今日のエルゴラ(1049号)。


 今日のエルゴラです。
いしかわごうの「サッカーのしわざなのだ。」
 明日のガンバ戦のプレビュー、1ページいただいてます。ゲームプレビューと「相馬フロンターレの生きる道」というコラムの2本立てとなっております。
 実はこのコラム含めて、今週のプレビュー原稿は、どういうテーマにして書こうかすごく迷いました。福岡戦に逆転負けし4連敗。正直、チームとして苦境に立たされているのは事実です。そういう現状を踏まえて、自分が感じている現状の敗因を指摘するというプレビューもありかなと思いました。
 でも、練習取材に向かい練習風景を観察していると、この逆境に対して監督と選手がどういう姿勢で臨むのか。そっちのほうに注目している自分がいました。そして練習後、実際に選手に話を聞いてみて、その思いがより深まりましたね。特にコラムで取り上げた田中裕介選手のコメントはその象徴だったと思います。そんなわけで、このプレビューとなっております。
 
 締め切り時間の都合上、エルゴラの紙面には間に合わなかったのですが、昨日の練習後の囲み取材では、相馬監督に突っ込んだ話もいろいろ聞かせてもらいました。取材記者が少なかったので、個人的にも気になっていたこともかなり聞けましたね。
 例えば、ガンバ戦に向けた戦術の選択について。連敗中と言うことで、その決断にも少し迷ったのではないかと思います。「それは企業秘密ですねー」と、最初はヒラリとかわされましたが、最後には「僕がブレてしまったら、選手もブレてしまいますから」とおっしゃってました。
 「逆境になってからが本当の勝負」とはよく言ったものです。
なにより、結果に対する責任を負うのは監督ですからね。こういう苦境で相馬監督が何を大事にするのか。それが垣間見れた瞬間だったのかなと思います。
 まっ、ドラゴンボールの悟空だって、一回死にかけてパワーアップし、スーパーサイヤ人になりましたからね。
・・・・という、ちょっと的外れな例えで無理やりブログを締めてみる!!挑むっ!!
明日は僕も万博取材に行きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>