天皇杯2回戦Y.S.C.C.横浜戦&谷口彰悟選手の誕生日試合。



スポンサードリンク




ここ一週間、ずっと格闘していた原稿が昨日ようやく書き終わりました。ふぅー。
 
 先週末の天皇杯2回戦Y.S.C.C.横浜戦を軽く。

 この日はスーパームーンでした。
延長戦の末に2-1で辛勝。この試合のフロンターレは、中二日でのリーグ戦3連戦を控えている関係もあり、ほぼBチームで臨みましたが・・・いやはや、危なかったですね。後半ロスタイムまで負けている展開には、さすがに肝を冷やしました。J1でも仙台、鹿島、神戸の3クラブが敗れてますから、最悪の結果を招かなくてよかった。
 ちなみにこの試合に向けた紅白戦でのこと。
紅白戦は、Aチーム対Bチームで行うわけですが、主力組であるAチームの最終ラインは實藤選手、谷口選手、さらに復帰したジェシという並びでの[3-4-2-1]布陣を採用していたので、一瞬、「3バックにするの?」と驚きました。
 ただ何のことはなく、試合に出るのがBチームだったので、Y.S.C.C.横浜を想定した配置をAチームがしていたんですね。Y.S.C.C.は[3-4-2-1]なのですが、守るときは自陣では[5-4-1]で構えてました。高いDFラインと自陣でコンパクトな陣形を保ちます。さらにフロンターレのサッカーを研究して来たのでしょう。足元に入るパスを狙うことを徹底してました。
 これだけ徹底されると、なかなか自由にボールを受ける場所と時間を作らせてもらえません。もちろん、そのため相手を外す動きと、味方が外した瞬間にボールを足元につける、という狭いスペースでもプレーできるトレーニングをしているはずなのですが、公式戦の緊張感なのか、出し手と受け手もなかなかそれを出せません。前線の森島選手がなんとか強引にポストプレーをしようとしますが、相手を外す動きをしていない状態でボールを受けていたので、これではさすがに厳しいです。前後から挟み込まれてしまい、なかなかボールが収まりません。
 相手を過剰に意識する必要はありませんが、相手を見ないでサッカーをしてはいけません。例えばボールを持っても、敵陣に人が密集し、あれだけスペースが圧縮されているならば、ブロックの間で足元のボールを受けることに固執しすぎないことも重要です。
 そういう意味で、この試合では選手はみなボールを大事にし過ぎました。こういう相手ならば、高いDFラインの背後に何本か「捨てパス」を繰り出すなどして、いったん相手のコンパクトな陣形を縦に間延びさせることで空間を確保して、そこで今度は足元のパスを狙ってつないでいく。そういう駆け引きをしてもよかったと思いますが、そういう揺さぶりはあまりありませんでした。
 ボールを失ってはいけないという気持ちが強過ぎたのか、このへんは選手としての試合経験の差、なのかもしれません。
延長戦に入る前、ベンチ外の選手達もピッチに集まり、チーム全員で円陣を組んでいました。

・・・なんにせよ、勝って良かった。
久しぶりの試合だからといって、等々力劇場もリーグ戦に向けたリハーサルをしたかったわけではないでしょうに。
フットボールサミット第19回 川崎フロンターレ 夢の等々力劇場 強く、楽しく、愛されるクラブで…/カンゼン

¥1,404
Amazon.co.jp
次は8月20日にJ2の愛媛FCとの試合みたいですね。
-----
 さて今日はもうリーグ戦です。
 アウェイでセレッソ大阪戦です。
実は今日は、セレ女に負けず(?)、物凄い勢いでファンが急増している谷口彰悟選手の誕生日なんですね。
 今日の試合もスタメン濃厚なので、昨日の練習後に「バースデーゴールの思い出はある?」と聞いてみました。
 「ないですねぇ。だいたい夏休みなので。誕生日に試合をした思い出ってないんですよー」とのことでした。ならばプロ初ゴールを誕生日と、「バースデーゴール、狙っちゃいますか?」と聞くと、「いやー、無理ですね。なので、明日は失点ゼロでいければ」とハンサムに語ってくれました。バースデー完封劇を目指すそうです。バースデー・ハンサム完封ですね。
 とはいえ、簡単に完封できる相手ではありません。
フォルランが出るかもしれないとの報道があったので、彼について聞いてみると、「出たら楽しみですよ。テレビで見ていた人なので、緊張しますね。前回のW杯で得点王を取ったときにすごいな、と思いましたし、そういう相手と対戦できたらうれしいですね」と語る顔は、ただのハンサムなサッカー少年でした。
・ ・・・まっ、欠場するみたいですけどね、フォルラン。
ちなみにこの取材しているとき、ちょうど近く通り過ぎていったデカモリシが、谷口選手に向かって一言。
 「相変わらず、イケメンやな」

前回のアウェイで、決勝弾を幻にされて悔しい想いをした大久保選手も気合いが入ってましたが、今日の試合は、なんだかデカモリシが、たくさんのセレ女の前で決勝点を決める気がしてきたぜ。
ハンサム★スーツ スペシャル・エディション 初回限定チェンジング仕様 [DVD]/谷原章介,塚地武雅,北川景子

¥4,935
Amazon.co.jp
(※この映画を紹介したことに深い意味はありません)


スポンサードリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>