本日の麻生取材。

 明日はアウェイの広島戦。
中二日の連戦に加えて前日移動もあるので、いつものようにサッカーバレー中心で調整。ミーティングも行わなかったので、9時スタートで10時過ぎには練習が終わっていました。
 
 広島戦といえば、やはりこの人には意気込みを聞きたい・・・ということで、広島ユース出身の田坂選手を取材。
古巣戦の場合、「意識しないようにします」と話す選手も少なくないのですが、田坂選手は違うんですよね。とりわけビッグアーチでの試合ということもあり、「あそこで試合をするのは特別。自分のルーツでもありますから」とも言ってました。
 まぁ、彼の場合は、広島ユース→青山学院大学→フロンターレというキャリアなので、トップチームの在籍経験がないことも関係しているのかもしれませんけどね。恩返し弾をよく決めている印象がありますが、実はビッグアーチではまだ無得点。16日の天皇杯大分戦でゴールしたこともあり、「ゴール狙ってます宣言」をしてくれましたよ。
 その天皇杯大分戦の田坂選手の得点は、今振り返っても実に美しいヘディングでした。
左サイドを突破したジュニーニョの鮮やかなセンタリング。「糸を引くような・・・」とはああいうクロスを言うと思うのですが、そのボールに右サイドで待ち構えていた田坂選手が、やさしく頭で合わせて逆サイドのゴールネットを綺麗に揺らしました。
 あれだけ滞空時間の長いセンタリングが来て、あれだけドフリーな状況だと、逆にいろんなことを考えてしまい、フィニッシュのプレーが難しくなってもおかしくないはず。そのへんの心理を聞いてみると、我が意を得たり、って感じで「考えましたよー。トラップしようかなとかいろいろ・・・」と話してくれました。
 でも本当に見事なヘディングでした。
「実はヘディング、うまいですよね」と褒めたら、「今年は3点取ってますからね。実は足よりも多い」と笑っていました。リーグ大宮戦でのダイビングヘッド、ナビスコ・マリノス戦、そして天皇杯大分戦。そういえば、こないだの神奈川大との練習試合でも、ヘディングで流し込んでましたっけ。そのうち、ヘディンガーとしての境地も開拓していったりして・・・。
 明日はテレビ観戦です。
自分はJクラブスタジアムは、J2も含めてだいたい行っている方だと自負しているのですが、J1だとなぜか広島のビッグアーチは一度も行ったことがないんですよね・・・今回も縁がなくて残念。とはいえ、週末はやること、やりたいことがたくさんあるので、それに励みますわ。
人気ブログランキングへ... 記事を読む

等々力取材(天皇杯3回戦大分戦)

 昨日は、等々力で天皇杯3回戦を取材。
各地で波乱が起きた中、フロンターレはJ2の大分に4-0で大勝しました。
 久しぶりにスカッとする勝利を等々力で見れましたね。
というのも、ここ最近は、たとえ勝っても1点差ゲームがずっと続いていましたから。JFLのアルテ高崎に延長戦までもつれてしまう過去がありましたし、1点のリードなら何があるかわからないので最後まで気が抜けないもの・・・ホント、安心して試合終了のフエを迎えられましたわ。
ちなみに2点差以上で勝ったのなんていつ以来なんだろ?と調べてみたら、7月27日のナビスコカップ広島戦(3-1)までさかのぼらなくてはなりませんでした。さらに調べると2点差以上の公式戦勝利自体、ほかに第16節の広島戦、第15節の大宮戦、そして開幕の山形戦ぐらいなんですね・・・そうだったのね。
 試合のポイントは明日発売のエルゴラに書いたので、詳しくはそちらを読んでくださいということで。
ケガから約4ヶ月ぶりにスタメン復帰した横山選手が活躍したのは、うれしかったですね。柴崎選手とともに中盤でプレスをいなしながらボールを散らして、前に運ぶパス回しで、攻撃にいいアクセントを加えていました。ここのダブルボランチでゲームを作れたことは大きかったと思いますね。
 しかも自ら攻撃参加して2得点をアシスト!
1点目は左サイドを突破して中央へクロスし、小林選手がプッシュ。3点目のCKでは、こぼれたボールを絶妙な落としで楠神選手にお膳立てしました・・・あれ?そんなにアシストする選手でしたっけ?・笑。いやいや、さすがは”このままでは終わらない男・横山知伸”ですな。
 ちなみに3点目のときは、ゴールして喜びに走ろうとする楠神選手をうまく捕まえて投げ飛ばす、手洗い祝福をしていました。試合後に聞くと、「疲れてたんで、もう追いかけたくなかったんですよ・笑。悠が点を取ったときも、、むこうめっちゃ走り出したから、あっちまで行くのが大変だったんで」と笑ってました。どうやらあれは、自分のスタミナ温存のためだったみたいです。
 楠神選手の出来もよかったですね。
途中交代で入り、1得点1PKを獲得。スタメン落ちしている悔しさもあったのでしょう。試合後に聞くと、「自分自身、得点に絡まないといけないと思っていました」と、その胸のうちを明かしてました。最近の練習試合でも、二列目からスルリと裏に抜ける飛び出しをすごく意識していて、その動きがこの試合でもPK獲得につながりました。ただPKは蹴らずに矢島選手に譲っているんですよね。「すでに点を取れていたのでいいかなと思って」と苦笑い・・・そこは遠慮しちゃうのね。
 取材に来ていたメディアはすごく少なかったですが、いい試合を見れました。
天皇杯4回戦の相手は、J2の湘南。ありがたいことに会場は等々力です。この勢いで元旦まで勝ち進んで欲しいですな。
応援クリック、よろしくです。
人気ブログランキングへ... 記事を読む

北朝鮮戦の雑感。

 北朝鮮に0-1で敗戦。
無得点というと「決定力不足」が叫ばれますが、決定力不足ではなくて、決定機自体を作れなくて負けた試合だったと思ってます。試合を冷静に試合を振り返ってみます。
 布陣はいつもの[4-2-3-1]。ただスタメンはタジキスタン戦から半分近く入れ替え。GK西川周作 DF伊野波雅彦、駒野友一 、栗原勇蔵、今野泰幸 、MF 細貝萌 中村憲剛 、長谷部誠(cap) 、FW 岡崎慎司 、清武弘嗣 、前田遼一 。
 攻撃面での原因としては、ワントップの前田選手が機能しなかった印象です。
彼のところでボールがうまく収まらなかった。もともと前田選手はロングボールを前線で身体を張ってキープできるタイプではないので、あれだけフィジカルを前面に押し出して守る北朝鮮相手に、その仕事を求め続けるのは酷。でも中盤に下がって引き出すタイミングはうまいし、左右に流れて起点になるのもうまい。そうやって動きをつけながらキープしてアクセントをつけられるのが、前田選手のよさ。ただこの試合ではそれもできずに潰され続けた。
 その原因は前田選手だけの問題というよりも、チームとしてパスに工夫を出せなかったからだと思っています。特にその供給源となるダブルボランチの長谷部選手と細貝選手、そしてトップ下の中村選手には、立ち上がりから厳しくプレッシャーがきていたため、なかなか自由にボールがもてず、前田選手にもいいタイミングでパスが入れられなかった。
 そこで感じたのが遠藤選手の不在。
彼がいると、味方が一回パスを受けてからボランチに戻して、そして動き直してショートパスを受け直したりという微調整が、中盤でできるんですよね。そうやって何気ないパス交換で相手の守備をズラしながら、チームとしていいタイミングでの縦パスが入るから、トップ下のケンゴ選手も受けてから前を向きやすいし、それが攻撃のいい展開につながっていく。この試合では、遠藤選手のポジションに入っていた細貝選手が、不自然なほど相手に削られていたこともあって、リズムも生み出せなかった。
 ただここで見かねたザックがすぐ動いた判断はよかったと思います。
前半25分過ぎ、トップ下のケンゴ選手が、中盤の底に下がったトリプルボランチの[4-3-3]に変更。ケンゴ選手が、中盤の底でボールを持って前を向き、低い位置で裁きながら攻撃の組み立てをし始めました。これで少しリズムを掴んだ感じはありましたね。ザックのこのへんの臨機応変の決断は決して悪くなかった。
 一方の北朝鮮は、多少ラフなロングボールであっても、チョン・テセ選手がフィジカルを生かしてキープして、そこからタメを作って攻撃の起点を作っていました。なのに、北朝鮮の監督はなぜか前半30分過ぎにテセ選手を下げる、謎の采配。
 ただこの監督は、スタメンを前半途中でいじるというのは、わりとやる交代らしいです。しかもこれが機能する。代わりに入った7番は、テセ選手とは違い、小柄な俊足タイプなのですが、ロングボールを前線で競り合う屈強な10番の近くを衛星のように動き回り、日本守備陣をかき回していく。途中から入ってきたこともあり、DF陣も捕まえにくそうしていました。
 実際、左サイドを崩され、40分、41分と右サイドのクロスに7番に飛び込まれ、あわやの決定機を作られています。44分にも同じように右からのクロスでピンチを招く。特にフリーでクロスをあげていた右SBの20番の対応が曖昧になってました。この20番のあがりは、たぶん岡崎選手が下がってケアする役割だと思うのですが、前半終了間際だとさすがに疲れていて戻り切れないときもありますし、さらに左ボランチの細貝選手がスライドできていなかったんですよね。結局、左SBの伊野波選手がボールに出て行かざるをえなくて、それで開いたスペースにクロスを挙げられました。それでもなんとかしのいで0-0で前半終了。
 後半、現状をどう修正するかは後半の見所だったのですが、開始5分、ロングボールの競り負けから失点。その以後はあまり語ることはないです。内田選手を入れて[3-4-3]にシステム変更して巻き返しをはかるも、攻撃に推進力が出てこない。終盤には、相手が退場し、ハーフナー選手、李選手も相手の脅威とはならず、うまく逃げ切られて敗戦。
 代表戦で負けていい試合なんてひとつもないですし、あの北朝鮮のアウェイで負けるなんてテレビの前でも悔しくてたまりませんでしたが、すでに3次予選突破が決まっていたことを思えば、ケガ人も出なかったようですし、まだマシな敗戦です・・・でもやっぱり悔しいですけどね。
ギャラ代わりにワンクリックお願いします。
人気ブログランキングへ
ザック本はこちら。
監督ザッケローニの本質/片野道郎

¥1,400
Amazon.co.jp
アルベルト・ザッケローニ ザック革命 日本代表監督の素顔とリーダーの美学/小川光生

¥1,575
Amazon.co.jp
だからザッケローニを信じよう/著者不明

¥1,260
Amazon.co.jp... 記事を読む

プロフェッショナル 仕事の流儀 本田圭佑

ここ最近の日本代表のドキュメント番組ラッシュ。
昨日は「プロフェッショナル 仕事の流儀」に本田圭佑選手が登場しました。
$いしかわごうの「サッカーのしわざなのだ。」
タイトルは「這い上がれ 世界の頂へ」
復活の舞台裏に密着とのことだったので、ひょっとして怪我(右ひざ半月版損傷)をしてから取材を始めたのかなと思っていたんですよ。でも取材自体は、ケガをする前の8月、札幌で日韓戦の行われた前後から始まっていました。
 少し勘繰ると、番組としては11月のワールドカップ3次予選のこのタイミングにオンエアすることが決まっていて、あらかじめ3ヶ月間の密着取材だったと。ただその間に本田選手に大きなケガがあったので、撮影途中でメインテーマも軌道修正させていったんでしょうな。
番組の構成も、前半の部分はロシアでのプレーぶりやそのメンタルを中心に紹介しています。
 例えば、日ごろのトレーニングでも周囲から際立っている意識の高さ。たとえクールダウンのランニングでも、味方と談笑したりしてリラックスするのではなく、常に先頭を走り、ときにはチームメートを周回遅れにするほど徹底。その理由も明かしてます。
「当然ゴールはここ(ロシアリーグ)じゃないし、ここで終わってはいけないと思っている。でもここで合わせてるといけないっていう自分がいて、ここにいることが当たり前って思ったらダメっていう時間でもある だから、わざとこいつらと走ったらあかんと思ってはいるんですよね」
そして本田選手といえば、やはりそのメンタルの強さ。そこから来るビッグマウスも有名ですが、その理由も明かしています。
「好きなんですよ。大きいことを言ったら、最初は笑われるでしょ? それで見返したときの周りの反応が好きなんです。たぶん本能でそれが楽しい。自分が真顔で答えているほうがおもろい生き方やなって思うんです」
 自分にプレッシャーをかけて、自分を追い込み、そして跳ね返していくタイプなんですな。
そんな本田選手の挫折といえば、名古屋から移籍したオランダのVVVで経験した2部降格。
しかし2部リーグでは、ゴールだけにとことんこだわり、年間16ゴールを上げてMPVを獲得して注目を浴びています。番組内では「俺ならできる。俺ならできる」と呪文のように言い聞かせていたことも語っていますが、その点を取るプレースタイルにどうやって自分自身を「矯正」していったかを、本田圭佑が語っているインタビュー記事を読んだことがあります。
「まず自分の過去を全部否定したんです。いままでのプライドを含め、全てを変えようとした。名古屋グランパスや星稜高校には失礼やけど、過去を全部間違っていたものとした。意味がなかったことにした。とりあえずゼロから始めようとした。
 で、どうするんやと考えたとき、点を取りに行くスタイルを確立することを思いついた。そのためには、メンタルを改造する必要がある。綺麗事じゃダメだと頭を洗脳することから始めた。でもやっぱり今までのプライドとかポリシーが邪魔をする。とりあえず、そんなのいいからと、自分が間違っていたことにした。
 では点を取るためにはどうすればいいのか。前に走らないといけない。基本ですよね。超基本。ボールを出したら、すぐに前にダッシュした」

 こういうことをひたすら毎日自分の心に言い聞かせて、トレーニングし続けていたそうです。そのプロになるまでの成功体験を含めて「過去を全否定する」という覚悟に驚いたのを覚えています。
 番組の後半は、モスクワダービーで負傷した右ひざ半月版損傷からのリハビリの様子です。
アスリートにとって「負ってしまったケガとどう向き合うか」は重要な分岐点だと思います。本田選手なりの答えが、またらしかったですね。
「ケガして思ったのは・・・・僕、チャンスやなと」
・・・なんで?
「遠い試合に向けて自分を作り直せる。今まで、こういうケガをしたことがなかったから、チャンスだと思っている」
 なるほど。
「チャンスはピンチの顔をしてやってくる」とも言いますけど、彼にとっては今はそういうチャンスなのですね。
「人生ってサッカーもそうだけど、谷がないと山の喜びって感じられなくないですか?喜びに慣れてしまうと、喜びを喜びとして感じられなくなるんじゃないかな。誰しも山を狙った結果谷へ行ってしまう。でも這い上がろう這い上がろうとして、そこに新しい発見があり喜びがある」
そして最後は、この質問。
―――プロフェッショナルとは?
「自分らしく生き続けることがプロフェッショナルなのか分と向き合って、自分と格闘して、自問自答して、自分らしく生き続けることが、自分に与えられた使命」
本田選手が世界一のサッカー選手になれるかどうかなんて、誰にもわかりません。
でも、世界一のサッカー選手を目指すこととはどういうものなのか。
実際にそこに向かって行動している男が発する刺激的な言葉を、たくさん聞けました。
復活が楽しみですね。
本田選手の思考法がわかる濃いインタビューが載っています。
Sports Graphic Number (スポーツ・グラフィック ナンバー) 2011年 …/著者不明

¥550
Amazon.co.jp
目標を実現してきた本田選手が、どのように育てられてきたのかわかる本。
実現の条件 本田圭佑のルーツとは/本郷 陽一

¥1,500
Amazon.co.jp
来年度の本田圭佑カレンダー。
本田圭佑 [2012年 カレンダー]/トライエックス

¥1,890
Amazon.co.jp
言わずと知れた南アフリカワールドカップでの活躍を収録。
2010 FIFA ワールドカップ 南アフリカ オフィシャルDVD 日本代表 熱き戦いの記録/本田圭佑,長谷部誠,阿部勇樹

¥3,150
Amazon.co.jp
アジアカップでの活躍。大事な場面でど真ん中に蹴ったPKが印象的。
日本代表激闘録 AFCアジアカップ カタール2011 [DVD]/出演者不明

¥3,990
Amazon.co.jp... 記事を読む

サッカー日本代表の・・・・

最近、日本代表選手のドキュメント番組ラッシュですけど、いつも遠征の移動時などで選手が着用しているスーツがあるじゃないですか。
$いしかわごうの「サッカーのしわざなのだ。」
(これは先週の情熱大陸にて)
この日本代表のオフィシャルスーツ。調べてみたら、ずっとダンヒルが提供しているんですね。2000 年から提供しているとのことなので、今年で11年目だそうです。
$いしかわごうの「サッカーのしわざなのだ。」
 カッコイイですよね。
もちろん、誰でも購入できます。仕事柄、自分はスーツを着る機会が少ないですけど、たまに着ると気持ちが引き締まります。僕はスポーツアスリートではないですけど、男には日常のなかで勝負の瞬間はありますから。大事な商談とか大事なインタビュー取材とか大事な回覧板を届けに臨むときなど、みな着用する勝負服を持っているかと思います。
$いしかわごうの「サッカーのしわざなのだ。」
個人的にも一着欲しいのですけど、さすがに値段が・・・ネクタイなら頑張れそうかな。
ちなみに、このスーツの「勝負服」コンセプトを元に現代アーティストの天明屋尚氏が描いたイメージがこちら。
$いしかわごうの「サッカーのしわざなのだ。」
スーツを纏い馬にまたがった選手たち。鎧をまとっているのがザッケローニ監督とのこと。
一応、このアートポスターは、1枚 20,000円(税込み)で全国のダンヒルのショップとダンヒルのオフィシャルホームページで買えます。購入金は、NPO法人ピープルズホープジャパンを通じて東日本大震災の義援金として寄付されるのでご安心を。
ってなわけで日本代表番組ラツシュなので、たまには彼らが着ているスーツを紹介してみました。興味ある方は、ダンヒルのホームページまで。
人気ブログランキングへ... 記事を読む

FOOT×BRAIN「川崎フロンターレ 驚きのプロモーション活動」


スポンサードリンク




... 記事を読む

タジキスタン戦の雑感。

 アウェイでのタジキスタン戦。
試合は4-0で勝利しましたが、これぞ「アジアのアウェイ」って感じでしたね。
 特に立ち上がり、荒れ狂ったピッチに慣れるまでは、トラップのときのボールロストを相手に狙われて、鋭いカウンターを浴びる場面が連続。失点こそしなかったものの、ホームのときはまったく違い、GK川島選手も何度もテレビ画面に出てくる展開でした。二万人の観客、盛り上がりすぎ・笑。
 日本は、いつもの[4-2-3-1]。
ケンゴ選手はトップ下です。日本としては、パスがつなぎにくいので、地上戦ではなく空中戦を選択していくものの、そこは相手も想定していたのでしょうな。ハーフナー・マイクは、相手の最終ラインがかなりガッチリ対応されて、なかなか中央を起点にした形が作れず。
 それでも前半途中からは、香川選手とケンゴ選手がポジションチェンジしながら左サイドを崩しつつ、そうやって相手を引き付けて生まれた中央のスペースに長谷部選手が顔を出して使うなど、うまく攻撃の推進力を出していた印象はありました。ケンゴ選手も中央から左右へのパス&ゴーを繰り返し、前線の渋滞を解消していたと思います。その時間帯に問題なく決定機を作っていたのですが、フィニッシュで芝に足を取られる不運もあり、ゴールには結びつかず。
 前半36分、長谷部選手の浮き球に反応したケンゴ選手が抜け出し、GKと1対1でシュート。これはセービングされますが、詰めていたのは今野選手。豪快に蹴りこみ、待望の先制点。
 後半はしっかりゲームをコントロールして追加点。
後半途中に、ハーフナーを下げて前田選手がイン。左右に流れて起点になる前田選手は、香川選手とケンゴ選手とも流動的にポジションチェンジをしていくので、中央で構えるハーフナーとは違い、また違った攻撃パターンが見れましたね。
 終盤にケンゴ選手は交代。
交代の際、スタジアムアナウンスで「ケンゾー・ナカムラ」と呼ばれていてウケましたが。
さきほど、ウズベキスタンが1-0で北朝鮮に勝ちましたので、日本代表は無事3次予選突破が決まりましたね。次の北朝鮮戦はノープレッシャーでやれますね。よかった、よかった。
人気ブログランキングへ... 記事を読む

タジキスタン代表ラフィコフ監督の名言「誠実に負けることも才能」。

 昨日の夜、すぽるとで流れていたタジキスタン代表ラフィコフ監督のインタビュー。
 胸を打たれる、印象的な内容でした。
 前回ホームでの対戦では、日本代表が中村憲剛選手の活躍もあり、8-0で大勝利。
そしてこの歴史な圧勝の影で密かな話題となっていたのが、タジキスタン代表選手のクリーンなプレーぶりでした。あまりに大差がつき始めた試合の場合、あってはならないことですが、途中で相手チームの気持ちが完全にキレてしまい、ときに悪質なラフプレーで大きなケガを負わされることも決して珍しくはないです。シドニー五輪のアジア予選で小野伸二選手におきた事故は、僕はいまだに忘れることができませんから。
 しかし、このときのタジキスタン代表は徹底してフェアプレーだった。
普段、サッカーを見ている側からすれば、むしろ「もうちょっとガツンと当たるぐらいの意地があっても・・・」と言いたくなるぐらいのクリーンな戦い方だった。
 その理由について、ラフィコフ監督が語り始める。
明かされたのは、タジキスタン共和国という国の歴史。そして選手も戦争を体験していること。そんな彼らのサッカーというスポーツに対する思い入れ。0-8というスコアで日本に敗れて帰国したとき、母国では笑われたそうです。それでも、ラフィコフ監督は胸を張ってこう言い切っている。

「日本に大敗してしまったけれど、代表選手が汚いプレーをして、サッカーは汚いスポーツだと子供たちに思われたくない」

そして言葉を続けます。
「誠実に負けることも才能」
・・・これは、なかなか言えないですよね。
 ヨハン・クライフの名言に「退屈な勝利よりも、美しい敗北を」というものがありますが、それと同じぐらい誇り高いものを、彼の「誠実に負けることも才能」という言葉から感じてしまいましたよ。
やっぱり、サッカーっていろいろと教えられますね。
タジキスタン戦は、日本時間の夕方6時からキックオフです。
サッカーの名言を知りたいなら、この本のシリーズですね。最近のを紹介しておきます。
やっぱり蹴球神髄―サッカーの名言集/著者不明

¥1,365
Amazon.co.jp
さらに蹴球神髄 サッカーの名言集〈5〉/著者不明

¥1,365
Amazon.co.jp
人気ブログランキングへ... 記事を読む