広島戦プレビュー:「器用な選手なので、フリーにさせないように自分の間合いで対応したい」(登里享平)。キーマンとのマッチアップが続くノボリに注目。


どうも、いしかわごうです。

本日は、等々力でサンフレッチェ広島戦です。

IMG_8450 

「広島は守備が堅くなったイメージですね。前線もタレントが揃っている。警戒したいのはサイドの柏選手と川辺選手。サイドに推進力のある選手がいますね」(小林悠)

 かつての広島のような特徴的なシステムやスタイルはなくなりましたが、城福体制になり、どの選手もハードワークし、負けにくいチームになっている印象はありますね。リーグ戦はフロンターレと同じく3勝1分と負けなしです。

 攻撃では、まずは前線のパトリックを狙ってシンプルにロングボールを供給してきます。最終ラインからのフィードもそうですが、ボランチの青山敏弘選手もピンポイントで前線に供給。そこの対応がポイントですが、もう一つ気をつけたいのが、右サイドの川辺駿選手(体調不良により柴崎晃誠選手が先発との情報もあり)の存在です。

 昨年のホーム・ジュビロ磐田戦で2-5で敗れましたが、あの試合で2ゴールを挙げた選手です。
対峙する川崎フロンターレの左サイドバックは登里享平選手が予想されます。

 「器用な選手なので、フリーにさせないように自分の間合いで対応したい」とノボリ。今年はACLでフッキ、前節名古屋戦ではシャビエルと対戦相手のキーマンとなるプレイヤーとマッチアップしながら、見事に押さえ込みました。ここでも腕の見せ所ですね(詳しくはプレビューで掘り下げています)。

そのほか、「大島僚太の不在」というトピックもあるこの試合。試合の見どころは、プレビューでたっぷり語っています。

今回のラインナップはこちらです。

1.「オニさん(鬼木監督)の考えを信じてやるだけですね」と試合前日に語った小林悠。帰国した代表組の先発可能性は?気になる予想スタメン。


2.「相手を揺さぶりながら、中から行く。中から行きながら、サイドを使って広げて、空いたところにボールを運んでいく。そういうのができれば、より良くなると思う」。大久保嘉人が感じている、鬼木フロンターレの攻撃の変化と改善点とは?

3.「怖がって弱気になって引いてもダメだし、ボールに突っ込んでうまく入れ替わるのも避けたい」(谷口彰悟)。2試合連続完封中の熊本兄弟にとって、「試される相手」となる重戦車・パトリックとの対峙。過去2戦では表面化しなかった最終ラインの問題点を克服できるか。

4.「広島がどこを守ってどこが空いてくるのかを見ながらやれればいい。それはいつもと変わらない。不変です」(中村憲剛)。「大島僚太の不在」で迎える一戦で、ボランチに入るのは森谷賢太郎か守田英正か。それでもチームとしてはやるべきことが変わらない、いくつかの理由とは?

5.「器用な選手なので、フリーにさせないように自分の間合いで対応したい」(登里享平)。キーマンとのマッチアップが続くノボリ。広島戦では、昨年等々力で2ゴールを喫した川辺駿の機動力を封じ込む。

以上、5つのポイントで全部で約7500文字。試合前の移動や列待機中、スタジアムに入って暇なときなどにゆっくりと読んでみてください。

試合をディープに観戦するためのワンポイントプレビュー(リーグ第5節・サンフレッチェ広島戦)

ではでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>