなが体を張ってボールを奪って、味方が必死にゴール前に繋いできた思いを受けるのが最前線にいるストライカーです。ダミアンが言っている「チーム全員でやった結果で生まれるもの」とはそのことを口にしています。

でも難しいのは、そのチームメートの思いを必要以上に感じすぎて、その責任がプレッシャーとなり、力が入って決めることができなかったら、それはまるで意味がないわけです。チーム全員の思いを感じながらも、どこかで「そんなの関係ねぇー」というエゴのような開き直りもストライカーには必要なんですよね。

元ブラジル代表の大物ストライカーであるダミアンは、きっとブラジル時代は数々の修羅場をくぐり抜けてきたはずです。

それでも、自分ではなくチームのためのこういう発言ができる・・・素晴らしいですね。

 現在リーグ7得点。得点ランキング1位のオルンガの15得点とは差があります。しかし彼は得点王にはさほど興味がないと言い切ります。

「自分にとって得点王というのはあまり意識がない。ゴールという結果でチームに良い結果をもたらすことができればいい。自分の中では個人タイトルよりも、チームの力になって、チーム全員でタイトルを取れれば良い。もし得点王と優勝というチームタイトルを選べるのであれば、自分は迷わず優勝のタイトルを選びたい」

タイトルを取るために、広島には勝たなくていけません。ダミアンのゴールに期待ですね。

試合に向けてはいつものようにプレビューでたっぷり見どころを語っております。

ラインナップはこちらです。

■「13連戦がここで一区切り。自分たちは、ちょうど(17試合目の)折り返しにもなる」(鬼木達監督)。真夏の13連戦ラストゲーム。スタメン予想に関する、二つの考え方。指揮官が選ぶのはどっちだ!?

■「もし得点王と優勝というチームタイトルを選べるのであれば、自分は迷わず優勝のタイトルを選びたい」(レアンドロ・ダミアン)。強固な広島守備陣をどう攻略するのか。屈強な3ストッパーは、ダミアンで打ち砕く。

「こないだの試合だけではなく、もう一回、チームとして捉えて修正していきたい」(鬼木監督)。前節与えられた宿題は、広島戦で解決できるか。そして右のハイネルと左の柏好文との引っ張り合いが予想される、両サイドでの負けられない攻防戦。

■「自分たちは、サッカーをエンターテイメントだと思っている」(鬼木監督)。驚異的なペースで勝ち点を積み重ねていく中で、指揮官がこだわり続けていること。そして、かつて同じ思いを口にしていた人物の話。

以上、ポイントは4つ。10000文字のボリュームです。13連戦、頑張って書き続けたのでぜひ読んでくださいね。

試合をディープに観戦するためのワンポイントプレビュー(リーグ第16節・サンフレッチェ広島戦)

ではでは。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>