どれだけ意志を発してプレーできるか:三好康児「守備でも攻撃でも、自分でアクションを起こしてプレーすること」。



スポンサードリンク




 どうも、いしかわごうです。

 本日は三ツ沢でナビスコカップ・横浜Fマリノス戦です。

 モバフロでもすでに紹介されたように、ミヨッシこと三好康児が先発出場となりそうです。出場すれば、ナビスコカップ・神戸戦に続いて2試合目の先発となります。

「ナビスコの神戸戦では何もせずに終わってしまったので」と本人。神戸戦では持ち味を出す場面はないままハーフタイムで交代と、ほろ苦いプロ初先発となりました。その反省を踏まえて、この試合のテーマを聞くと、「守備でも攻撃でも、自分でアクションを起こしてプレーすること」と口にしていました。良い心がけだと思います。彼はまだまだまわりを使うプレイヤーではありません。ならば、ピッチ上でハッキリと自分の意志を出してプレーすることで、まわりの先輩達にうまく”使ってもらうプレイヤー”になることが持ち味を出す術ですからね。

 ポジション的には、2シャドーの一角でプレーすると思います。特筆すべきは、相手の間でボールを受ける技術、ディフェンスラインの背後に抜ける動き、そしてペナルティエリア内での仕掛けですね。「前を向いたときの1対1は得意だし、自分の形になれば崩せるという自信はあります」と宣言しておりました。こういったプレーを引き出すアクションを、どれだけピッチで表現できるか。そこの意志を見たいと思います。

「ミヨシは、18歳らしくフレッシュにやって欲しいね。ゴールを決めることができる選手だし、18歳だけど、あれはすばらしい技術。ミヨシが良いプレーをすればチームも乗るし、サポーターも盛り上がるだろうし」と中村憲剛も期待を寄せておりましたよ。

 ちなみに三好康児は三ツ沢でプレーしたことはないのだとか。「三ツ沢は初めてですね。補助グラウンドでプレーしたことはありますけど」と話していました。ちょっと意外ですねぇ。

 そしてもう1人。小宮山尊信の復帰戦にもなりそうです。
マリノス戦で出番が巡ってくるあたりはさすがですね。「古巣なので相手は意識してますよ」と言いつつも、「チームの勝ちが大事なので、それに貢献したいですね。個人的にも、頑張らないといけないときだと思ってます」と、個人としての危機感をにじませていました。

 久しぶりの出場なので、「冷静ではないですよ」とニヤリ。森谷賢太郎によれば、昨日の練習前に入ったお風呂で2人で「頑張ろうぜ」的な励まし合いをしたのだとか・笑。コミヤマゾーンからの一発に期待したいと思います。

 来週のベガルタ仙台戦を消化試合にしないためにも、勝って臨みをつなげたいところです。

ではでは。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。


スポンサードリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>