神戸戦プレビュー:ポイントは「どこで戦うのか」にあり。「入るポイントや入りそうなボール、マークの外し方も多少なりとも掴んできていると思います」(谷口彰悟)。


神戸戦のディープなプレビューは、いつものようにごうnoteで公開しています。

どうも、いしかわごうです。

 本日は、ノエビアスタジアム神戸でヴィッセル神戸戦です。

 今日の試合のポイントになるのが、「どこで戦うのか」だと思います。というのも、ノエスタといえばピッチ状態が悪く、フロンターレが得意とする地上戦で苦戦を強いられることが予想されるからです。

もちろん、「ピッチ状態が悪いから地上戦で勝てませんでした」という言い訳をせずに、地上戦で攻略してしまう姿勢も大事ですし、そのことはプレビューでも書きました。ただそこで「だったら、空中戦で勝負しちゃおう」という、もうひとつの引き出しを徹底して使うのも手です。

なぜなら今年のフロンターレは、セットプレーによる空中戦もチームの武器になっているからです。前節清水エスパルス戦では谷口彰悟選手がセットプレーから、マークを外してニアサイドで頭で決めました。彼は今季5ゴール目で、DF登録の選手ではJ1トップの数字だそうです。

今年は二階堂悠分析コーチによるスカウティングと鬼木監督の指導もあり、セットプレーには入念に時間を割いてトレーニングしています。狙いがはっきりしている分、中村憲剛選手のボールもピンポイントで配給されており、なにより中で合わせる谷口彰悟選手もボールの合わせ方やマークの外し方もコツをつかんだような感じで飛び込んできています。本人にその辺を聞くと、やはり手応えを感じているようでした。

「セットプレーでこれだけ点を重ねられると自信もついてきますよね。入るポイントや入りそうなボール、マークの外し方も多少なりとも掴んできていると思います。そういうところを出し続ければ、相手も脅威に与えられていると思うし、セットプレーでもプレッシャーを感じさせることができるようになってきていると思います」

いつものような地上戦ができないのならば、空中戦で勝負して勝ち点3を持ち帰る。今日に関しては、そういうしたたかさがあってもよいかもしれませんね。

そして今日は、小林悠選手の誕生日です。
当然ながらバースデーゴールを期待したいわけですが、相手が神戸だけに、ふと、こんなことを考えてしまいました。

・・・・もしかしたら、神戸のユニフォームを着た小林悠にバースデー弾を決められる可能性もあったんだよな、と。

人生にもサッカーにも「たられば」はありません。でも、もし彼が去年、ヴィッセル神戸のユニフォームに袖を通す決断をしていたら・・・この神戸戦は、フロンターレサポーターにとって、まったく違う意味合いを持つゲームになっていたことでしょう。

 だからこそ、この試合に向けて小林選手に聞いてみたいことがありました。プレビューではそんなやりとりも書いています。試合前に読んでもらえると幸いです。

今回のプレビューのラインナップはこちらです。

1.「誰も足を引っ張ろうとしないし、一人一人がチームのために、という思いが強い。それがチームの良い方向に向かっている」。チームの手応えを口にする鬼木監督。連戦最後となる神戸戦に送り出すスタメン予想は?

2.「イレギュラーする可能性があるので、ボールを見過ぎてしまうシーンが増える」(車屋紳太郎)、「ミスはあるかもしれないが、それも頭に入れておけば問題ない」(阿部浩之)。悩ましいノエスタのピッチ状態。その逆境を、いかにして乗り越えるか。

3.「何をやってもうまくいかない時間帯もある。でも、そこでイライラしなくなってきている」(中村憲剛)。清水戦後半、劣勢の時間帯にチームが感じていた手応えを、神戸戦でも生かすべき理由

4.「ボールコントロール、パス、シュートの能力の高い選手。全体的に意識を高めて準備したい」。GKチョン・ソンリョンを中心とした守備陣は、ポドルスキをどう抑えるのか。

5.「サッカー選手として充実していると感じますね」。30歳の誕生日に迎える相手は、ヴィッセル神戸。去年の残留決断から、現在の小林悠がフロンターレで噛み締めているサッカーの喜びとは?

以上、5つのポイントで、冒頭部分も含めて全部で約7000文字です。よろしくどうぞ。

試合をディープに観戦するためのワンポイントプレビュー(リーグ第27節・ヴィッセル神戸戦)

ではでは。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>