鹿島戦レビュー:嗅覚ではなく、狙い通りのゴール。







どうも、いしかわごうです。

 本日は麻生取材に。
10月31日は中村憲剛選手の36歳の誕生日で、麻生の練習場には、駆け付けたサポーターがたくさん。
ここ数年は、ハロウィンを見ると憲剛選手の誕生日を思い出すのか、憲剛選手の誕生日でハロウィンを思い出すのか、どっちがどっちだがよくわからなくなってきますけど、憲剛選手の誕生日が来ると、シーズン終盤を実感するのも事実であります。これはフロンターレあるあるですね。

 ロッカーでは誕生日をまるで把握してなかった車屋紳太郎選手から「タンプレ、欲しいですか?」と聞かれたという話をしていて、そうか、若者は誕生日プレゼントのことを「誕プレ」と略するのね・・・と知った次第でございます。

https://twitter.com/kengo19801031/status/792963738752028672

36歳、おめでとうございます!

—-

 先週末の試合のことも少し。

img_7740

カシマスタジアムで鹿島に1-0で勝利しました。

 興味深かったのは決勝ゴールのシーンですね。
今日の練習後に森本貴幸選手にこの得点場面について、少し詳しく掘り下げてもらいました。エウシーニョが抜けた瞬間に、ゴール前のでの動き出しをしています。そのときのポジショニングについて聞くと、こう明かします。

「最初、(パスをもらおうと)DFの前に入ろうと思ったんです。でもエウソンがシュートのモーションに入った。だいたいファー(サイド)に打つので、この辺にボールがこぼれるだろうと予想していました。そこで、こぼれてきてくれた」

 なるほど。エウソンのシュートの癖を踏まえた位置取りだったんですね。
よくストライカーがこぼれ球に合わせて点を取ると、「嗅覚」という表現で片付けられますけど、すべて計算通りだったというわけです。だから、こぼれ球にもしっかり準備できていたし、冷静に流し込むことができたというわけです。準備が大切、ということですね。

 試合の詳しい分析は、いつものようにごうnoteで公開しています。あれだけ苦戦の理由や、その改善策なども含めて語っています。

今回のラインナップはこちらです。(※10月31日に大久保嘉人と森本貴幸の談話を追加しました)

1.対4バックの試合で露呈している3バック問題とは?

2.「もっと厳しいところでもボールに顔を出して受けて、落として、動いて3人目という形をもっと多くできないと」(田坂祐介)。分断されていた「自分たちの距離感」。その原因と改善策は?

3.あらためて考える。試合前に大久保嘉人が口にしていた「中盤のチームになっている。FWが黒子に徹している」という言葉の意味。(※10月31日・大久保嘉人の談話追加)

4.得点シーン解説。「エウソンからのボールが絶対にこぼれてくると思っていた」(森本貴幸)。そして中、外、中の攻撃のリズムを生み出したプレーメーカー・大久保嘉人。(※10月31日・森本貴幸の談話追加)

5.「ウチにはすごいFWがいるので・・・・その人たちのおかげです」。2試合連続完封・新井章太が周囲に感謝するワケ。

以上、5つのポイントで約7000文字です。10月31日の練習後に、大久保嘉人と森本貴幸の談話を追加しましたので、読み応えもあると思います。よろしくお願いします。

「理想の形ではなかったけど、守備陣が我慢しながら、したたかに勝ち点3を拾えた」(田坂祐介)。分断されていた「自分たちの距離感」と、それでも勝つ粘り強さ。(リーグ2nd第16節・鹿島アントラーズ戦:1-0)





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>