清水戦レビュー:鬼神のようだった谷口彰悟。


 どうも、いしかわごうです。
先週はIAIスタジアム日本平で取材。清水エルパルス戦でした。

IMG_0115

(ハーフタイムには花火もあがりました)

 試合は2-1で勝利。夏場のタフな戦いですが、我慢強く戦って逆転に成功し、そして逃げ切りました。

 予想通りというか、前半からフロンターレがボールを保持して、清水が構えて守る構図になりました。

 この展開で生きるのが、谷口彰悟と車屋紳太郎という、ボールを動かすのがうまいセンターバックコンビです。相手のプレスを一歩で外してサイドにつけたり、矢印を逆にとってはがしてボールを運んだりと、相手の2トップの脇にできるスペースを起点にして組み立てていきます。

 清水は前線の2トップでフロンターレのビルドアップを止めることができません。そこで清水の中盤がどう動くかですが、清水の二列目は、サイドハーフがかなり中に絞ってきます。

 中でもフロンターレが右サイドからビルドアップしようとするとき、清水の左サイドハーフであるミッチェル・デュークは、早いタイミングで中を閉めてきます。中に絞るというのは、言い換えると「外を捨てる」ということでもあります。

 そうなると、右サイドバックのエウシーニョが、ほとんどフリーの状態で高い位置を取れるようになります。サイドの高い位置で攻撃の起点を作れば、家長昭博や中村憲剛がサポートに寄っていき、数的優位を作って右サイドから崩せます。

 これが続くとミッチェル・デュークも、「そうはさせまい」と、早めに横に動いて谷口からエウシーニョに出るサイドのボールをカットできるポジショニングを見せますが、それを見た谷口は、今度は薄くなった中央に縦パスを通してしまいます。センターバックでありながら、「中と外の使い分け」が高いレベルでできる谷口の判断と技術はさすがでした。

 そして後半、逆転後から試合終了までは清水からサイドからのクロス攻撃を受けましたが、そこは谷口彰悟が鬼神のごとく跳ね返し続けました。それでいて、周囲にも気を配っていたようでした。車屋紳太郎には、なるべくサイドのカバーリングに出て行かず、最終的には中に合わせてくるので、そのクロスを弾くことを意識させたようです。

「できるだけシンタロウを外にいかせない。なるべくクロスをはじき返す。そこは意識してやっていた。ラインが引き過ぎてしまったが、そこは修正していかないといけない。あれ以上、失点はしたくない気持ちが強かったので、割り切ってやらしてもらった」

なにより、気持ちがこもっていました。非常に頼もしかったですね。

 ゲームレビューでは、谷口彰悟にもたっぷりと話を聞いております。

ラインナップはこちらです。

1.「すぐに切り替えて、点を取りに行く。それをみんなでやれた」(谷口彰悟)、「連続して失点しないこと。それは阿部ちゃんも全体に言っていた」(登里享平)。出鼻をくじかれた失点にも、慌てなかった選手達と、ドウグラスの突破力に苦慮した車屋紳太郎。

2.「そこは相手を見てやっていましたね。ミッチェル・デューク選手がどう守備をしているのか。その逆を取るのは常に意識していた」(谷口彰悟)。右サイドエリアでゲームメークし続けたCB・谷口彰悟。その巧みな判断と技術を読み解く。

3.「相手が使われたくないところを使えるか。今日はその一点だった」(中村憲剛)、「エウソンが高い位置を取るので、僕が中に入るし、逆のパターンもあった」(家長昭博)。相手を集結させて、逆サイドに展開して生まれた、狙い通りの同点弾。そして家長昭博が語る、右サイドにおけるエウシーニョとの関係性。

4.「落ち着いて決めることができました」(大島僚太)、「あそこで飛び出せるのは、3人になってからの産物。モリタとリョウタが交互に出ていくところがあった」(中村憲剛)。逆転弾は、大島僚太の凱旋ゴール。2試合連続でダブルボランチがゴール前の決定機に顔を出し始めたのは、しかるべき理由がある。

5.「あれ以上、失点はしたくない気持ちが強かったので、割り切ってやらしてもらった」(谷口彰悟)、「でも、その分、ボールを走らせています。相手を走らせていければいいので」(家長昭博)。鬼神のようにクロスを弾き返し続けたショウゴと、時計の針を効果的に進めたアキ。守備陣と攻撃陣の中心選手が見せた、リードしてからの割り切り方。

 以上、5つのポイントで冒頭部分も含めて、全部で9000文字のボリュームです。現地で取材して、試合をDAZNで見直してからこのボリュームと熱量のゲームレポート書くのは毎回大変なんですけど、ぜひ読んで欲しいと思います。

「あそこで飛び出せるのは、この3人になってからの産物」(中村憲剛)。集結からの展開で生まれた同点弾と、推進力を生かした逆転弾。2試合連続でボランチが決定機に顔を出し始めたのは、しかるべき理由がある。(リーグ第21節・清水エスパルス戦:2-1)

よろしくどうぞ。

おまけ。

IMG_0110





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>