田中裕介がウェスタン・シドニー・ワンダラーズに移籍したのだ、の巻。



スポンサードリンク




 退団が発表されてから、まるで情報が流れて来なかった田中裕介選手の移籍先が決まりました。なんと国内ではなく海外。しかも昨年のACLで、大会覇者となったオーストラリアのウェスタン・シドニー・ワンダラーズでした。クラブ公式HPでアナスンスされました。

 ウェスタン・シドニー・ワンダラーズは、昨年のACLでフロンターレとは同組でした。当時は小野伸二選手が在籍してましたね。田中裕介選手はホーム&アウェイの2試合とも出場してますから、それで白羽の矢が立った、という感じなんですかね。

 ただ、外国人枠の関係もあり、ACL限定の契約みたいです。

田中裕介、ウェスタンシドニーとACL限定の短期契約を締結
また、外国人枠が埋まっている状況での獲得についてクラブに確認を取ったところ、ACLのみの契約で、ベスト16までの短期契約となっているそうだ。

 
 それにしても退団後の取材では移籍先こそ明言してませんでしたが、国内のJ1クラブに移籍する前提で本人も話していたので(「今度は対戦相手として等々力に戻って来るので」など)、ちょっと・・・というか、かなり意外です。

 年内に去就が発表されなかったので「あれ?」と思いつつも、彼の場合は年俸面の部分がありましたから、J1クラブとの交渉が思うようにまとまらなかったのでしょうか。もちろん、「本人の海外志向が強くなった」、「ウェスタン・シドニーのオファーが魅力的だった」などなどの可能性もありますので、そのへんはまったくわかりませんが。

 なんにせよ今年、ウェスタン・シドニーはACLで鹿島と同組ですから、カシマスタジアムでプレーする姿は見れそうですね。

 ちなみにウェスタン・シドニー絡みの移籍と言えば、フロンターレがハリティの獲得に動いているとのニュースが昨年の10月頃に流れました。

川崎F、ACL決勝進出のウエスタン・シドニーから豪州人FW獲得を狙う

このニュースに関しては庄子GMが当時、完全否定してました。その後の動向も聞きませんし、こちらは可能性が無いかと思います。

—-

 明日12日はアジアカップ2015、日本代表対パレスチナ代表戦があります。オーストラリアで開催されてますから、大会期間中はどこかのスタジアムで観戦しているかもしれませんね。日本人離れしたヒゲの濃い人が、テレビ中継で映っていたりして・・・。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。


スポンサードリンク




One comment:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>