ジャイキリの45巻が出た〜ラスボスとの決着。そしてETUの本拠地「隅田川スタジアム」のモデルが日立柏サッカー場である理由。


どうも、いしかわごうです。

 ジャイキリことジャイアント・キリングの最新巻45巻を読みました。

 ETUと東京ヴィクトリーによる東京ダービーが決着しました。そしてこの巻を持って、ジャイキリという作品におけるクライマックスを一つ越えたのではないかと思います。

 以前も書きましたが、スポーツ漫画の王道パターンに、「ラスボスとは前哨戦がある」という構造があります。

 例えばキャプテン翼ならば、小学生編では日向くんが率いる明和FCとは予選リーグで対戦したり、中学生編ならば、シュナイダーくんのいたハンブルガーSVと最初に対戦していますよね。あるいはスラムダンクならば、陵南高校と最初に練習試合をしてます。

 つまり、ラスボスとは最初の対戦では善戦して「決戦の舞台でリベンジする」という物語の構造が定番なわけです。人気連載だと、さらにストーリーが続いていくので、その後に当初のラスボスよりも強い相手も出てくるわけですけど、このジャイキリにおいては、ラスボス的な存在がリーグ開幕前のプレシーズンマッチで対戦した東京ヴィクトリーという相手でした。

 この45巻を持ってそのラスボスとの決着がついたわけです。

もちろん、まだリーグ戦は続いていきますが、ここからストーリーがどう展開していくのか・・・と思ったら、アジアカップ編が始まりそうですね。ジャイキリの場合は、日本代表のストーリーや選手の過去やタッツミーの過去のストーリーなどの絡んでくるので、リーグだけの一直線で話が進まないのが良いアクセントになってますよね。

・・・・果たして夏木は日本代表に選出されるのか??

IMG_6959
(ツジトモ先生にいただいたサイン。しつこく自慢しておきます・笑)

 ちなみに明日10月29日、川崎フロンターレは日立柏サッカー場で柏レイソル戦を迎えます。ETUの本拠地「隅田川スタジアム」のモデルが日立柏サッカー場であるのは、Jリーグファンならばすぐにわかると思います。

 なぜ日立台なのか、ご存じでしょうか?

 実はジャイキリの連載開始前は、まだ「モノ」がないため、取材を許可してくれるJリーグのクラブがなくて大変だったそうで、その中でも協力的だったのが、柏レイソルと東京ヴェルディだったそうです。だから、この2クラブの建物がETUと東京ヴィクトリーとして登場しているのだそうですよ。

ちなみに、その後、ジャイキリの作品内で開催されたカレーパーティーを日立台でレイソルが企画したこともあるんですよね。こういうコラボ、素敵ですな。

(カレーパーティーについては10巻をどうぞ。良い話です)

さて。
明日の柏レイソル戦の見どころについては、ごうnoteで語っています。

ラインナップはこちらです。

1.「(選手のことは)見ていますよ。そこは自信があるといいますか、誰よりも選手を見ているつもりですし、常に考えていると自分では思ってます」(鬼木達監督)。謙虚な指揮官が自信をのぞかせた、選手たちの状態を見極める「眼」。気になる予想スタメンは?

2.「ボールを握るところであったり、相手にボールを持たせないこと。そういう細々したところも自分たちで話をしながら、それをピッチで表現したい」(中村憲剛)、「そういうリズムができたら、自分たちの試合になる」(新井章太)。同じ轍を踏まないために、指揮官が施した柏対策。そして、チームの舵取り役を担う谷口彰悟に求められる仕事とは?

3.「こないだの悔しさをやり返すぐらいの圧倒した試合をしたいし、複数得点を取って勝ちたい」。目を向けるべきは、首位・鹿島との差ではない。目の前の相手である柏へのリベンジに強く燃える小林悠。彼が語った、この一戦にかける思いとは?

4.「そのつないでくるところを相手は引っ掛けていくことを狙っているが、そこでつなぐことをやめると、それこそ相手の思う壺」(谷口彰悟)、「そこは意地になって全部繋げと、オニさんも言っているわけではない」(奈良竜樹)。柏相手にボールを保持した展開における、二つのポイントとは?

5.「すごくスピードがある選手なので、そこに負けたくない気持ちはある」(車屋紳太郎)。注目すべきは左エリアにあり。攻撃参加をする車屋紳太郎と攻め残りする伊東純也による、左サイドをめぐる攻防戦。

6.「どちらもセットプレーでやられたし、あの試合はほとんどのセットプレーがピンチになった。大事な試合になると、絶対にそういうところで差がつく。それをあらめて感じた」(谷口彰悟)。なぜ今季はセットプレーからゴールが生まれるのか。今季7ゴールを記録を記録した谷口が、その重要性を痛感した試合とは?

 以上、6つのポイントで冒頭部分も含めて全部で約8500文字です。よろしくどうぞ!

試合をディープに観戦するためのワンポイントプレビュー(リーグ第31節・柏レイソル戦)

ではでは。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>