連覇を目指して。


どうも、いしかわごうです。

9月2日は、ノエビアスタジアム神戸でヴィッセル神戸戦。

今回はルヴァンカップのプライムステージ準々決勝。再開後から大会方式が変更になり、ホーム&アウェイ方式ではなく、一発勝負となりました。

準々決勝、そして10月7日の準決勝は、90分間で勝敗が決しない場合、PK方式によって決定。つまり、90分が終わったら延長戦にもつれることなく、即PK戦になります。なお、11月7日の決勝戦は30分の延長戦を経てのPK戦です。ここは去年と同じですね。

ルヴァンカップのプライムステージといえばホーム&アウェイ方式だったので、90分ではなく、180分を通じた駆け引きもあるのが醍醐味でした。ホームチームは不利を招かないよう失点しないように、アウェイチームは有利になるように点を奪いに行く・・・どちらのチームも「アウェイゴール」を気にしたバランスで試合を進めていて、それはリーグ戦とも違う味がありました。

今年はそれを味わえないのはやや残念ですが、その代わりに(?)、ヴィッセル神戸とは三週間連続で対戦することになりました。謎の3番勝負になりましたが、今回はその2戦目でもあります。何よりルヴァンカップ連覇のかかった重要な一戦です。

では、そんな試合の見どころを語っていきたいと思います。

■現状のベストメンバー、かつ良いコンディションで勝ちに行く一戦!

■「どう勝つか」に求められるのは、「強気」。そのために必要な要素は何か。

■自分たちの土俵に神戸を引っ張り出せ!!

■登里享平&三笘薫対西大伍。左サイドをめぐる攻防戦が、勝負のカギを握る理由。

■「サッカー選手としての自分の時間が帰ってきた。それをすごく感じました」(中村憲剛)。ピッチに戻ってきたケンゴが語ったこと。

全部で約13000文字です。よろしくどうぞ。

試合をディープに観戦するためのワンポイントプレビュー(ルヴァンカップ準々決勝・ヴィッセル神戸戦)

ではでは。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>