大島僚太を饒舌にさせるにはコツがある!?







どうも、いしかわごうです。

 今日は何と言っても、U-23日本代表の話題ですよね。
リオデジャネイロ・オリンピックを目指す若き代表。決勝トーナメント準々決勝でU-23イラン代表と激突します。ここで勝っても切符が手に入るわけではないですけど、負けたら終わりです。しびれる試合になると思います。いやぁ、こういうヒリヒリ感が良いですよね。

なお午後10時半キックオフということで、同時刻オンエア開始の「ファイフロ」と思いっきりかぶるんですけど、番組スタッフ自ら「ファイフロは録画」を推奨しておりました・笑。

 試合に向けては、色々な情報を見る限り、大島僚太は先発出場する可能性がありそうですね。

 サウジアラビア戦では見事なロングシュートを決めて、試合後のインタビューにも呼ばれていました。「ちゃんと話せるかな?」とドキドキして中継を見守っていた方も多いかもしれないですけど、大島選手はしっかり話せる選手ですよ。もちろん、新2番の選手ほど饒舌ではないですけどね・笑。

 ちなみに。
番記者として「大島僚太を饒舌にさせるコツ」を明かしましょう。

それは有名人の話題です。

意外とミーハーなんですかね。

興味ある芸能の話題だと、どこかのスイッチが入っちゃうのか、高めのテンションで語ってくれますね。

 例えば、あるときに渋谷で俳優の平岡祐太さんとか、アーティストの加藤ミリヤさんを見かけたときの「プチリポート」なんて、すごく一生懸命語ってくれて、こっちがビックリしちゃいましたからね。

去年だと、等々力でのホームゲームにはいろんなゲストが来たじゃないですか。
ウルトラマンセブンとか仮面ライダー、戦隊モノのヒーローなんかも来場したんですけど、そこらへんを聞いても「・・・いや、小さい頃、見ていなかったんですよ」とわりと塩対応でした。

それが株主優待の桐谷さんが来るときは、「知ってます!知ってます!」と、食い気味でノッてきましたからね・笑。
そして「あんなに時間カツカツで・・」と忙しく過ごしていることや、「チャリをぶっ放して・・・・めっちゃ速そうですね」と笑ってすごく楽しみにしておりました。

試合後はちゃんと桐谷さんとツーショットにも成功。
IMG_3488
(※マッチデープログラムに掲載してました)

「大島僚太、意外とミーハー説」はあるかもしれないですね。

さてと。
ここからは宣伝です。本日、「note」でも大島僚太について書きました。サウジアラビア代表戦を引き合いにプレースタイルについてです。

「僕、パサーじゃないんですよ」。9割の人が誤解している、大島僚太のプレースタイルの真髄を語ってみた。

コンパクトな分量(約2000文字)で、コラムというよりはエッセイっぽい感じで読めると思います。無料では公開したくない中身なので、有料にしております。興味ある方のみ、購入してみてくださいね。

なお、大島選手がしっかり話せる選手になった理由は、メルマガのバックナンバーに書いております。

第2号:「中村憲剛選手の優れた言語化能力の話」

彼が変わったきっかけは、こちらをどうぞ、ということで。

ではでは。今日はこのへんで。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。





こんな記事もどうすか?