本日の麻生取材。



スポンサードリンク




どうも、いしかわごうです。

 本日は麻生取材に。
ケガ人もやや目立ち始めている中で、大久保嘉人選手、杉本健勇選手、谷口彰悟選手の3人が日本代表候補合宿で不在なので、さすがに練習の人数が少なく感じましたわ。ただ中村憲剛選手はすでにランニングを開始してましたから、週末は間に合いそうです。

 練習後の取材こぼれ話。
選手を取材していても、ついつい先日初完封を飾った新井章太選手の話題になります。そして聞いていて爆笑してしまったのが、中村憲剛選手の話でした。それはフロンターレで初めて新井選手に会ったときのエピソードです。

 新井選手といえば、国士舘大学卒後に練習生を経て入団した東京ヴェルディで2シーズン出場機会がなく、戦力外からトライアウトを経て、翌年に川崎フロンターレの一員になりました。大卒で、プロのキャリアが2年ほどだったので、フロンターレに移籍してきたと当時の年齢は、まだ24歳でした。

 一方、J2で出場経験のなかった新井選手の存在を知らなかった憲剛選手。
その貫禄ある風貌を見て、きっと控えGKとして数々のクラブを渡り歩いて来たベテランタイプでだろうし、おそらく自分より年上っぽいので、新井選手に敬語を使って話そうと考えていたのだとか・・・・!!!!

 でも実際にきくと、かなり年下であることが判明・笑。
当時の憲剛選手は32歳ですから、新井選手の年齢を聞いて、「えぇぇぇーーーー!!?」と、ズッこけそうになったそうです。大卒でプロキャリア3年目(Jリーグ出場経験なし)の24歳に敬語を使おうとしていた、大卒でプロキャリア11年目の32歳の日本代表という構図がめっちゃ面白いですよね。

そういや、ピックアップアッププレイヤーの取材でも、フロンターレに入ったばかりの頃、“日本代表の中村憲剛に挨拶に行くと「年上っぽく見える」と笑われた ” ってエピソードを書きましたわ。

 入団時、中村憲剛に年上だと思われて敬語で話しかけられそうになる・・・ある意味、新井章太伝説ですよ。

ではでは。
今日はこのへんで。

「川崎フロンターレあるある」にも新井章太ネタは、きっちりイラスト付きで登場しますよ。
IMG_2440

 今月22日に川崎フロンターレ特集のムック本が発売されます。僕も原稿をいくつか執筆してます。


スポンサードリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>