磐田戦プレビュー:目の前の相手に勝つということ。


どうも、いしかわごうです。

本日はジュビロ磐田戦。

今節は2位の鹿島アントラーズと首位・FC東京という直接対決、3位の横浜F・マリノスと4位のサンフレッチェ広島という上位陣の星の潰し合いがあります。フロンターレとしては、上位陣に食いついていくチャンスでもあります。

ただ、上ばかり見ていても、目の前の相手に勝てなければ、何も状況は変わりません。まずはこのジュビロ磐田からしっかりと勝ち点3を取ることです。

監督が変わり、外国人選手も補強している磐田ですが、脇坂泰斗はみんながよく知るあの選手を警戒すべき存在としてあげています。

「気になるのは嘉人さんが一番ですね。本当に怖い選手というか、良いところで受けて、嫌な場所に立って、そして得点も取れる。そうした選手が一番嫌ですね。それをやられたら嫌なので」

前節の大久保嘉人は、トップ下でボールを引き出して、前を向いて攻撃のスイッチを入れる役割を担ってました。得点を奪う能力はJリーグ歴代トップですから、要警戒です。

守備では、前からの奪うプレスと、ブロックを作って構えるときのメリハリですね。

「ディフェンスラインは誰が出てくるかわからないのでなんとも言えないですが、相手が後ろでボールを持っているときは、高い位置から積極的に取りに行くところは狙っていきたいです」

そうした試合の見どころは、ごうnoteで公開してます。ラインナップはこちらです。

1.「上のことばかりを考えずに、自分たちに目を向けて連勝することが必要」(阿部浩之)。田中碧の合流と、登里享平の復帰。そしてジェジエウの離脱。上位陣直接対決があるだけに、勝ち点3が絶対に欲しい一戦。指揮官が送り出す顔ぶれは、果たして?

2.「攻撃の起点を作らせないことと、チーム全体としてうまく守れるように。指示だったりポジショニングを取ったりで、うまくやっていけたらと思ってます」(山村和也)。警戒すべきは、攻めに厚みを生み出すルキアンの巧みなポストワーク。その形を作らせないために心がけたいこととは?

3.「メリハリはしっかりとつけないといけないかな」(小林悠)、「そこは時間帯や相手の配置を考えながら、両方できたらなと思います」(阿部浩之)。求められるのは、コンパクトな守備陣形。しかしコンパクトであれば、全てが良いわけではない。あなたは、その理由がわかりますか?

4.「ああいう形をゴール前で作れているのは、とても良いこと」(阿部浩之)、「もし自分が受けれなくても、そこに立つことで、他の選手が自分に食いついてくるし、他が空いてくる」(脇坂泰斗)。蘇ってきた川崎攻撃陣によるブロック崩し。人に対して食いつきがちな磐田守備陣を逆手に取って攻略せよ。

5.「あれは逆に自信になりました」。今季リーグ戦初先発濃厚のGK新井章太が口にした、失点したことで自信を深めたという逆説とは?

以上、5つのポイントで全部で約7500文字です。

試合をディープに観戦するためのワンポイントプレビュー(リーグ第26節・ジュビロ磐田戦)

なお、numberのコラムで脇坂泰斗について書きました。ぜひどうぞ。

脇坂泰斗は「とにかく、やりやすい」川崎で評判高い、心配りと泥臭さ。

ではでは。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>