「朝に○○を見てました」。森谷賢太郎、浦和レッズ戦ゴールの影に○○あり。(?)



スポンサードリンク




 等々力での浦和戦は1-1。
負けなかったことより、勝ち切れなかったことの思いの方が強いゲームになりました。

 フロンターレの得点は、またも森谷賢太郎でした。
大島僚太がつっかけて、レナトが相手を中央に引き寄せたところで、左サイドに振って車屋紳太郎の局面突破。その折り返しに奇麗にシュート。今季リーグ戦わずか1失点(PK)の浦和守備陣からゴールネットを揺らすことに成功。

「シンタロウがすごくいいボールを出してくれた。あれだけ速いボールが来ても、ダイレクトでパスなりシュートというのは、自分の中でも自信があるプレー。しっかりと合わせられたし、慌てないで決めることができてよかった」

 ああいう抑えのきいたシュート、うまいですよね。
ただ水曜日の清水戦では、試合前に情熱大陸の柿谷を見て、そのイメージでゴールを決めたと語っていた森谷賢太郎。試合後のミックスゾーンで、今日は試合前に何か映像を見たのかと本人に聞いてみたら、「今日は・・・何も見ていないです。朝にサンデージャポンを見てました」とのこと。

 なるほど!!言われてみれば、「サンデージャポン!!」って感じの呼吸で決めたゴールでしたもんね。知らないですけど。

 いろいろと立て込んでいるので、試合の分析は、明日以降に書きます。
それにしても今日の試合は等々力史上最高の24992人。浦和のサポーター含めて、良い雰囲気でした。だからこそ、勝ちたかったっすね。

ではでは。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。


スポンサードリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>