ナビスコカップ神戸戦見どころ〜この一戦に向けて、「アピール」というフレーズを繰り返し言い続けていた意外な選手とは?



スポンサードリンク




 どうも、いしかわごうです。

 本日はナビスコカップ・神戸戦。
神戸はほぼメンバーを替えないそうですが、フロンターレはターンオーバーとまではいかないものの、これまでベンチに回ることの多かったメンバーを積極的に起用していく見込みです。

 特に中盤と前線ですね。
杉本健勇、船山貴之、三好康児、橋本晃司など、今季加入した選手が多くスタメンとしてピッチに立ちそうな模様です。風間監督は、そう何度もチャンスを与え続けるタイプの指揮官ではないですから、このチャンスをしっかりと掴んでもらいたいところです。

 そんな中、取材中に何度も「アピール」というフレーズを繰り返し続けていた選手がいました。

 新加入選手ではありません。むしろ、チームでは中村憲剛に次ぐ古株となったベテランである井川祐輔です。
風間監督が就任してから、センターバックの一角として定着し続けて来た彼ですが、谷口彰悟や車屋紳太郎の台頭や、角田誠の移籍もあり、今シーズンはベンチに座ることが多くなっています。ナビスコカップ名古屋戦で先発しましたが、パフォーマンスは振るわず、チームも敗戦。再びベンチを温める日々が多くなって来ていた矢先での、この神戸戦です。
 
「神戸は前からプレッシャーをかけてくると思いますけど、そこで外せたらチャンスになりますから。普段からそういう練習しているのでつないでいきたいし、そういうところをアピールしていきたいですね」

 フロンターレに対して前傾姿勢でプレッシングをかけてくる神戸のスタイルは、つなげるセンターバック・井川祐輔にはむしろ好都合かもしれません。彼が後ろで相手の圧力をかいくぐれるかどうかが、前線の選手たちの攻撃力を発揮しやすくする指針になることでしょう。

なにより「自分は(彼らに)負けているとは思っていないけど、そういう立場であることは自覚してます」と、チーム内の序列を認識した上で、静かに闘志を燃やしていました。ベテランがこのギラギラする感じ、僕は好きなんですよ。

 ナビスコカップということで、「新加入選手が見たい」、「若手の活躍を見たい!」という声があるのは当然ですし、僕も彼らがどれだけのものを見せてくれるか楽しみにしている反面、いぶし銀のベテラン・井川祐輔のプレーにも大注目したいと思ってます。頑張れ、イガちゃん。

ではでは。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。


スポンサードリンク




One comment:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>