将棋からサッカーを学ぶ話。


 昨日、JFA(日本サッカー協会)のホームページをふらふらと眺めていたら、U-16日本代表のキャンプレポートを読んでいて興味深い記述が。
【U-16日本代表】
AFC U-16 Championship2012 IR Iran
直前キャンプレポート No.1
http://www.jfa.or.jp/national_team/topics/2012/522.html
 9月12日
夕食後のミーティングでは、羽生棋士を特集した将棋のドキュメンタリーを鑑賞しました。
サッカーにも通じる“大局観”そして雑念なく無心で臨む“玲瓏”につき考えました。
90分の試合の中で、「今何が起きているのか?どういう流れなのか」を感じながらサッカーをするということを学びました。

 おおっ。
サッカーのU-16日本代表のミーティングの題材に「将棋」を扱っているではないですか。いいですねぇ。最近の子は、あまり将棋を指さないとは思いますが、将棋がわからなくても、勝負の駆け引きや試合運びなどでサッカーに学べる部分は多いはずです。
この夏にフロンターレからドイツに移籍した田坂祐介選手も羽生さんの本を読んで、大局観という考えに感銘を受けたと言ってましたから。
(田坂選手が読んだ本はこちら)
結果を出し続けるために (ツキ、プレッシャー、ミスを味方にする法則)/日本実業出版社

¥1,260
Amazon.co.jp
 ちなみに題材となった羽生さんのドキュメント番組は、「玲瓏」というフレーズを強調しているあたり、おそらくNHKで放送された「プロフェッショナル 仕事の流儀」だと推測されます。
プロフェッショナル 仕事の流儀 棋士 羽生善治の仕事 直感は経験で磨く [DVD]/出演者不明

¥3,675
Amazon.co.jp
プロフェッショナル 仕事の流儀 第V期 名人戦 森内俊之VS羽生善治 最強の二人、宿命の対決 …/森内俊之/羽生善治

¥3,675
Amazon.co.jp
もうひとつ。
森内名人対羽生さんの名人戦を特集した回もあります。確かこちらは番組最高視聴率だった気がします。
なお将棋とサッカーの共通点は、この漫画をお読みください・笑
ナリキン! 1 (少年チャンピオン・コミックス)/鈴木 大四郎

¥440
Amazon.co.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>