ナビスコカップ横浜FM戦〜中盤でボールを握ったことで躍動した、両サイドのハードパンチャー。



スポンサードリンク




 どうも、いしかわごうです。
ナビスコカップ横浜Fマリノス戦は2-1で勝利。

IMG_6569

 まずは勝って決勝トーナメント進出に可能性を残したことが一番です。
大久保嘉人、レナト、小林悠、大島僚太・・・と前線にレギュラー陣が少ない状態でしたが、メンバーが代わった中でも、出ていた選手が強い意志を発揮して、自分のやるべきことをやっていた印象です。もちろん、鳥栖戦に続き、リードしながらもゲームをクローズできずに追いつかれる展開を許した試合運びは反省点ですが、そこで選手が気持ちを落とさずに、ちゃんと勝ち切ったのは収穫であり、ここ最近の成長だとも思います。

 試合については、マリノスがメンバーを落としていたことも踏まえての考察になるんですが、開幕戦もしかりで、モンバエルツ監督は、中村憲剛に対するプレッシャーをさほど厳しくして来ないですね。フロンターレとしては「中盤でいかにボールを握らせないか、という相手の対策にどう対応するか」という解決策を見出だしている最中なので、そもそもの前提である「中盤でいかにボールを握らせないか」をしてこないので、フロンターレがかなり楽に中盤でボールを握れる展開に持ち込みました。富澤清太郎と佐藤優平のダブルボランチが果敢に圧力をかけてましたが、サイドハーフとツートップが連動しません。特に前線の伊藤翔とラフィーニャの2枚は、攻め残りをしているため、中盤の守備にあまり関与しません。

 中盤でボールを握れたことで、今度はフロンターレの[3-4-3]システムの利点が生きています。それは、ウィングバックが高い位置でサイドから相手を押し込む形です。こうなれば、両サイドの「ハードパンチャー」が躍動します。左サイドからカットインした小宮山尊信の「小宮山ゾーン」、そして右サイドのエウシーニョは、切れ込んだミドルシュートからゴールネットを揺らして先制に成功しました。

・・・にしても、エウシーニョは点を取るサイドバックですね。
「相手の選手にぶつかって角度が変わったが、どういう形であってもボールをゴールに入れることが重要だと思っている。そしてチームが勝つのが一番だと思っているんだ」と本人。チームのリズムの中では、いまだにちょっと異分子な印象を受けるのですが、それが良い結果を生んでいる気がします。これでナビスコカップ3点目ですからね。今年のナビスコカップの得点王、狙えるんじゃなかろうか・笑。

 一方で、中央の崩しはやや物足りなかったかもしれません。ワントップの杉本健勇がやや孤立気味だった印象ですし、ツーシャドーに入った船山貴之と三好康児も、中盤やサイドのサポートに忙しく、なかなかボックス内まで入って行けませんでした。ただ両者とも相手の間でボールを受けたり、味方からパスを引き出す技術の高い選手ですし、守備に切り替わったときのハードワークもかなり献身的にやってましたね。チームとしては十分な働きを見せていたと思います・・・にしても、三好のロングシュートは凄かった。CKまでの間、スタジアムも、ざわつきました・笑。ああいう「予想を裏切る一撃」と言いますか「何かに縛らないプレー」というのは、もしかしたら風間監督が一番好みなプレーなのではないでしょうか。

 個人的なMOM(マンオブザマッチ)に挙げたいのは、武岡優斗です。
まずは攻撃面では、エウシーニョの先制点のお膳立てですね。自らボールを持ち運んで高い位置まで攻め上がり、さらに縦に抜ける動きをすることで相手の守備陣を引っ張ったことで、エウシーニョがミドルシュートを打てるエリアを作っていました。気の利いたフリーランです。

 守備面では、終盤にタッチライン際の1対1やゴール前の局面で強さを見せて、決定機を未然に防いでいました。あそこで「バチン」と止めて時間を作ってくれたり、マイボールにしてくれると、その後の試合展開がまるで違いますからね。劣勢の展開では、武岡優斗が見せる球際での強さには頼もしさがあります。

 前節はサガン鳥栖との古巣対決でしたが、横浜FCでも長くプレーしてましたから、このミツ沢は思い入れのあるスタジアムだったようです。「今年は、自分にとって初めてのスタジアムが多いんですけど、ここは気持ち的にもやりやすかったですね。ロッカーは逆なんですけど、雰囲気は慣れ親しんだものだったので」と、はにかんでました。目立つ仕事はするタイプではないですが、とても重要な役割を担っている選手だと思います。

 試合後のミックスゾーン。
コミを取材していたら、横を通った鬼木コーチが、「小宮山、何か偉そうに語ってない?」といわんばかりの表情で、こちらをみてニヤリ。コミにとって鬼木コーチは、市船の大先輩ですからね。鬼木さんに気づいたコミが「話しにくいわー」と苦笑いしていると、鬼木コーチから「まっ、今日ぐらいはいいか」と一言。市船の大先輩の許可を経てことで、たくさん語ってくれました・笑。復帰戦、しかも古巣相手の勝利は格別だったみたいです。

 ではでは。来週の仙台戦は正念場ですが、その前に週末のリーグ戦ですね。キツい連戦ですわ。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。


スポンサードリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>