ケンゴの話。



スポンサードリンク





 本日は麻生取材に。
いつものように新潟戦に向けたポイントを中村憲剛選手に聞いた後、雑談がてら「新潟のケンゴ」こと川又堅碁選手について聞いてみました・笑。
 そもそも、川又堅碁選手の存在を知っているのでしょうか。
 すると「知ってるよ。堅いほうのケンゴでしょ?FWの。同じ名前はあまりいないからね。親近感?湧かないよりは湧くかな・笑」とコメントをくれました。
 名前が似てるとやはり親近感も湧くのですね。僕が同じ名字の石川直宏選手に親近感を抱いているのと同じですな。実際には名前だけではなく、お互いに「さわやか」、「イケメン」などの共通点も多いですからね。違いますけど。
 話がそれた。
もちろん、「調子がいいみたいだから、気持ちよくプレーをさせないようにしないとね」と、川又選手のストライカーとしてのプレーにもしっかり警戒していましたよ。
 さらにもうひとつ。
「達也もいるからさ」と、今年浦和から新潟に移籍してきた田中達也選手のこぼれ話もしてくれました。
 てっきり日本代表時代のつながりかと思ったら、そうではなくて、実は帝京高校だった田中達也選手とは、高校時代に対戦していた間柄だったみたいです。お互い東京の高校同士ですもんね。
「達也が帝京1年生のときに、自分が3年生で、選手権で対戦してるんだよ。後半の残り15分ぐらいで達也が出てきてズタズタにされた・笑。それで俺は引退したんだから、引導を渡されたんだよー。あのときの帝京は、達也と矢野(隼人)、高橋泰がいてさ・・・っていつの話!?10何年前の話だよ!」
って、最後は憲剛選手が自己ツッコミをしていました・笑。
和製ロナウドこと矢野隼人がいた時代ですか。めちゃくちゃ懐かしいですね。ちなみに田中達也選手は当時の憲剛選手のことを覚えてくれていたそうです。
・・・明日の新潟戦の見所でした!!(えぇー?)
 ちなみに新潟戦翌日はファン感謝デー。
売店では、毎年フロンターレ算数ドリルが販売されてますが、今年は天野部長による幻のショートエッセイ集「クラブ名にフロがつくのはウチだけなんです」が1部300円で発売されるそうですよ。構成を担当したわたくし「いしかわごう」の名前もクレジットされている小冊子です。
$いしかわごうオフィシャルブログ「サッカーのしわざなのだ。」
オフロスキーやテルマエ・ロマエなど、3年間の「いっしょにおフロんたーれ」の企画秘話が盛りだくさんです。めちゃくちゃ面白いと思いますよ。ぜひ記念に1部買ってやってください。
「2013ファン感謝デー」開催のお知らせ
こちらはAmazonで買える天野部長の企画本です。奇抜なプロモーション企画を考えるフロンターレの神髄が詰まっております。
僕がバナナを売って算数ドリルをつくるワケ (単行本)/小学館

¥1,470
Amazon.co.jp


スポンサードリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>