大島僚太選手にロングインタビューしました。







 どうも、いしかわごうです。

昨日の話ですけど、大島僚太選手のロングインタビューでした。

IMG_6321

 写真からわかるように、今年からつけている背番号10番に関して、根掘り葉掘り聞かせてもらった内容です。すでに何万回も聞かれた質問もあったと思いますけど、そんな中でも「これは、どこにも話してないんですけど…」というレアなネタを、本人から引き出すことができて満足です。いやー、超意外でした。

 フロンターレの背番号10ということで、ジュニーニョとのエピソードも聞いてみました。
実は大島選手が新人として入団した2011年というのは、ジュニーニョのフロンターレラストイヤーだったシーズンでもあるんですよね。同じピッチで一緒に立ってプレーもしています。大島選手にジュニーニョについて聞くこともなかったので、なかなか興味深かったです。

 クラブハウスで使ってる日常的なアイテム(例えば、プロテインのシェイカー)とかも背番号が書いてあったりするんで、背番号が変わるとそれも買い替えたりするらしいので、雑談的にそんな話も聞いてみたんですよ。

そしたら、「そうでもないですよ。だって、これとか30ですから!」と足をひょういと上げて、愛用のサンダルに刻印されている数字を見せてくれました。

・・・30番って!??せめて16番でしょうが!!

「大島さん、一体、何年前からずっと履き続けてるんすか・笑。サンダルぐらい新しいの買ってください!」と突っ込んでしまいましたよ。そして「背番号10をつけるので、年俸も10倍にしてください!って、庄子GMに言えばよかったじゃないですか?」と無茶振りをしたら、「・・・言えないですよ」と一言。

・・・庄子さん、大島選手の年俸をアップしてやってください・笑。

掲載メディアについては、また告知しますね。どうぞ、お楽しみに。

開幕戦広島戦に関する試合の振り返りとして、ディープなレビューを書いてみました。

ワンポイントレビュー:小林悠の決勝点に見る去年との明確な違い、あなたはわかりましたか? (1st第1節サンフレッチェ広島戦:1-0)

 主に、この3つのポイントについて、掘り下げて語ってます。

1.なぜ無失点試合ができたのか。ミーティングで風間監督が選手に強調した、意外な指示とは?
2.前半13分、大島僚太が出したエロすぎた浮き球パス。アイディアのヒントは、ここだった!
3.小林悠の決勝点を振り返る。去年との明確な違いがあったのを、あなたはわかりましたか?

実験的なものなので、今後も続けるかどうかはみなさんの反応次第です。

「そうだったのか!」とか「へぇ」と思ってもらえることを意識して書いてみたので、興味ある方に読んでもらえるとうれしいです。

よろしくです。

こちらはオリジナルコラムです。
・「僕、パサーじゃないんですよ」。9割の人が誤解している、大島僚太のプレースタイルの真髄を語ってみた。

一言解説:U-23日本代表として注目を浴びているけど、「中村憲剛二世」というフレーズがあったり、どうも周囲の評価に違和感を覚えていたので、エッセイ的なコラムとして書いてみました。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>