平塚取材〜中盤の渋滞を解消して巻き返す。


 ナビスコカップ湘南戦の取材に行ってきました。
いしかわごうオフィシャルブログ「サッカーのしわざなのだ。」
 試合は1-1のドローながら、3位のジュビロ磐田が引き分けたため、決勝トーナメント進出が決定しました。もちろん、試合に勝って決めたかったところではありますが、追いついての引き分けでしたし、ミッションを無事に果たすことができました。
 試合内容についていうと・・・前半はうまくいきませんでしたね。
なかなか良い形でボランチや前線にボールを入れることができず、最終ラインの中澤選手と實藤選手に何度もボールが戻ってきていました。ビルドアップをやり直すこと自体は何も問題ないのですが、やり直しでも中盤でうまくいかず、結局、前線に目がけてロングボールを蹴るしかない状態が目立ちました。
 原因は色々あると思うのですが、そのひとつとしては中盤で「渋滞」が起こっていたことでしょう。まず湘南が採用している[3-4-2-1]は、前線の1トップ&2シャドーが守備でのプレスバックも頑張りますし、中盤はかなり分厚いです。前線からの守備を頑張る相手を、フロンターレの後ろがなかなか外せませんでした。
 パスの受け手となる前線も然り。
この日フロンターレで先発したサイドハーフの森谷選手と宏矢選手は、サイドに張ってスペースに出て行くというよりは、中盤に顔を出して足元でボールを受けたいタイプです。湘南が中盤で人数をかけていましたし、中盤ではいわゆる「渋滞」が起こっており、フロンターレは、ボールを持ったボランチが中盤で前を向いて組み立てたり、2トップが縦のクサビを受けに来るスペースやタイミングをなかなか作ることができませんでした。
 もちろん、打開策はあったと思います。
例えば、サイドハーフが大きくワイドに開いたり起点になることで、3バックの陣形を横に広げたり、ピッチの幅を使った組み立てをすることで、中央のエリアを薄くするような「交通整備」がそうです。ただ試合中は、ピッチ上の選手の中でそこまで工夫ができず、ペースが掴めないまま。そんな前半でした。
 ハーフタイム、風間監督はここをテコ入れしました。
後半から、大久保選手をワントップに、トップ下に憲剛選手を入れて、両サイドには左に矢島選手、右に小林選手が張る[4-2-3-1]のような形に変更。この采配で巻き返します。
 特に2トップだった矢島選手を左サイドにウィングのような形で張らせ続けている狙いがよかったと思います。矢島選手本人も「自分は左サイドに張ってもいいので、真ん中のスペースを空けることを意識するように言われていた」と明かしていましたが、中央で起きていた前半の「渋滞」を解消するために、風間監督は矢島選手を左に配置転換させました。さらに相手の右サイドの守備の連係に難があったことも見越したとも思います。後半の矢島選手は持ち前の強さとスピードで何度も左サイドで起点を作り始めます。
こうして相手の3バックを横に広げていき、さらに右サイドに移った小林選手が抜群の動き出しで、サイドからゴール前へと飛び込んでいく。それでいて真ん中は真ん中で、大久保選手と憲剛選手が縦関係で構えており、ややプレッシャーの緩くなった真ん中で起点を作りながら、2人だけでの連係でもゴールに向かっていく攻撃を繰り出していましたからね。左右中央、どのエリアからの攻撃も迫力が出ていました。
 試合のハイライトは、後半の左サイドの矢島選手からのクロスに小林選手が中央で合わせる形で生まれていた決定機ですね。ここで立ちはだかったのが、フロンターレからの期限付き移籍中の安藤選手。後半だけで2、3度はビッグセーブしたでしょうか。思わず「アンドゥー、気合いは入りすぎだろ」と僕も記者席で頭を抱えてしまいましたが、それでも最後は小林選手がヘディングこじあけて同点ゴールを決めました。そして、これが決勝トーナメント進出を決めるゴールとなりました。
 面白かったのが、試合後のミックスゾーンです。
小林悠選手を取材していたら、フロンターレ側のミックスゾーンに安藤選手が挨拶しに来ました。安藤選手が視界に入った瞬間、すかさずたまたま身体に当たってただけだろ?『俺が止めた!』みたいな顔すんなよ。キャッチすんな!」と安藤選手をいじる小林選手。先日のリーグ戦と同様、終盤で追いつかれる形でのドローだったこともあり、安藤選手も「勝たせてよー」と小林選手に懇願してましたが、フロンターレは負けていたらグループ敗退でしたから、そうはいきません。
 ちなみに安藤選手にビッグセーブを連発されたあの局面。
小林選手によると、ピッチが少しスリッピーだったこともあり、左からのクロスに対して、ボールが流れないようにしっかり右足に当てようと思っていた結果、少し慎重になりすぎたとのことでした。つまり、安藤選手が凄かったのではなく、自分の問題だったということを再三強調してました・笑。クロスを入れていた矢島選手にも「相手GKがよかったんですかね?」とわざとらしく聞いてみましたが、「それはないっすねー」と安藤選手の活躍を全否定してました・笑。
 なんていうか、この試合の後半は、湘南ベルマーレ対川崎フロンターレではなく、ほとんど小林悠対安藤駿介の構図になってましたから・笑、試合後のこういうやりとりも微笑ましかったです。
 中断まであと1試合。
選手は連戦続きでかなりキツいと思いますが、負けなしで踏ん張ってもらいましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>