番記者座談会inミューフロ。


 どうも、いしかわごうです。

 昨日はFMサルースのミューフロことミューフロこと「Music Frontier(84.1MHz)」に出演。江藤さんとエルゴラ林くんと3人による番記者座談会という形で出演させてもらいました。優勝した後の番組出演は楽しいですね。

内容的にはこんな感じでした。

・2017年シーズンを振り返って
(優勝が決まったときの記者席の話)

・鬼木監督について
(常に1戦必勝を口にしていたが、残3節だけは「3つ全部勝とう」と初めて連勝を意識させた。そのマネージメント力など)

・今季のベストゲーム:最終節の大宮戦
(3点目のゴールは、チームが麻生で取り組んできたフィニッシュの形)

・今季の影のMVP(表のMVPは小林悠で満場一致):谷口彰悟
(谷口選手がお寿司に若手を誘って伝えたこと)

・鹿島とのデッドヒート
ホームで0-0で引き分けた第33節・柏レイソル戦の影にあった、中村航輔選手と大島僚太選手との絆。

・・・・などでしょうか。あっという間の1時間。金曜日の深夜に再放送があるので、興味ある方は聴いてみてくださいね。

 さて。
優勝記念として全選手の個人レビューコラムを公開しています。

昨日は第2弾を公開。背番号5番の谷口彰悟選手から背番号9番の森本貴幸選手までの5人です。

それぞれタイトルもつけてみました。

5.谷口彰悟:連敗の危機を救ったときに見せた、あの執念。

6.田坂祐介:指揮官が天皇杯でキャプテンマークを託し続けた理由。

7.車屋紳太郎:内に秘めている、車屋ワールド。

8.阿部浩之:劇薬ではなく、漢方薬としてチームに変化をもたらし、優勝に貢献した男。

9.森本貴幸:規格外だった、天皇杯清水戦のハットトリックと試合後の取材対応。

 5人全部で約6500文字ぐらいあります。
他では読めない内容になっていると思うので、読んでみてくださいね。

川崎フロンターレ 2017年 選手レビューvol.2

第3弾は今日の夜に公開する予定です。

優勝原稿が掲載されている雑誌や書籍も発売中です。

ではでは。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>