サッカーと独裁者 アフリカ13か国の「紛争地帯」を行く


どうも。
サッカー本ソムリエ・いしかわごうです。
先日、献本がありましたので紹介します。
$いしかわごうの「サッカーのしわざなのだ。」
 サッカーと独裁者 アフリカ13か国の「紛争地帯」を行く
ハードカバーでこのどっしりとした重量感。ページは300ページ越えで、価格は3000円。タイトルから想像できる内容といい、そのボリュームといい、もっといえばその値段といい、まず普段の僕なら手にとって読まないであろう本です・苦笑。そういう本をこうして献本してもらい、読む機会をいただけるのはありがたいですね。自分でお金を出して購入している本は、当然ながら自分の趣味に偏ってしまいますからね。白水社の小林さん、ありがとうございます。
 本書は「サッカーでアフリカを読み解く」というものです。
そもそも、アフリカについて語ろうとする際、人種、宗教、文化、社会・・・複雑な問題が入り組んでいるため、それをひとくくりにして語るにはあまりにも広大。ならば、「アフリカ諸国においては、その国の政治と社会が抱える問題が、サッカーにも反映されているのでは?」という仮説のもと、著者がサッカーという角度からアフリカの抱えるさまざまな光と闇に迫っています。
サッカーがどのように国を建て直し、戦争を終結させ、絶望する人々の心に一筋の光を差し入れるか。サッカーによってどのようにアフリカが形づくられ、アフリカがどのようにサッカーを形づくっているのか。 (本書より)
 ちなみに著者は、アストンヴィラの熱烈なファンである英国人の記者。
プロローグでは、スーダンの取材旅行中に砂漠の真ん中で政府軍に捕らえられた著者が、「ベッカム?ベッカムは友達だ。オーウェンも、ジェラードもみんな友達だよ」と言って釈放されるエピソードが紹介されたりしています。英国はアフリカ人にとって憧れの地なのだとか。
エジプトから始まり、スーダンとチャド、ソマリア、ケニア・・・・と取材が続いていき、ようやく途中まで読み進めました。かなり硬派な一冊です。まぁ、オフぐらいにしか、こういった本を読む機会もないですから、じっくり向かい合っております。
サッカーと独裁者 ─ アフリカ13か国の「紛争地帯」を行く/スティーヴ ブルームフィールド

¥3,150
Amazon.co.jp
サッカー本ソムリエ・いしかわごうへの献本、書評の依頼など問い合わせは
go.ishikawa55@gmail.com で受け付けております。
ランクじわじわ上がってます。応援クリック、よろしくです。
人気ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>