M-1、敗者復活。


最近読んだ本。

いしかわごうの「サッカーのしわざなのだ。」

店頭で見て「そういえば、そろそろM-1の季節だなー」と思ったら、なんだか衝動買いしてしまいましたわ。

 過去9回の特徴と傾向を詳細に語っている本です。05年のブラマヨ、06年のチュートリアルが優勝したあたりからの記憶はしっかりしてるんですけど、その前後ぐらいの大会が少しおぼろげだったので、懐かしかったですね。03年大会で笑い飯の「奈良県立歴史民俗博物館」には大爆笑したし、南海キャンディーズが出てきたのって04年大会だったのね、などなど、いろんなことを思い出しながら読み進めていました。

 個人的に印象深いのは、サンドウィッチマンの優勝した2007年大会。

 
いしかわごうの「サッカーのしわざなのだ。」
 M-1のDVDには、特典映像として舞台裏密着ドキュメントが収録されているんですが、これが実に見ごたえある内容になってる。有力候補には予選からカメラが密着しているのですが、敗者復活で勝ち上がったサンドウィッチマンは、ノーマークだったためか、まるで登場してきません。そのため、大会当日までのドキュメント自体は、ファイナルに進むトータルテンボスやキングコングのM-1進出までのドラマを描いた構成で進んでいきます。

 そこに彗星のごとく現れるのが、敗者復活で勝ち上がったサンドウィッチマン。
舞台で名前が敗者復活で呼ばれてから、馬連車に乗り込み、大井競馬場からテレビ朝日までに移動するまでの車内での2人の表情、そしてその中での会話、背後に流れていく周りの景色・・・・このときの映像は何度見ても、ゾクゾクするものがありますね。

 実際、サンドウィチマンの伊達みきおは、今でも大事な仕事に向かう前、必ずこのDVDを見て気持ちを上げるそうだ。うん、わかる気がする。モチベーションをアップさせるアイテムとしても、オススメですもん。

 興味深いのは、トータルテンボスの藤田が敗者復活戦で勝ち上がってきたら嫌だなと思っていたコンビとして、サンドウィッチマンとパンクブーブーを挙げていたこと。そして、そのサンドウィッチマンに優勝をかっさわられての準優勝。パンクブーブーも2年後に優勝してますからね。

明日からもう11月ですか・・・・あと2カ月、頑張っていきましょう。

M-1戦国史 (メディアファクトリー新書)/ラリー遠田
¥777
Amazon.co.jp
M-1グランプリ2007 完全版 敗者復活から頂上へ~波乱の完全記録~ [DVD]/サンドウィッチマン,笑い飯,POISON GIRL BAND
¥6,090
Amazon.co.jp
敗者復活/サンドウィッチマン
¥1,365
Amazon.co.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>