大島僚太選手のコラム書きました(その2)。


 どうも、いしかわごうです。
昨日に続きの更新です。今回は、先日のNumber Webで書けなかったテーマで、大島僚太のコラムをnoteで書いてみました。

 それはフロンターレで大島僚太が成長した時期に指揮を執っていた、風間八宏前監督と鬼木達監督との関係です。どちらも大島僚太の成長に欠かせない人物だったと思っています。例えば、大島僚太の成長に対する密接なアドバイスとして、こういう証言がありました。

・「もっと遊びのパスを入れて相手を食いつかせるような駆け引きも意識してみろ」(風間前監督)

・「失点シーンでもリョウタにしか要求しないこともあります。『お前だったら、ここは止めないといけない』。そういう話は何回かはしました。」(鬼木監督)

 こうした証言の背景にある大島僚太の成長について書いております。有料記事にしてますが、よければどうぞ。

風間八宏と鬼木達。二人の指揮官は、大島僚太をどう成長させたのか。

ではでは。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>