最近、読んだ本:〜桐谷さんが教える はじめての株主優待


スポンサードリンク




... 記事を読む

最近読んだ漫画:「ピコピコ少年」(押切 蓮介)〜作者は神奈川県川崎市出身だったりする。


スポンサードリンク




... 記事を読む

土屋礼央さんの「FC東京のために200兆円で味スタを満員にしてみた」を読んでみた


スポンサードリンク




... 記事を読む

「ボクはファミコンが欲しかったのに」を読んだ。

 本棚を整理していたら、ブログに感想を書いていない良書があったので、いくつかオススメを紹介しておきますね。
 まずはこちら。
「ボクはファミコンが欲しかったのに」

 今年2月に発売された小説です。
「ゲームセンターCX」構成作家の岐部昌幸さんによる作品。タイトルにあるように、ファミコンをめぐる物語なんですけど、この小説は良いですよー。直撃世代にはグッときます。
 団地に住む小学生・マサミチには夢のアイテムであるファミコン。
そんな欲しくてたまらなかったファミコンを、ある日、母親が内緒で手に入れてきてくれた!!
・・・・しかし箱を空けると入っていたのは、ファミコンではなく、セガのゲーム機。
 「こんな知らないゲームなんか欲しくないよ!!」
 荒ぶるマサミチ・・・そしてそこから日常の運命が変わり始める少年の物語です。
ストーリーの柱にはファミコンという存在が君臨しているのだけど、実はファミコンネタはそれほどゴリゴリとは出てきません。どちらかといえば、ファミコンにまつわる日常風景を描いている小説ですね。例えば、普段は冴えない男子でも、新作の人気ファミコンソフトを持ってると、クラスで一気にヒーローになれるとかね・・・・あるある・笑。
 あるいは、中古ファミコンソフトのチラシの価格をめっちゃチェックして、妄想を膨らませていたりね。そう、新作のファミコンソフトはまず買ってもらえないから、中古品で面白そうなのを探す癖がついてしまうんですよ!ただバンゲリング・ベイは価格が安いんだけど、別に欲しいとは思わなかったとか・・・・。
 小学生時代のいろんなエピソードやちょっと事件に「うわー、懐かしい」とニヤニヤしてしまいます。個人的にツボだったのは、「不良になるから、ゲームセンターには行くことは禁止だった。でもデパートのゲームコーナーならギリギリセーフで怒られない。なぜなら『デパートに行っている』という解釈だから」というやつ。そういう解釈、あったわー・笑。
 笑えるけど、ちょっと切ない小説でもあります。地味に心をギュッと掴まれるんだわ。
ファミコン世代の人にはぜひ読んで欲しい作品です。
ボクはファミコンが欲しかったのに/廣済堂出版

¥1,296
Amazon.co.jp
ゲームセンターCX THE MOVIE 1986 マイティボンジャック [DVD]/Happinet(SB)(D)

¥5,184
Amazon.co.jp
ゲームセンターCX 有野の挑戦 in 武道館 [DVD]/Happinet(SB)(D)

¥6,264
Amazon.co.jp
NEW FC DUAL (ニューエフシーデュアル) ファミコン・スーパーファミコン互換機/GAME JOY

¥5,122
Amazon.co.jp
超ファミコン/太田出版

¥1,296
Amazon.co.jp... 記事を読む