天皇杯・水戸戦プレビュー:シーズン後半戦に向けて、新たな風を起こす。


どうも、いしかわごうです。

 本日はケーズデンキスタジアム水戸で天皇杯3回戦・水戸ホーリーホック戦です。J1のチームは、ワールドカップによる中断期間があったため、久しぶりの公式戦となりますね。

 この試合を迎えるにあたっては、どうしても話を聞いておきたかった選手がいます。

 小林悠選手です。
今は川崎フロンターレのキャプテンですが、ちょうど10年前の7月、彼は「水戸ホーリーホックの小林悠」でした。彼のキャリアの中で、この一ヶ月間だけ、別のJリーグチームのユニフォームを着ていた時期なわけですが、その古巣戦が10年後のこのタイミングで巡ってくるというのは、なんだか不思議な話です。そのデビュー戦を僕はたまたまスタジアムで観ていたんですけど、あれから10年ですか・・・と時の流れの早さも痛感しますね。

 Number Webのコラムで取材記事にしております。

 試合の見どころについては、ごうnoteのプレビューでたっぷりと語っております。再開初戦ということもあり、対水戸という側面よりも自分たちの変化を確かめる一戦になりそうですが、攻守ともにいくつかのポイントがあると思っています。

ラインナップはこちらです。

1.ちょっと意外な人選に込めた指揮官からのメッセージ。気になる予想スタメンは?

2.「どれだけボールを動かして、相手を走らせるか。相手の若さを出させたくないと思っている」(中村憲剛)。受けるのではなく、仕掛ける。一番のポイントは、ゲームの入り方にあり。

3.「自分も結果を出していかないと生き残っていけないと思っている」(齋藤学)、「練習では良い形で突破できているので、それを実戦で出したいという思いはあります」(車屋紳太郎)。改善が期待される左サイド攻撃。シーズン後半戦に向けた、新たな風を起こせるか。

4.函館キャンプで細部を詰めた、ボールの取りどころと距離感とタイミング。チームとしての守備組織と、後ろからのコーチングに注目されたし。

以上、4つのポイントで、全部で約6000文字です。よろしくどうぞ。

試合をディープに観戦するためのワンポイントプレビュー(天皇杯3回戦・水戸ホーリーホック戦)

 水戸のアウェイといえば、フロンターレが2004年にJ1復帰を決めたことでも有名ですが、このときは笠松でした。今日試合が行われるケーズデンキスタジアム水戸ではないんですね。自分もケーズデンキに行くのは久しぶりです。

ではでは。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>