映画「3月のライオン」を観てきたぞ。







 映画「3月のライオン」を観てきました。

IMG_6116

 試写会で観ていた将棋関係者からの「面白いよ」という評判を聞いていたので、かなり楽しみにしていました。いやはや…想像以上でしたね。

主人公の桐山くんと川本3姉妹中心に物語が進んでいくかと思いきや意外とそうでもなく、かつ個性豊かな棋士たちも丁寧に描いていて彼らの見せ場も多い、それでいてテンポよくストーリーが展開していく・・・将棋好きや原作ファンもうなる傑作ですよ、これは。

 将棋の映画を撮るときって、対局の様子をどう表現するかが腕の見せ所だと思うんですよ。
対局中の棋士というのは、一見するとお互いに「動きがない」ため、すごく静かなものです。でも盤上では、すさまじく激しい戦いをしています。

 この静と動の描写を映像でどう描くかですよね。
主人公の桐山くんは心の声が見ている人に伝わるようにしています。一方で対局相手の心の声はどうか。様々な手法があると思いますけど、映画「3月のライオン」では、棋士の対局中の表情で物語っていました。棋士を演じているのが名役者ばかりなので、その表情が実に見応えあるんですよね。

対局中のおやつタイムで、盤を挟んでガンを飛ばし合う佐々木蔵之演じる島田さんと伊藤英明演じる後藤さんの表情が最高にツボでした・笑。

原作を読んだことのない人にもオススメです。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>