神戸戦プレビュー:「相手の守備をはがしていく楽しさはありますね」。ハイプレスを仕掛けてくる神戸相手だからこそ注目して欲しい、CB田坂祐介の「運ぶ」という判断と「浮かす」という技。







 どうも、いしかわごうです。

 本日はアウェイでヴィッセル神戸戦ですね。

チケットは完売。満員のスタジアムが予想されますね。

試合のディープな見どころは、いつものようにごうnoteで公開しております。

 約7000文字のプレビューなので、読み応えは十分だと思います。

この試合のキープレイヤーとしては田坂祐介選手を挙げておきます。

 神戸はハイプレス&ショートカウンターのスタイルのチームです。高い位置から神戸が前傾姿勢でボール狩りをしてくるでしょうし、中盤で起点になる中村憲剛選手、大島僚太選手、エドゥアルド・ネットには、敵将・ネルシーニョが厳しく監視をしてくると思います。

 そこで生きてくるのが、3バックの一角・田坂祐介選手というわけです。

〔4-4-2〕システムで前線から圧力をかけられたとき、3バックの両端のセンターバックが構造的に「浮きやすい」というのもあるのですけど、彼は相手のプレッシャーにも落ち着いてボールを回せますし、彼はプレースタイル的にドリブルでスルスルとボールを「運ぶ」ことができます。

この「運ぶ」という判断がポイントで、これを実行して相手の守備組織を適切にはがせるセンターバックがいると、相手のハイプレスに対して、後手のビルドアップがグッと機能しやすくなります。

 そして、彼はフリーでボールを持てばラストパスも出せますからね。
前節横浜F・マリノス戦では2アシストを記録してますからね。こういった部分を詳しく読みたい方は、ごうnoteのプレビューのポイント3を読んでみてください。

“3.「相手の守備をはがしていく楽しさはありますね」。ハイプレスを仕掛けてくる神戸相手だからこそ注目して欲しい、CB田坂祐介の「運ぶ」という判断と「浮かす」という技。”

 田坂選手は守備面でもキーになると思います。
マッチアップするのは、おそらく左サイドハーフの渡邊千真選手になる。神戸ではサイドハーフで起用されますが、川崎フロンターレ戦では点を取ることが多いストライカーです。1stステージの対戦でも、彼にフリーキックを決められています。

 二人は同世代で(田坂選手が1歳上)、互いに大学サッカー出身です。

「高校の時から対戦してますよ。(前節にマッチアップした齋藤学とは違い)ドリブラーではないですね。体が強くて、意外とスピードもある。走力と体力もあるし、シュートもうまい。ペナ(ルティエリアの)外からワンステップで打ってくるので、その対応は意識しないといけない」(田坂祐介)

 田坂祐介と渡邊千真。エリアの局面で、どちらが主導権を持って試合を進めているか。ぜひ注目してみてください。

今回のごうnoteのラインナップを紹介しておきますね。

1.気になる予想スタメン。神戸戦でゴールマウスを守るのは誰?

2.「自分たちも即興だから、相手も守りにくい」(中村憲剛)、「ヨシトさんが自由にやるだろうし、相手の脇でボールを受けてくれると思ってます」(大島僚太)。ワントップ・小林悠、シャドー・大久保嘉人の配置は、前線の最適解になるか。

3.「相手の守備をはがしていく楽しさはありますね」。ハイプレスを仕掛けてくる神戸相手だからこそ注目して欲しい、CB田坂祐介の「運ぶ」という判断と「浮かす」という技。

4.「(クロスを)あげるのではなく、高さを使うというのはどういうことかと言うと、本当に点を使うこと。空中はどフリー。そこにボールを置く」(風間監督)。前節は横浜FM守備陣からクロスからのヘディングで2ゴール。「高さで解決しない」から、「高さも使って解決できる」に変化している攻撃陣の進化とは?

5.「ゲームの入り方と終わり方を全員でひとつにしたい」(大島僚太)、「やることをやらないと勝てないよ、というのを教えて貰った」(谷口彰悟)。完封にこだわりたい一戦。

以上、5つのポイントで約7000文字です。試合の見どころをたくさん語っています。興味ある方は読んでみてください。

試合をディープに観戦するためのワンポイントプレビュー(リーグ2nd第14節・ヴィッセル神戸戦)

よろしくどうぞ。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>