「本当にあの姿を見て励まされたんですよ。自分ももっと頑張ろうと思いました。今度は逆に自分がその姿を見せたいですね」〜新井章太がこの名古屋グランパス戦に燃えている理由。



スポンサードリンク




どうも、いしかわごうです。

 本日は名古屋グランパス戦です。
3月のナビスコカップでの対戦では、3バックの両脇にできるスペースにロングボールを蹴り込まれて、そこに前線の選手を走らせる攻撃を執拗に繰り返されました。スピードのある永井謙佑などは、追いかけっこからでもチャンスが作れますし、そこでチャンスが生まれなくても、ロングボールを回収したときにフロンターレの選手間の距離を分断できるので、とりあえず、リズムを崩せるというわけです。

 今回もその傾向は強いと思います。
そのあたりの意識を後ろの選手に聞いたところ、「名古屋は困ったらスペースにロングボールを蹴って来る印象がある。後ろの3枚でそこを守ることになるので、誰がボールに競って、誰がカバーするのかをハッキリさせること」と谷口彰悟。広島戦での失点を踏まえてでしょうか。まずは後ろ3人の関係により神経を研ぎすませているようです。

 一方で角田誠は、「セカンドボールを拾うことに力を入れること。中盤の選手は頭を越えられるボールが多くなるので、自陣に戻る意識を持って欲しい」とロングボールを競り合った後のボールに対する意識について触れてました。セカンドボール争いは、ひとつポイントになりそうです。

 そして公式戦2戦目を迎えるGK新井章太。彼は今回の試合をとても楽しみにしていました。

 というのも、相手チームには自分のプレーぶりを見せたい大先輩がいるからです。それは名古屋のGK高木義成。国士舘大学から東京ヴェルディで長くプレーしていた彼は、新井章太にとって大先輩なのです。プライベートでも親交があるようで、日頃からときどきお世話になっていると言っていました。

 実は3月に対戦したナビスコカップで名古屋のゴールマウスを守っていたのは、楢崎正剛ではなく高木義成でした。試合前には高木義成から「頑張るから」と連絡が来たそうです。開幕から名古屋は低迷してましたが、その試合では見事にフロンターレに勝利。チャンスが来なくてもセカンドキーパーとして常にチームの雰囲気を盛り当てて、いざ出番が来たら、しっかりと勝ちに貢献する。相手側のゴールマウスを守っていた大先輩の姿に大きな刺激を受けたと明かしていました。

「義成さんはあれだけキャリアがあるのに、セカンドキーパをずっとやっていて、そして試合になれば活躍する。本当にあの姿を見て励まされたんですよ。自分ももっと頑張ろうと思いました。今度は逆に自分がその姿を見せたいですね。それに義成さんは、たぶん俺のプレーをちゃんと見たことないと思うんですよ。だから、自分がこういうプレーヤーですよ、というのもね」

 現在3連敗で、中村憲剛の負傷欠場、小林悠の離脱とチーム事情は苦しいですが、そういう苦境を跳ね返す勝利を期待したいですね。

ではでは。最後まで読んでいただき、ありがとうございました。


スポンサードリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>