天皇杯浦和戦プレビュー:板倉滉選手の、冷静と情熱のあいだ。







 どうも、いしかわごうです。

 本日は浦和レッズとの天皇杯です。主力にけが人が出ている状態なので、ガンバ戦とは違うメンバーがピッチに立つことになりそうです。

 注目は、板倉滉選手でしょうか。
今週のトレーニングでは、3バックの一角を担ったり、ボランチに入ったりと主力組でプレーする機会が多く、練習から存在感をアピールしていました。どうやら出番が巡ってきそうな様子で本人も気合十分です。

板倉選手自身は「後ろだとガツガツいけない、ボランチのほうが前に強くいけるし、良さが出せる」と、センターバックよりもボランチでのポジションのほうが持ち味が出しやすいという手応えがあるようです。

 練習を見ていると、185cmのネットと186cmの板倉滉というビッグマンのボランチが最終ラインの前に並ぶと、やはり迫力があるんですね。かつてのフロンターレの最終ラインには「川崎山脈」というフレーズがありましたが、このダブルボランチが並ぶと、さながら「大型防波堤」という感じがします。

 浦和といえば、ダイレクトパスやフリックなどを駆使しながら、あの手この手で、バイタルエリアを守っているダブルボランチを動かそうとしてきます。いかにその場所を空け渡さずに守れるか。そこは、この大型防波堤のミッションになりそうです。

 生粋のフロンターレサポーターだった板倉選手は、等々力でプレーできる試合では、特に燃えるタイプです。しかも相手は浦和レッズ。スタジアムもかなり埋まるはずで、自ずと高まってくることでしょう。「高まりすぎて空回りしないように、落ち着いて入りたいですね」と話してました。冷静と情熱のあいだ・・・といったところでしょうか(要は、いつも通り・笑)。

さて試合の詳しい見所は、いつものようにごうnoteで公開しています。

今回のラインアップはこちらです。

1.気になる予想スタメン。GKチョン・ソンリョンが復帰。「チームのために、最大限のことをしなくてはいけないときが来たと思っている」。

2.「ブスケスみたいな感じでやって欲しいですね」(田坂祐介)。ダブルボランチは、ネット&板倉による大型防波堤?大久保嘉人のボランチ起用はあるのか?

3.「自分の精度が高ければ、点につながると思っている」(三好康児)。浦和戦でのセットプレーが武器になる理由とは?

4.前線の攻撃はどうなる?使う側と使われる側の注目すべきポイント。

5.この一戦に臨む板倉滉の思い。「レッズ相手には絶対に負けたくない。等々力だし、負けてはいけない」

以上、5つのポイントで約5500文字となっております。板倉滉選手のこともたくさん書いておりますので、試合前にぜひ読んでみてください。

試合をディープに観戦するためのワンポイントプレビュー(天皇杯4回戦:浦和レッズ戦)

よろしくどうぞー。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>