森谷選手にロングインタビューしました。

 昨日は練習後にインタビューを一本。

 森谷賢太郎選手のロングインタビューでした。
「泥臭さ」、「ハードワーク」、「球際の強さ」・・・もしかしたら、少し前の彼の口からは出てこなかったかもしれないようなキーワードが、たくさん出て来ました。何が彼を変えたのか。そんなターニングポイントになったであろう昨年のあるきっかけについても、詳しく聞かせてもらいました。
 インタビューの最後に「あとは、いしかわさんの筆力でうまくまとめてください」と言って、地味にプレッシャーをかけてくるあたりも、ちょっとモリヤ節でしたね。いい作品にまとまるように、頑張ります。
 ちなみに週末が三ツ沢でのマリノス戦だったこともあり、三ツ沢の思い出を聞いたんですけど、サザエが美味しいんですよ。あそこでサッカーを見ながらサザエを食べるのが、僕らのカッコ良さでしたねぇー」と、小学生時代の三ツ沢観戦でよく食べていたというサザエの海鮮焼きの話で終わりました・・・お、おう。
取材後は、用事があったので自由が丘に。
ついでに熊野神社と、Mr. 都市伝説こと関暁夫さんの「セキルバーグカフェ」に寄ってきました。お店には、なんと関さん本人が普通にいました・笑。写真をお願いすると、快く撮らせてもらいましたよ。

信じるか信じないかは・・・・あなた次第です!のポーズでパシャリ!
ハローバイバイ・関暁夫の都市伝説―信じるか信じないかはあなた次第/竹書房

¥1,296
Amazon.co.jp
ハローバイバイ関暁夫の都市伝説2/竹書房

¥1,296
Amazon.co.jp
S・セキルバーグ関暁夫の都市伝説3/竹書房

¥1,404
Amazon.co.jp
Mr.都市伝説 関暁夫の都市伝説(4)/竹書房

¥1,404
Amazon.co.jp
やりすぎコージー DVD 29 やりすぎ開運伝説 パワースポットSP&坂本龍馬 都市伝説 [レ…/作者不明

¥価格不明
Amazon.co.jp... 記事を読む

久しぶりのケンゴラッソを語る。

明日は2位・浦和レッズ戦ですね。
未来をグイグイ見ているところで申し訳ないですけど、あえて過去の振り返りを・笑。
 それは前節柏戦で憲剛選手が決めたミドルシュートです。
試合に大敗したためか、あまり話題にはなりませんでしたが、前半ロスタイムに決めたあの同点ミドルシュート、かなりのゴラッソでしたよね。0-1にリードされたまさにその直後に、森谷選手からの落としに走り込むと、エリア外から右足を豪快に一閃。名手・菅野選手も届かず、まさにゴールネットに突き刺さる一撃でした。久しぶりの「ケンゴラッソ」でした。
 試合後のミックスゾーンではあまり聞けなかったので、今週の練習後にあらためて詳しく振り返ってもらったのですが、「完璧でしたね。久しぶりに気持ち良く打たせてもらった」と手応え十分だった様子。
 実はその前の新潟戦の前半でも、似たような形のミドルシュートを放っていたのですが、このときは惜しくも枠を外しています。そのことも踏まえてこう話してくれました。
「新潟戦のときは、目の前に相手選手が出て来ていたんですよ。でも柏戦はドフリーでした。時間があったので、コースも見えていた。基本的に相手に前に立たれるのだけど、たまたまあのときは相手が下がっていた。あんなにフリーで時間をもらえることはまずないからね」
 なおゴール後には、ベンチ前でゆりかごダンスをしています。
チームメートではなく、元チームメートで、現在はクラブスタッフである伊藤宏樹さんの第二子誕生を祝うもので、憲剛選手は「ヒロキ!ヒロキ!」と言いながら、ゆりかごで祝福。ただそれでも、イマイチ理解できていないのか「?」という表情をしていた選手もいたみたいです。まぁ、現在のチームメートではなく、クラブスタッフとはいえ、元チームメートに向けたゆりかごダンスというのは、あまり聞いたことがないですからね。
 それにしても、あの憲剛選手のミドルシュート。
本当にゴラッソな一撃だったわけですが、彼は自虐的にこう言って、報道陣を笑わせてくれました。
「でも、西くんのほうが凄かったし」


・ ・・確かに・笑。
前節、鹿島アントラーズの西大伍選手がコーナーキックからダイレクトで決めたボレーシュート。あれはちょっと異次元というか、年間最優秀ゴールにノミネートされるレベルでした・・・さすがのケンゴラッソも、今回ばかりは西大伍のダイゴラッソにはかなわなかったのかもしれません。いや、ダイゴラッソとか呼ばれているかどうか知らないですけど(たぶん呼ばれてない)。
 次は勝利にむすびつくケンゴラッソになると良いですな。
2試合連続ゴール、密かに期待しております。
川崎フロンターレ1000GOALS1999-2014 [DVD]/ビデオメーカー

¥3,780
Amazon.co.jp
Kengo 14 2003-2010 [DVD]/video maker(VC/DAS)(D)

¥4,629
Amazon.co.jp
考える習慣/ベースボール・マガジン社

¥1,512
Amazon.co.jp
幸せな挑戦 今日の一歩、明日の「世界」 (角川oneテーマ21)/角川書店(角川グループパブリッシング)

¥843
Amazon.co.jp
永遠のサッカー小僧 中村憲剛物語/講談社

¥1,620
Amazon.co.jp
中村憲剛のスルーパスの極意 (トップアスリートKAMIWAZAシリーズ)/講談社

¥1,620
Amazon.co.jp
心をつなぐボール (スポーツが教えてくれたこと)/あかね書房

¥1,512
Amazon.co.jp... 記事を読む

「僕、囲碁の井山くん、知ってるんですよ」と言われた話。

今日、プレスルームにいたら「僕、囲碁の井山くん、知ってるんですよ」とノボリこと登里享平選手が話しかけてくれました。
 一瞬、「囲碁のイヤマくんって誰だっけ?」と思ってしまったのですが、聞くと、近所の囲碁好きの少年の名前ではなく、なんとあの井山裕太六冠のことでした。
・・・・・めちゃくちゃ有名人じゃないですか!
情熱大陸やプロフェッショナルにも登場しています。というか、現在、日本の囲碁界の頂点にいる棋士ですよ、えぇ。「そうなの???」と驚きながら聞いてみると、井山六冠とは小学校と中学校が同じだったそうです。
 確かに、お互いの出身地を見ると大阪府東大阪市出身で、東大阪市立孔舎衙東小学校→東大阪市立孔舎衙中学校なんですよね。年も近いので、知り合い同士だったとのことです。当時の井山少年の印象なんかも教えてくれました。ノボリと囲碁・・・あまりに結びつかないですし、ノボリが囲碁のトップ棋士とつながりがあるだなんて、なんという衝撃の事実!
 
 ノボリは高校から香川県ですから、その後は疎遠になっていたそうですが、2010年、まさかの再会を果たします。... 記事を読む

ノボリにまつわる話。

 本日は麻生に。
相変わらず暑かったです。灼熱です。
そんな麻生グラウンドで行われている全体練習の傍らで、登り坂を使った自転車リハビリを山本真希選手とアン・ビョンジュン選手がやっていました。

 春先には登里選手と小宮山選手がやっていました。クラブハウスからグラウンドまでのあの緩やかで、長い坂道を自転車で何往復も繰り返すトレーニングですね。
 夏場ですし、傍目からも相当キツいのはわかるのですが、そこはチーム随一のタフガイ・山本真希選手。全力でこぎつつも、どこか余裕ある表情で黙々とアップダウンを繰り返していました。「この坂道を作った人に文句を言いたい!」と笑顔で叫びながらチャリをこいでいたノボリとは違いますね。
 ゆっくり登って来たときに「何日目?」と聞くと、「三日目。今日がラストっす」とうれしそうに話していました。山本選手の完全復活も近そうですね。
 ちなみに本日のノボリ。
帰る時、その手にはコカコーラが握られていました。見せてもらうと、なんと「NOBORIZATO」のネームボトルのコーラ。

どうやらサポーターの方が作ってくれたオリジナルのラベルらしいです。すごいですね!
  いまだに鳥栖戦の決勝弾の話題を自分からぶり返して、「あのすごいゴール、決めたの誰でしたっけ・・・レナトやったかな?」とトボケるノボリ。得点はともかく、3試合連続無失点を支える最終ラインの1人として、柏戦も期待ですね。
・・・・ノボリザカ(登り坂)とノボリザト(登里)の話題で、順位もさらにノボっていきたいところです。... 記事を読む