大島僚太の「・・・えっ、伝わりますか?」という言葉に隠されたもの。






どうも、いしかわごうです。

 本日は麻生取材に。
早朝はやや曇りっぽい天気だったんですけど、麻生に着いたら、すっかり晴天に。久々の猛暑でしたわ。練習見学中に、ミネラルウォーターを1本飲み干しました。みなさんも、夏に麻生に来る際はご注意を。

 さて。
明日からセカンドステージ開幕戦です。ドルトムントとの試合を通じて感じた刺激は、選手にとってたくさんあったようで、今日の紅白戦でも、ところどころに選手同士の球際の激しさが出ており、チーム全体としてピリッと締まっている印象です。

 練習後、大島僚太に聞くと、「開幕前にレベルの高いチームと対戦できたことで、向上心であったり、悔しい気持ちが出ているし、チームとしての士気も高まってきていますね」と、彼にとっては珍しく気持ちの部分の変化を言及していました。

 思わず、「あの練習での士気の高まりは何ですか?自然と出てきたもの?」と聞くと、「・・・えっ、伝わりますか?」と逆に驚いていたようでした。

・・・えぇ、伝わりますとも。
あのドルトムント戦を経て、フロンターレの選手の中では何かが変わり始めています。それは無理に表現しようとするつもりはなくても、選手達からこぼれ出てしまっているものなのでしょう。言葉で説明にしにくいので、その変化が一体何なのか。ぜひスタジアムに足を運んで、自分の目で観て選手達の変化を確かめてみてください。

 ちなみに明日もイベント企画が盛りだくさんです。始球式はウルトラセブンが行います。
・・・・ってなわけで、大島僚太に「明日、始球式をウルトラセブンがやるんだけど・・・」と話を振ったのですが、彼は怪訝な顔をしていました(以下、こんな会話)。

大島「なんですか?ウルトラ・・・・セブン?」
ごう「・・・あっ、ウルトラマンのことね」
大島「ウルトラマンすか!」
ごう「大島さんって、好きな怪獣とかあったりするんですか?」
大島「・・・無ですよ、無!」
ごう「無ですか。世代じゃない?」
大島「そういうレンジャーもの(戦隊もの)とかも全然観ていなかったんですよ」
ごう「仮面ライダーとかも?」
大島「はい!桐谷さんほどじゃないです」

・・・と、ここで唐突に先日来た桐谷さんの挙げる大島くん。あなた、桐谷さんでどんだけテンション上がる人なんすか。

 僕の好きなメトロン星人も来るんすよね・・・ちょっと楽しみだ。

ではでは。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>