チームを、自分をカスタマイズしていく。


どうも、いしかわごうです。

本日7月8日はJリーグが開催されます。

川崎フロンターレは味の素スタジアムでFC東京と対戦。多摩川クラシコは19時半キックオフです。

先週末にようやく再開したばかりですけど、すぐに試合がやってきます。

レビューを書いたと思ったら、すぐにプレビューを書いています。ちなみに土曜日も試合なので、明日(木曜日)にレビュー書いて明後日(金曜日)にはもうプレビューを書かねばなりませんからね。

いきなり、かなりタイトです。ごうくん、軽く泣いてます。

ただ泣き言も言ってられないので、頑張ってプレビューを書きました。約8000文字です。

試合をディープに観戦するためのワンポイントプレビュー(リーグ第3節・FC東京戦)

月曜日に行った練習後のリモート取材では長谷川竜也選手が興味深いことを言ってました。

「公式戦を通して、自分たちをカスタマイズしていくことで、新システムになっての両方の良さを出していきたい」

新しく4-3-3システムに取り組んでいることに「カスタマイズ」というフレーズを使ったんですね。それが妙に響きました。

カスタマイズって聞きなれないほどの言葉ではないけど、どこか新鮮な響きもしますよね。僕はミニ四駆に夢中だった時によく使ってました・笑。

カスタマイズとは「既存の商品などに手を加えて好みのものに作り変えること」、あるいは「自分の理想通りに作り変える」という
意味になります。

現在、長谷川竜也選手は公式戦3試合で3ゴールと好調です。

まさにこのシステムで、チームを「自分の理想通りに作り変える」という作業も楽しくできているのかもしれません。

今日も注目ですね。

渾身のプレビューではもちろん、長谷川竜也選手のことも書いてます。

ラインナップのポイントはこちら。

■スタメン予想における3つのポイント

■機能性をより高めていくために中盤3枚が追求すべき仕事

■縦に速くなった攻撃において求められるバランス感覚

■対FC東京戦で必要となるマネジメント

を書いてます。あとは今季の僕も取材スタンスも。読んでいただけると、幸いです。

試合をディープに観戦するためのワンポイントプレビュー(リーグ第3節・FC東京戦)

鹿島戦のレビューもよろしくです。
ゲームはボールが作る。(リーグ第2節・鹿島アントラーズ戦:2-1)





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>