日本×パラグアイ。


 2002年のトルコ戦のような不完全燃焼感はなかった。スコアレスでの敗退だったけど、やり切った感はすごくありました。

 駒野選手を責めることはできません。
ロベルト・バッジォだってはずすのが、ワールドカップのPK戦なんだから。

 例えば07年のアジアカップ、オーストラリア、韓国とのPK戦で、彼がしっかり決めたことを覚えている人はどれだけいるだろうか。誰かがはずさないと決着がつかない。そしてはずした選手だけが記憶に残ってしまう。PK戦なんて、そんなもんだ。

 それよりも彼は試合中、守備のタスクを忠実に果たしながら、攻撃にも出ていくという激しい上下動を、120分間やり続けた。日本代表の右サイドバックにふさわしいパフォーマンスを見せてくれたことを評価したい。

・・・フロンターレの選手たちについては、語ることが多過ぎますね。頭が整理してから、またの機会に。

 日本サッカー史上初のベスト8進出はなりませんでした。
4年後はブラジル大会の決勝トーナメントのベスト16から始まるわけではありません。ここにたどり着くには、まずはアジア予選から一歩ずつ勝ち抜いていかなければならない。そしてまたその壁に挑むには、選手もクラブも、サポーターもメディアも、もっともっと成長していく必要がある。

 幸いにも、僕ら日本人にはJリーグがある。長谷部選手が、Jリーグのことに触れてくれたのが、なんだかうれしかった。まずはこの日常からコツコツやっていきたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>