2014年、川崎フロンターレファン感謝デー。


 本日は、フロンターレのファン感を取材。
 今年も等々力競技場で開催。毎年ながら、天気が良過ぎですね。今日も本当に暑くて、移動中にペットボトル2本を飲み干してしまいました。
 今回もイベント企画、盛りだくさんでした。
開幕の掴みの挨拶は新人のお仕事。谷口選手と可児選手による「川崎あるある」。レイザーラモンRGのネタよろしく、山崎まさよしさんの名曲『One more time,One more chance』にのせた「川崎あるある」でした。結果、「等々力で勝つと、憲剛さん興奮しがち」というあるあるで、本人から「興奮しがちじゃなくて、興奮してるんだよ」と言われてましたが。
 ステージダンスは、意外にもMAXメドレーでした・・・僕はモロに世代ですが、今の若い子、MAXのことあんまり知らないかもしれませんね。次にお新人・谷口選手による完璧な剛力彩芽ダンス。そしてメインステージである氣志團ならぬ川崎團。

 気合いを入れる川崎團の方々(の一部)。真ん中の方は、応援団か何かに属していた本職の方なのでしょうか・笑。
 川崎團では、案の定、憲剛選手らも巻き込んでのオンステージ。えぇ、リーゼントです。

ちなみに武田社長や風間監督までこの姿で参加してくれました・・・カオスですねぇ。いや、平常運転ですが。

 蕪師匠も完全移籍が決まってよかったですね。賞状までもらってのこの展開は、ガキ使の山ちゃん卒業の「カブちゃんは・・・・辞めへんでーー!!」っぽくて、ちょっと笑っちゃいそうになりましたが。
そして最後はパウリーニョによる締めの挨拶。毎年ブラジル人が担当するくだりです。本来なら、たどたどしい日本語で笑いを生むはずなんですけど、公文式で日本語力を鍛えたパウリーニョは流暢に話してしまい、ウケがイマイチでした・笑。
 そうそう。
Gゾーンの販売エリアでは、天野部長といしかわごうによるショートエッセイ「とても気が重くとっても大事なプロモーション」を販売していて、たくさんの方が購入してくれたようです。

購入してくれた方から求められて、サインも書かせてもらいましたよ。天野さんに負けじと、僕はおでんくんイラストを付けて対抗してみました・笑。購入してくれた方々、どうもありがとうございました。
—-
さぁ、明日はワールドカップ、日本代表対コートジボワール戦です。緊張しますね。
One Night Carnival/UK.PROJECT

¥1,296
Amazon.co.jp
鉄のハート/EMI MUSIC JAPAN INC.

¥価格不明
Amazon.co.jp
One more time, One more chance/ポリドール

¥1,049
Amazon.co.jp
友達より大事な人(初回生産限定盤)(DVD付)/Sony Music Records

¥1,543
Amazon.co.jp
トラ・トラ・トラ/エイベックス・トラックス

¥1,049
Amazon.co.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>