名古屋戦試合前あれこれ〜ラジオに電話出演、サインを書く、番組MCと写真を撮る・・・の巻。



スポンサードリンク




どうも、いしかわごうです。

 先日の名古屋戦の試合前の出来事を。まずフロンパークに行くと、たくさんの人だかりでしたね。

原因はこちら。
IMG_1993

「VSヒロキー」
今年フロンターレの選手が出演した「VS嵐」を彷彿とされる(パロディともいう)「VSヒロキー」。お相手はなんと、昨年現役を引退したばかりの名古屋グランパスのレジェンド・中村直志さん。彼を勝手にナオシーと名付けて、ヒロキーVSナオシーを実現させました。
IMG_1742
 ナオシーの衣装は自前・・・ではなく、フロンターレが用意したものだそうです。つーか、ナオシーのインパクトが強過ぎて、もはやヒロキーへの違和感が皆無です。もともとはウォーリー的なキャラクターで、去年の今頃は「ヒロキーって!?」と言っていた気がしますが、慣れって怖いですね。恐るべし、川崎フロンターレ集客プロモーション部。

 それを見届けてからフロンパーク内を歩いていたら、スタッフの谷田部さんを見かける・・・がっ、なにやらケータイで話し中だったので、目配せで会釈だけしたのですが、次の瞬間に、駆け寄って来て「山口さんだから!」と言われて渡されたのは、ケータイ。僕が準レギュラーとして出演しているラジオ番組(違います)ミュージックフロンティアの生放送中だったそうで、次の瞬間には電話出演してました・・・なんすか、この展開は。何を話したのか、あんまり覚えてないわ・笑。放送事故にならなくてよかったです。

 この日のスタジアムの一角では、中村憲剛選手の「サッカー脳を育む」の販売特設ブースがありました。

IMG_8616

IMG_2834

この日の特典として直筆サイン本が100冊。そしてオリジナルクリアファイルがもらえるということもあって、販売前から大行列となり、担当者がちょっとテンパったそうです。直筆サイン本は20分で完売。素晴らしい!

IMG_1328

 一応、本の製作に携わっている特権で、余分にあったオリジナルクリアファイルをいただきました。
IMG_2033

 なかなかのどアップですね。ケンゴの横顔アップファイルは、なかなかレアかもしれません。
おかげさまで好評をいただいていて、読んだ方からは僕の方にまで感想をいただいてます。「自分がサッカー少年だったら、この本をバイブルにするのにと思いました。章立ても整理されていてとても読みやすかったです。」「対面パスの重要性を説く章を読んで、アップ時の憲剛選手の対面パスにいっそう注目してしまいました。ボールを置く位置、足のどこを使って止め、蹴っているのか・・・」などうれしい感想をもいただき、とても嬉しいです。中村憲剛スタイルのすべてを語っている一冊・・・ぜひ読んでみてください。

 新メインスタンドをぶらついていると、声をかけていただき、何人かのサポーターに「川崎フロンターレあるある」にサインをしました。5人ぐらいは書きましたね。みなさん、僕と遭遇するかどうかもわからないのに、わざわざ本をカバンに忍ばせて等々力に来てくれていたかと思うと、嬉しいですわ。なるべく対応するので、気軽に声をかけてくださいね。サインと一緒に好きな選手の「あるある」を添えて書いてますんで・・・あと、なぜかおでんくんのイラストも・笑。

 プレスルームではファイフロMCの木村朱美さんが「川崎フロンターレあるある」を持参していて、「今日は、ごうさんと絶対に一緒に写真を撮ってもらおうと思って・・!」とのありがたいお誘いが。パシャリ。

IMG_6467

 あっざーす。
「川崎フロンターレあるある」の中には、日本代表に選出された小林悠が登場しているスペシャル座談会が収録されていて、バックアップメンバーに選出されて話題の谷口彰悟、車屋紳太郎のネタももちろん収録しておりますぜ。

よろしくです。
ではでは。最後まで読んでいただき、ありがとうございました。


スポンサードリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>