このプレーだけで白米で3杯はいける、三好康児選手の柔らかすぎる絶妙トラップ。







 どうも、いしかわごうです。

 昨日のナビスコカップ第3節・アルビレックス新潟戦は5-0で大勝。

大久保嘉人選手と森本貴幸選手が不在で、小林悠選手がベンチスタート。「一体、どうやって得点を奪うんだよ?」と思ってましたが、フタを開けてみれば、今季最多となる5ゴールが生まれました。

 なぜ大量得点を呼び込めたのか。

 今回の深堀りレビューでは、その背景について読み解いてみました。
三好康児選手の「ゼロトップシステム」が効果的にハマったこともそうですけど、「なんでセットプレーで2得点を決めることができたのか」も考察しています。キッカーをつとめた狩野健太選手が、去年、柏レイソルで吉田監督のもとでプレーしていたこととの因果関係が結果に影響していたのは、取材していても「ほぉー」と思いましたね。

ラインナップはこちらです。

1.三好康児の「ゼロトップシステム」が面白いようにハマった二つの理由とは?

2.セットプレーから2得点。見事だったキッカー・狩野健太の蹴り分け。「あれは去年のレイソルの守り方。だから、リキのところが空くのもわかっていました」。

3.勝利を決定付けた4点目。エロ過ぎる三好康児の柔らかトラップからシュートまでの一連の流れを深堀り解説。

4.鬼門・ビッグスワンでの大勝劇を呼び込んだのは、みんなのギラギラ感!?

5.今季4試合目の無失点試合。「5-0と5-1じゃ違う」と語る、奈良竜樹のこだわり。

 
個人的には、後半、勝利を決定づける4点目の場面、抜け出してシュートを放った三好康児選手の絶妙なトラップにしびれました。いやー、あれはエロいですね。あれだけでご飯のおかわり、白米で3杯いけます・笑。その一連のプレーもたっぷり解説していますよ。ゴールを決めたのは橋本晃司選手なんですけどね。彼がなんであんなに素早くこぼれ球に詰めていたのか謎だったんですけど、「三好、○○と思ってました(笑)」と明かしてくれて爆笑しました。

約4500文字です。興味ある方は読んでみてください。
ワンポイントレビュー:セットプレーから2得点。見事だったキッカー・狩野健太の蹴り分け。「あれは去年のレイソルの守り方。だから、リキのところが空くのもわかっていました」。(ナビスコカップ第3節・アルビレックス新潟戦:5-0)

 新潟戦で残念だったのが、小宮山尊信選手の負傷です。
今日、スタッフに付き添われてクラブハウスを出る際、心配する記者陣に対して「足がなくなったかと思いました」と負傷場面を振り返っていましたが、少なくとも軽症ではなさそうです。検査結果が出るまでは正確なことはわかりませんが、1日も早く良くなって欲しいと思います。

一方、同じく途中交代したノボリはつっただけだった様子。

彼も久しぶりの出場でしたからね。これからは90分プレーして欲しいです。

Amazonの在庫は復活しています。増刷も決まり、絶賛発売中ですので、どうぞよろしく。

電子書籍も出ました。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>