ナビスコカップ名古屋グランパス戦〜困惑していた試合後のレナト。その違和感の原因を考えてみる。



スポンサードリンク




 どうも、いしかわごうです。
ナビスコカップ名古屋グランパス戦。1-3での逆転負けでした。

IMG_8316

 立ち上がりの決定機、さらに先制してからの時間帯を見る限り、正直、「今日は何点取って勝つんだろう」と思って記者席から観ていました。まさか負けるとは微塵も思わなかったですね。

 試合後、レナトに話をきくと、「酷いゲームになってしまった。何が起きたのかはわからない。自分たちの能力を考えたら、もっともっと点差をつけることができたはずなのに・・・」と困惑してました。

 一体何が起きたのか。
その違和感の内容を、少し突っ込んで聞いてみると、「わからないですね・・・立ち上がりは凄くよかったし、自分たちのやり方ができていた。相手のプレスが激しいわけでもなかった。パスミスが多くなって、リズムが崩れてしまったのかもしれない」と、前半の途中から何かおかしくなってきたとの思いが強かったようでした。

 なので、前半中心に、ちょっと読み解いていきましょう。
まず、この試合のフロンターレは3バックでした。谷口彰悟をアンカーに置き、中村憲剛をトップ下にした[3-1-3-3]。武岡優斗に聞いたところ、中盤はダイヤモンド型と言っていたので、[3-4-3]とも言えます。いずれにしても、谷口彰悟と中村憲剛の2人は、横ではなく縦関係でした。

 一方の名古屋。西野監督が採用した布陣は神戸と同じ[4-1-4-1]。神戸のネルシーニョ監督同様、前線に人数をかけることで、フロンターレの後ろから組み立てを牽制する狙いがあったのでしょう。ただフロンターレとしては、その前線をはがしながら、アンカー・田口を動かしながら、その両脇にできるスペースを小林悠や大久保嘉人が降りてうまく使っていました。ここらは神戸戦の反省を選手が生かして、実にスムーズにできていたと思います。

 この試合の問題はボールを失った後です。
西野監督の狙いは、こちらの3バックの両サイドにできるスペースをカウンターで執拗に突くこと。3バックの両サイドを狙うというのは、別に特別なことではありません。むしろ定石中の定石です。しかし狙わせる顔ぶれには、こだわって置いてきました。1トップには高さのあるノヴァコヴィッチではなく、堅いほうのケンゴこと川又堅碁。さらに二列目に矢野貴章を起用し、小屋松知哉、そして永井謙佑・・・と、運動量とスピードに優れた選手を前線に配置。狙いは言わずもがな。ボールを奪ったら3バックの両脇にできがちなスペース目がけて、ロングボールで走らせるカウンターのためです。

 

 特に効いてきたのが永井謙佑。
スピードは、Jリーグでもトップクラス・・・というか、トップでしょう。その存在だけで戦術にもなりえる選手です。前半からかなり飛ばし気味で走って来て、3バックの一角である武岡優斗がサイドにつり出されて1対1を作られます。そしてサイドで起点を作った瞬間には、名古屋の選手たちが猛然とペナルティエリアの中に飛び込んでくる。20分には、川又がヒールで合わせた決定機・・・ゴールはなりませんでしたが、あの場面で名古屋の選手は3人が飛び込んでいました。これが西野監督の狙いであったのは間違いないでしょう。この時間帯から少しずつ、名古屋がリズムを掴み始めてきました。フロンターレも前と後ろの距離がやや分断されて、間延びしがちです。神戸戦のプレビューでも触れた、よくない現象を作られてしまいました。

 40分にも同じ形で決定機を作って再び川又。42分には車屋紳太郎のボールロストからカウンターを浴び、クロスにはやはり3人が飛び込む。最後は永井がブロックしていた武岡優斗よりも先に足を出して決めました。これで1-1。後半は・・・セットプレーとカウンターで失点し、1-3。

 この試合がリーグ戦ではなくカップ戦ということ。メンバーを替えやすく、さらにアウェイであることなども考慮して、西野監督はかなり割り切った采配をしてきた印象です。そして終わってみれば、西野監督が敷いてきた「フロンターレシフト」にしてやられました。その対策を上回れませんでした。

 今のフロンターレは、圧倒的なボール保持で押し込んでいることを前提にした、先鋭化されているチームです。そこで大島僚太を欠いたことで微妙に歯車が狂ったり、その前提が成り立たなかったりすると、とたんにチームのバランスの悪さ、脆さも見え隠れしてしまうのかもしれません。

 もちろん、このへんに問題点を抱えているのはあらかじめわかっていましたが、正直にいうと、もう少し後の時期になってから表面化する問題だと思ってました・・・うーん、3試合目で、ですか。思いのほか早かったですねぇ。週末の山形戦が終わるとインターバルがありますから、まずは切り替えて準備してもらいたいと思います。

IMG_4810

 記者控え室で、スキフロのスタッフさんからオリジナルタオルをいただきました。コムゾーがいるタオルは貴重ですね。嬉しいです。実は試合前、フロンパークにいたら谷田部さんからケータイを渡されて、生放送中のミュージックフロンティアになぜか電話出演させられたので、その出演料ということにしておきます・笑。

絶賛発売中です。

ではでは。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。


スポンサードリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>