究極のプロモーション活動!?


昨日は「エコエコサマラク×エコエコアザラク」のプロモーションの取材をお伝えしましたが、ツイッターのタイムラインを眺めていて面白いなと思ったプロモーション企画があったんですよ。
 それは黒夢の新曲「heavenly」のプロモーション。
 そもそもの話ですけど、世間一般のプロモーション活動と言うのは、商品(サービス)を消費者に知らせて、かつ購買まで結びつけるのが目的の活動なわけです。
 
 例えば、新曲を出したアーティストが音楽番組に出演しまくるのは、一番分かりやすいプロモーション活動ですよね。
 他にも、CDジャケットのデザインを有名デザイナーに依頼したり、有名漫画家に描いてもらったりするのもそうですし、プロモーションビデオに有名俳優を起用するのもそうですよね。CDの購入特典として握手券や投票権をつけるAKB48もしかりです。CD発売の宣伝をするために、そしてより多く売るために、さまざまな話題を提供していくわけです。
 要は、これだけ物と情報があふれる時代ですから、その中でいかに目立ち、そして商品を手にとって購入してもらうにはどうすればいいのか。さまざまなメディアで取り扱ってもらえるように、プロモーション活動の中に仕掛けや工夫を考えるわけですよ。
 でも、今回出る黒夢の新曲のプロモーション活動は、その逆。
なんと、インターネットでも、TVでも、ラジオでもその曲を流さないのだそうです。つまり、CDでしか聴けない。プロモーションビデオだって観れない。パッケージを買わないと聴けないし、観れないという徹底ぶりだそうです。
heavenly 【ジャケットA】 (DVD付)/黒夢

¥1,890
Amazon.co.jp
heavenly 【ジャケットB】/黒夢

¥1,260
Amazon.co.jp
heavenly 【ジャケットC】/黒夢

¥1,260
Amazon.co.jp
うーん、これだけ世の中に情報が氾濫しているだけに、逆に新鮮なプロモーションですよね。「何もしない」というプロモーション活動をしているわけですが、一歩間違えば大惨事を起こしかねないですけどね。
 いやー、僕はこういう発想をする人たち、好きですわ。
 同じ発想で、Jリーグでも、試合告知や宣伝活動を一切しないプロモーションをする試合が1試合ぐらいあっても面白いかもしれませんね。
・・・あっ、天皇杯がそうか(笑)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>