Bリーグ開幕戦を観戦してきました。


どうも、いしかわごうです。

 今日はBリーグの観戦に。

今年はBリーグを見に行こうと決意していて、調べてみたら、ちょうど立川でアルバルク東京対サンロッカーズ渋谷の開幕戦が行われるとのことでいきました。

IMG_1289

 モノレールで立飛で降りると、会場が目の前に。
一時間ぐらい前に着いたのですが、窓口で当日券を求めると、指定席は完売。自由席を購入しました。人気ですね。

IMG_1292

 自由席でまったりと観戦。試合前からコート上では飽きさせないイベントや盛り上げがたくさん行われていました。今回は『東京喰種トーキョーグール:re』とのコラボをしていました。

ちなみにアルバルク東京のGMは、川崎フロンターレのプロモーション部で天野部長の片腕だった恋塚唯さんです。川崎時代には何度も取材させていただきました。最新のサカダイにも登場してますよ。

客層は、女性やファミリー層、特に小さい女の子が多かったですね。館内なので、小さい子のいる家族連れでも観戦しやすいのかもしれませんね。雰囲気もとても良かったです。

 試合は、あまり情報を入れず観戦しようと思っていました。
選手の知識もあまりなく、アルバルクで知っているのは、田中大貴、アレックス・カークぐらいの有名どころぐらいです。

 王者・アルバルクが勝つだろうと思いながら観戦していたのですが、どうにも主導権が握れません。アルバクルの選手はシュートがなかなか入らず。試合中は、見るからに体が重そうでした。聞くと、火曜日までバンコクでアジアの試合をしていて、10日間で6試合目だったんですね・・・そら大変だ。

IMG_1300

そんな中でも田中大貴、アレックス・カークはしっかり仕事をするし、あとは気を吐いていた馬場雄大が光ってましたね。

(こちらにも登場してました)

・・・・そういえば、昔、FC東京に馬場憂太っていたな。東京ヴェルディでもプレーしていたけど、とか思いながら、馬場雄大のプレーばかり注目して見ていました・笑。

 試合は最後の最後までわからないドキドキの接戦でしたが、最終スコア73-71でアルバルクが勝利。ホーム開催となった開幕戦を白星で飾りました。とても楽しい空間でした。

IMG_1305

試合後は、ららぽーとをぶらつける立地なのも良いっすね。

IMG_1306

 さて。サッカーの話題に。
フロンターレは、明日はカシマスタジアムで鹿島アントラーズ戦です。土曜日に他の試合も開催されており、2位・サンフレッチェ広島は、0-3で柏レイソルに敗れました。これによって、広島を突き放せる状況になりました。

今回のラインナップはこちらです。

1.「一人いないと全然違うゲームになるというチームは優勝できない」(阿部浩之)。家長昭博の出場停止と守田英正の復帰。模索していた前線の組み合わせと、気になる予想スタメンは?

2.「自分たちがやりにいくという瞬間の出力は高い。そこは鹿島だなと思う」(中村憲剛)。やるべきことが変わらない相手だからこそ、警戒しなくてはいけない。隙を見せずに、隙を突くために。昨年の覇者として示したい、「したたかさ」。

3.「サイドからうまくローリングして、中からマークのズレを生んだりするのがうまい」(車屋紳太郎)、「縦ズレと横ズレに関しては、試合をイメージした練習はできた」(谷口彰悟)。鹿島攻撃陣が作り出してくる「ズレ」にどう対峙するか。川崎守備陣に求められる連携と、個の対応力とは?

4.「相手のセンターバックもそうですけど、サイドバックが気になるようなポジショニングを取りながらやりたい」(登里享平)、「ノボリのポジショニングとかタイミングの良さは、シン(車屋紳太郎)も見習ってほしいところ」(小林悠)。鹿島戦で鍵を握る両サイドハーフの機能性。小林悠がノボリを絶賛する理由。

 以上、4つのポイントで冒頭部分も含めて全部で約7000文字です。読み応えありますよ。よろしくどうぞ。

試合をディープに観戦するためのワンポイントプレビュー(リーグ第29節・鹿島アントラーズ戦)

ではでは。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>