[書評]千葉直樹「手をつなごう」


どうもサッカーブック・ソムリエいしかわごうです。
 週末は仙台戦ということで、このタイミングで更新しようとしていた千葉直樹さんの自伝「手をつなごう」を先月に続いて紹介してみようと思います。本の構成に関わったエルゴラの仙台担当・板垣さんから献本していただいた一冊です。
$いしかわごうの「サッカーのしわざなのだ。」
読みやすい自伝です。このブログを読んでくれているのはフロンターレサポーターが多いと思いますので、書評というよりは、この本の中で紹介されていたフロンターレ絡みの話題を紹介してみますね。
 まずは、以前も紹介した矢野さんとのエピソード。
千葉さんがブランメル仙台に入団したプロ一年目(96年)のときに身体作りをしてくれたフィジカルトレーナーが、現在フロンターレのフィジカルコーチである矢野由治さんだったこと。そして昨年最終節の相手がフロンターレ、つまり自分のプロとしての身体で終える引退試合の相手は、プロの身体を作ってくれたトレーナーのいるチームだった・・・・できた、いい話ですよね。
 震災後のリーグ再開初戦となった4月の等々力でのイベントのことも。
ベガルタバナナの売り子をした千葉さん。そのあとはOBチーム同士の前座試合にも出場し、試合後にはフロンターレサポーターからメッセージフラッグを受け取っていて、そのときの想い出をこう語っています。
「実を言うと、川崎フロンターレサポーターには、あまりいいイメージを持っていなかったんです。ブランメル仙台時代から対戦した間柄ですけど、野次ばかり飛ばされた印象が強くて。
 でも、川崎フロンターレの選手の知り合いに聞くと、向こうのサポーターも経験を積んでいくうちに変わっていったらしいですね。実際、その変化を感じることは何度もありましたが、一番印象的だったのは僕の引退試合となった2010年の最終節でした。引退セレモニーのときも川崎フロンターレサポーターは帰らずにスタンドに残ってくれて・・・・・・」

・・・・と、ここから先の内容は、本を購入して読んでからのお楽しみってことで・笑。商売上手ですみません。ちなみに4月の前座試合では千葉さんのユニフォームだけ七分袖サイズだったそうです。そこにも本の中では感謝していました・笑。
 自伝なので読みやすいですし、フロンターレの話題もあります。仙台までの遠征中のお供として読むのに最適なボリュームだと思いますよ。
そしてあの4月23日の等々力・仙台戦から、ほぼ半年なんですね。そのちょうど半年後に仙台戦があるというのも、なんだか不思議な感じですね。
週末は僕も仙台に取材にいく予定です。
手をつなごう/千葉 直樹

¥1,575
Amazon.co.jp
このブログでのサッカーブック・ソムリエとしての活動が好評を博し、おかげさまで各方面から書評依頼が舞い込んでくるようになりました。これからさらに頑張っていきます。
サッカーブック・ソムリエの応援よろしく。
人気ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>